[ オリンピック ]の検索結果

  • [インタビュー]

    「地方創生こそがポストオリンピックの鍵だ」──石破 茂(衆議院議員)

     2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは、経済も世の中の空気も何とかムード先行で引っ張れるかもしれない。しかし、その後日本は大きく後退局面に入るという予測が、各界各層から出始めている。相変わらず「高度成長の夢よ、もう一度」といった印象が強い安倍政権の政策の…

    衆議院議員 石破 茂氏 アップ
  • [対談]「公」を生きる

    政界の最重鎮が本音で語る「わが人生」――森喜朗氏(東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長)×德川家広氏(政治経済評論家)

    森喜朗氏は、マスコミによる異様なバッシングを受けた総理として印象に残っている。しかし、ひとたび総理の座を去った後は、各国の首脳との人間的なつながりを武器に外交で大きく貢献し、自民党の重鎮として存在感を発揮。そして今世紀最大級のプロジェクト、東京オリンピック・パラリンピ…

    東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長 森喜朗氏
  • [NEWS REPORT]

    2020年東京オリンピックに向け新国立競技場設計が迷走、巻き込まれた大手ゼネコン

    2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の設計案が迷走の末、現行デザインのまま建設されることになった。招致活動の象徴だったこのデザインに対して、大手ゼネコンは当初から懸念を示していたが、“責任者不在”は問題をさらにこじれさせた。 新国立競技場の建…

    ニュースレポート
  • [連載] 経済万華鏡

    オリンピックに見る日本企業の美学

    勝利より美学を優先する日本  オリンピックが終わった。日本選手は結果を出した選手もいれば、出せなかった選手もいる。期待された選手ほどプレッシャーに負け、メディアに注目されなかった選手が結果を出したことが多かった。  これは世界共通で、メディアや国民の世論というのは…

    経済万華鏡
  • [連載] 視点

    東京オリンピックを成熟時代の象徴に!

     2020年の東京オリンピックが昨年決定して、年末年始のテレビ番組で50年前の1964年に開催された東京オリンピックの特集番組を懐かしく見た。50年前、私は大学生で、新宿駅南口で見た甲州街道を走るアベベの顔は哲学者のようであり、走る姿は完成された芸術作品のようで鳥肌が…

    視点
  • [連載] 世界で勝つためのイノベーション経営論(第34回)

    東京オリンピックはイノベーションとパラダイムシフトの契機となるか

    制約・規制がイノベーションを起こす  先日、経済産業省の試算で、「全国で電気をうまくやりとりすれば、年間で約1700億円の発電費用を減らせること」が分かった。内容的には、全国の発電所のうち、石炭火力など低コストの電源を優先して使い、電力各社で融通できれば、高止まりし…

    世界で勝つためのイノベーション経営論
  • 2013年10大ニュース其の2

    「東京オリンピック招致決定」

    日本が抱える課題を一気に解決し再成長へと舵を切る起爆剤に  2013年に日本中を明るくしたニュースのひとつは20年の東京オリンピック・パラリンピック招致決定だろう。7年後に国民が共有できる目標が設定されたことは明るい希望となる。2回目の東京オリンピックは経済効果だけ…

    2013年10大ニュース其の2
  • [日本再成長の起爆剤 東京オリンピック]

    「夢と感動を継承する大会を開催し、 日本の活性化を期待」--竹田恆和(日本オリンピック委員会会長)

     2回目となる東京でのオリンピック開催は、国民が共有できる目標が設定されたことで、世の中を明るくするきっかけとなることが期待されている。また、対外的には将来のモデルケースとなるような大会としての期待もある。自身も馬術競技のオリンピック選手だった竹田恆和・日本オリンピッ…

  • [連載] 二宮清純の「スポーツ羅針盤」

    残すところ2カ月。2020年夏季オリンピック招致レースで大きくつまずいたイスタンブール

     2020年夏季オリンピック・パラリンピック開催を目指す東京の最大のライバルと見なされていたイスタンブールが招致レースの後半で大きくつまずいた。  5月31日にイスタンブールで発生した公園再開発に対する抗議行動は数千人規模の負傷者と逮捕者を数える反政府デモに…

    二宮清純の「スポーツ羅針盤」
  • [インタビュー]

    男子三段跳び・山下航平選手に聞く「父の日本記録と東京五輪」

    いつの時代も、何かを成し遂げる人は〝パッショニスタ〟だ。まだ見ぬ明日をわがものにしようと、情熱を原動力に、未来に向かって果敢に挑んでいく。今回インタビューしたのは、日本の男子三段跳界のトップにいる全日本空輸(以下、ANA)所属の山下航平選手です。山下選手は、男子三段跳…

  • 独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

     インバウンド需要で日本のホテルの客室数は増加しているが、多くの宿泊客が快適なホテルライフを過ごすためには、ITを活用した業務のサポートが欠かせない。ネットシスジャパンが提供するホテル基幹システム「Core Cast」(コアキャスト)は、ホテルの主要業務をパソコンだけ…

  • ホテル事業の原点に立ち返りさらなる成長に向けた改革を断行–ミマコーポレーション

     さまざまな分野で既存の常識が通用しなくなりつつある昨今、かつて隆盛を誇ったレジャーホテル業界にも変革の波が押し寄せている。時代の変化に対応した経営ができるかどうか、生き残りに向けた各企業の姿勢が問われている。(『経済界』2020年4月号より転載)   …

  • 質の高い積極的な店舗展開でリーディングカンパニーを目指す–Best Delight Group

     少子化や娯楽の多様化に伴って、厳しい経営環境に追い込まれているレジャーホテル業界。各社の優勝劣敗が鮮明になりつつある中、従来の枠にとらわれない独自のサービスで躍進するBest Delight Groupは、新たに首都圏での店舗も拡充し、その勢いをさらに加速している。…

  • 優良な収益物件の買い取り再販で顧客の信頼を獲得–日本土地建物

     日本土地建物は投資用不動産事業を展開し、物件の仕入れからリノベーション、再販、賃貸管理までをワンストップで手掛けている。きめ細かな営業で培った物件の仕入れ力を武器に業容を拡大。前期売上高は32億円と6年前に比べて4倍になった。同社を創業した神山重子代表取締役は既存事…

  • 【企画特集】2020年注目企業38

    東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年は日本にとって大きな飛躍が期待される年になるだろう。世界経済が大きなパラダイムシフトに直面している現在、日本経済に新風を呼び込むのは独自の技術やマーケティング力を生かして新しい付加価値を提供する中堅企業だ。本特集で…

  • [インタビュー]

    戸邉直人選手インタビュー「東京五輪で走高跳の記録更新と金メダルへ」

    いつの時代も、何かを成し遂げる人は“パッショニスタ”だ。熱き思いをその胸に抱き、不確定な未来へ向かって果敢に挑んでいく。今回は、日本人が勝負するのは難しいとされてきた男子走高跳界において、2メートル35センチの記録を出して2019年に国際陸連のランキングで世界1位にな…

    戸邉直人氏
  • アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

     プロ、アマを問わず、スポーツの世界で現役時代に目覚ましい活躍ができるアスリートは一握りだ。その中から、引退後に指導者や解説者といった職業に就けるケースはさらに限られる。華やかな世界の裏側では、夢を追い続けた代償として人生の指針を失う元アスリートたちが量産されているの…

    営業大学中田氏
  • [特集 新しい街は懐かしい]

    水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

    水辺に都市や文化が栄えた例は枚挙にいとまがない。水の周りに人が集まり、そこに都市ができる理由は何なのか。実際に日本における水辺の都市開発はどのように進んでいるのか。事例を交えて紹介する。取材=『経済界』編集部 Photo=Hiroshi Aoki …

    水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る
  • [インタビュー]

    辻 慎吾・森ビル社長に聞く「都市間競争で東京が世界で勝ち抜くために必要なこと」

    森ビルは今年8月、大規模都市再生事業「虎ノ門・麻布台プロジェクト」を着工した。森ビルといえば、これまで六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど東京のランドマークとなる街を開発し、世界の都市間競争で負けない「東京の磁力」をつくる重要性を訴えてきた。社長の辻慎吾氏に、新プロジェクト…

    辻 慎吾・森ビル社長
  • [企画特集]九州の注目企業トップに聞く

      2020年の東京にオリンピック後は、景気の後退局面に入る可能性が高い。そんななか、九州経済はアジアを視野に入れることで独自の発展を遂げようとしている。本特集では、今後の成長が期待される九州の注目企業5社のトップにインタビューし、経営戦略を…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る