[ カジノ解禁 ]の検索結果

  • [カジノの経済学]

    カジノ解禁でどうなるパチンコ産業

    ハレのカジノケのパチンコ  カジノが解禁されれば、インバウンド誘致に始まりさまざまな経済効果が期待できる。しかし浮かぶものがあれば沈むものもある。カジノができることによって既得権益が奪われる産業もある。その代表格がパチンコ業界だ。  パチンコは庶民のギャンブル…

    ギャンブルイメージ画像
  • [カジノの経済学]

    「地域振興に結び付けてこそカジノ解禁の意味がある」木曽 崇(国際カジノ研究所所長)

    実施法案では十分な審議を ―― 昨年12月にIR推進法案が成立しました。 木曽 正直に言うと遅きに失したところがあります。私がカジノの調査・研究を行うようになってから15年がたちますが、その間、シンガポールに大型IRが誕生したほか、アジア各国にカジノが誕生する…

    ギャンブルイメージ画像
  • カジノ解禁に異議あり!

    「”カジノ解禁”は経済政策に値しないこんな政策は止めるべき」--大門実紀史・日本共産党参議院議員

    ”カジノ解禁”経済政策の懸念1〜失敗してハコモノだけが残る可能性が高い〜  IR推進法は、自民党と維新の会と生活の党の共同提出ですが、公明党は乗ってこないし、自民党の議員にも話を聞くと「あんなもの」と言って冷めている議員が実際は多い。決して私だけが反対しているわけで…

    カジノ解禁に異議あり!
  • [霞が関番記者レポート]

    IR実施法案を提言 カジノへの国民の不安拭えず――国土交通省

     政府の有識者会議が7月末、今秋にも開かれる臨時国会に提出の統合型リゾート(IR)実施法案の方向性を提言としてまとめ、IRの所管大臣が国土交通相に決まった。ただ約4カ月に渡った会議での議論は、国民の不安を払拭するには至らず、今後の立案過程や国会審議は一筋縄とはいかない…

    IR実施法案を提言 カジノへの国民の不安拭えず
  • [カジノの経済学]

    「勝つことだけ」を考えるギャンブル依存症をどう防ぐか

     カジノが日本国内に誕生した時の最大の懸念材料がギャンブル依存症患者の増加である。  現時点でも日本には559万人のギャンブル依存症もしくは依存症リスクを持つ人がいると推定されている。人口比で5.6%はアメリカの0.6%の約10倍。これでカジノが解禁されたら、そ…

    ギャンブルイメージ画像
  • [カジノの経済学]

    ラスベガス、マカオ……世界のカジノを比較する

     カジノの歴史はヨーロッパから始まる。ドイツでは1300年代、イタリアには1600年代には既にあった。当初は貴族の社交場だったが、後に労働者階級の賭博場も生まれる。こうなると労働者の生産性は落ち、風紀も乱れることから禁止される。この解禁、禁止を繰り返した上で、18…

    ギャンブルイメージ画像
  • [カジノの経済学]

    年間6兆円を生むカジノの経済効果とは

    カジノ解禁論議はアベノミクスで加速  昨年12月15日午前1時。IR推進法案(一部修正案)は衆院本会議で賛成多数で可決された。この瞬間、IR推進法が成立した。これにより日本にカジノができることが既定路線となった。  IR推進法の正式名称は、「特定複合観光施設区域の…

    ギャンブルイメージ画像
  • [NEWS REPORT]

    カジノ法案成立でパチンコ業界の「皮算用」

    バドミントンの有力選手がギャンブルに手を染め、五輪出場を逃した事件があったが、もう少しでそんな心配はいらなくなるかもしれない。日本国内でカジノを解禁するためのIR推進法案、通称カジノ法案が成立に向け動きだした。文=本誌/関 慎夫 建設費は5千億円経済効果は6千億…

    ギャンブル イメージ画像
  • [NEWS REPORT]

    どうなるカジノ建設、五輪めぐり入り乱れる官民の思惑

     IR整備推進法案の審議入りは11月初旬ともいわれるが、雲行きは怪しい。安倍晋三首相が「本気」であり、各所の動きが慌ただしく現実味が帯びてきたがゆえに、与野党だけでなく、賛成派内でも意見集約は進まない。その背景には産業界や地方自治体の思惑も影響している。 「2020…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    IR法案が迷走、どうなるカジノ建設

     カジノ解禁の検討が始まって10年。超党派の議員によってようやくカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が昨年末、国会に提出された。だが、各党の意見集約は遅々として進まず、女性2閣僚の辞任の余波もあり、逆風は強まる一方だ。 IR法案成立で米国、マカオ…

    ニュースレポート
  • [霞が関番記者レポート]

    4K・8K本放送を東京五輪睨み 前倒し景気浮揚策の危うさ--総務省

     NTTの子会社が、ハイビジョンの4倍の高精度を誇る「4K」の商用映像サービスを国内で初めて10月27日に提供を開始する。それより先、9月には衛星放送のスカパーJSATが4K映像サービスを来年3月から初めて提供すると発表したばかり。映像機器メーカーやCATV、…

    霞が関番記者レポート
  • [スペシャルインタビュー]

    「カジノ誘致は国益と地方活性化の観点から考えるべき」--エイチ・アイ・エス会長 澤田秀雄

    2013年12月にカジノ解禁を含む特定複合観光施設(IR)を整備するための法案が国会に提出され、いよいよ日本でもカジノ施設がつくられる可能性が高まってきた。施設の建設候補地として最有力候補と見られているのは、東京のお台場地区。しかし、これに真っ向から異を唱えるのがエイ…

  • カジノ建設の最有力候補地はお台場 観光収入増加を目指し地方都市の参戦も

    東京五輪決定がカジノ付きIR建設を後押し  海外で展開されているようなカジノの形態は日本の現行法では賭博罪に当たるため、特別法の制定が必要となる。この法制定の壁が、これまで日本におけるカジノ導入を阻んできた。  日本におけるカジノ導入への大きな動きとしては、1…

    お台場

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る