[ ソフトバンク ]の検索結果

  • [NEWS REPORT]

    60代を迎えた孫正義 ソフトバンク300年の計への足固め

    ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は、自らの人生50年計画において事業を完成させるとしていた50代を終え、ビジネスモデル完成の「構え」はできたと語る。具体的にはソフトバンクビジョンファンドの設立だが、これによって同志的結合を強化し、300年続く企業体を目指すとい…

    ソフトバンク 孫正義氏
  • [霞が関番記者レポート]

    ソフトバンク支えた渉外のエース 徳永順二氏が退任 裏に“制度疲労”か――総務省

    退任の徳永順二氏 ソフトバンクの方向転換か  ソフトバンクの経営企画本部長と渉外本部長という要職を長年務めてきた徳永順二常務執行役員(50歳)が7月31日に退任して周囲を驚かせた。  同氏はソフトバンクが日本テレコムを買収以来、総務省とのカウンターパートを担当…

    孫正義社長
  • [NEWS REPORT]

    孫正義社長も興味なし? 国内携帯市場で一人負けのソフトバンクに何が起きている

    携帯契約純増数で連戦連勝だったソフトバンク。ところが最近は様変わり。NTTドコモやKDDIの後塵を拝し続けている。ソフトバンクグループを率いる孫正義社長の興味が海外、そしてIoTに移ったことも遠因のひとつ。ソフトバンクに何が起こっているのか。文=ジャーナリスト/石川 …

    孫正義社長
  • [NEWS REPORT]

    トランプ政権と蜜月演出で海外投資強めるソフトバンク

    米国のトランプ政権の動向に、日本の自動車業界が戦々恐々する中、追い風を受けている企業がある。孫正義社長が率いるソフトバンクグループだ。孫社長は米国の規制緩和を期待しており、かつて断念したTモバイルUSの買収に再び動くという観測も出ている。文=ジャーナリスト/堀 義明 …

    攻勢を強める孫正義・ソフトバンクグループ社長
  • [NEWS REPORT]

    IoTの制覇目指すも「孫正義カラー」を出せないソフトバンク

    ソフトバンクグループが半導体設計最大手の英ARMホールディングスを買収した。ARMの技術はインターネットにつながる機器のほとんどに使われており、これから本格化するIoTの中心になる。今回の買収はソフトバンクがIoTで飛躍するための布石だが、いくつか懸念もある。文=本誌…

    孫正義社長
  • [霞が関番記者レポート]

    「実質0円」をめぐる総務省の行政指導にソフトバンクが反旗――総務省

     「実質0円」で知られるスマートフォンの大幅値引きをめぐる総務省と携帯電話大手のいたちごっこが続いている。安倍晋三首相の指示をきっかけに総務省が4月1日に適用したスマホ適正販売の指針に、NTTドコモとソフトバンクが早くも「違反」した。総務省は5日、両社に行政指導を行っ…

    霞が関番記者レポート
  • [AI革命]

    PepperのAI「コミュニケーションAIは超自我の形成が鍵に」――吉田健一(ソフトバンク ロボティクス事業推進本部長)

     ソフトバンクはAI分野でIBM,マイクロソフトという2大IT企業との協業を進めている。これらの提携は、同社のパーソナルロボット「Pepper」の今後の展開にも大きくかかわってくる。PepperのAIについて、ソフトバンク ロボティクス事業推進本部長の吉田健一氏に語っ…

    イメージ画像
  • ソフトバンク孫社長が検討した「MBO」上場企業が実行するとどうなる?

     9月11日、ソフトバンクの株価が突然、乱高下した。一時、前日比10%近く上昇し6748円の高値をつけたが、6363円に急落後、結局、前日比5.8%高の6513円で引けた。ことの発端はどうやらその日のブルームバーグの報道にあったようだ。[提供:ZUU online] …

    ソフトバンク孫社長
  • 後藤芳光(福岡ソフトバンクホークス社長兼オーナー代行)”ソフトバンクホークスの目標は日本シリーズ9連覇超え”

     今年のプロ野球パ・リーグのペナントレースはソフトバンクホークスが独走、昨年に続く連覇を果たした。しかし、球団運営会社である福岡ソフトバンクホークスの後藤芳光社長にとっては、連覇が実現しても通過点にすぎないようだ。同氏は元銀行員で、ソフトバンクグループの財務部長も兼務…

    福岡ソフトバンクホークス社長兼オーナー代行 後藤芳光氏
  • [NEWS REPORT]

    ついにPepperが一般販売 市場開拓を急ぐソフトバンク

    「ついに、あなたの家へ。」というキャッチフレーズで、ソフトバンクがパーソナルロボット「Pepper」の一般販売を開始した。利用料金の総額を考えると購買層はまだ限られるが、次のコミュニケーションプラットフォームのデファクトスタンダードを狙う。 トータルの利用料金は10…

    ニュースレポート
  • [ロボットが支える未来社会]

    孫正義・ソフトバンク社長の夢「われわれのビジョンは、心を持ったロボットを作りたいというものです」

    「Pepper」は孫正義社長の夢の始まり  2014年6月5日、ソフトバンクが感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表した。  発表会は、Pepperに孫正義・ソフトバンク社長がハート型のオブジェを手渡し、ハート(感情)を授ける演出で始まった。  その光…

    孫正義社長とpepper
  • [ロボットが支える未来社会]

    最高の結果が出せるスキームでロボットビジネスを開拓--冨澤文秀(ソフトバンク ロボティクス社長)

     ソフトバンクの感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」がいよいよ2月に発売される。Pepperはクラウドを活用することで、従来のスタンドアローンのロボットとは異なり、新たなプラットフォームビジネスを展開する。同事業を手掛けるソフトバンクロボティクスの冨…

    pepper
  • [NEWS REPORT]

    新型iPhone発売にも泰然 ソフトバンクの目論み

     米アップルの新型スマートフォン「iPhone6/6plus」が発売になった。大型化や機能向上が好評で初動は過去最高のペースだという。日本でも各キャリア間の販売競争が激しいが、これまでの実績を生かしたソフトバンクが優位に立っており、余裕さえうかがえる。 大型化と機能…

    ソフトバンクの発売イベントの模様
  • [有言実行の経営]

    孫 正義・ソフトバンク社長が30年前に語っていたこと

    孫正義のライフプラン  ソフトバンク社長の孫正義氏には、「人生50年計画」がある。20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低でも1千億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ。これは、孫氏が19歳の時、米国留学中に人生の目標…

    孫正義氏
  • [NEWS REPORT]

    米国3極構想が頓挫 ソフトバンクの次の攻め手

     ソフトバンクは米国戦略として傘下のスプリントによるTモバイルの買収を進めていたが、その計画を断念した。今後はスプリント単独で米国市場を攻めることになる。厳しい競争環境での戦いに挑むために、ソフトバンクは新たな体制づくりや製品展開を進める。 Tモバイル買収失敗でスプ…

    孫正義氏
  • [NEWS REPORT]

    ソフトバンクがロボット事業に本格参入― Pepper(ペッパー)で描く未来

    ソフトバンクが人とのコミュニケーションに特化した感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表した。クラウドを活用する通信会社ならではの手法で比較的安価なロボットを実現し、次世代プラットフォームとしてロボットをとおしたサービスを拡大していく構えだ。 ソフトバン…

    孫正義社長とPepper
  • ドコモを抜いた

    ソフトバンクは強者の道を歩めるか

    ソフトバンクの孫正義社長は携帯電話事業参入時に「10年以内にドコモを抜く」と宣言したが、今期はそれが現実のものとなる。今後は日本で王道の展開を進め、世界市場を積極的に攻めていく構えだ。しかし日本市場にも不安材料は残っている。 (本誌/村田晋一郎) 強者に上りつめたソ…

    ニュースレポート
  • [スペシャルインタビュー]

    世界No.1を目指す 孫正義の新たな挑戦--孫正義 ソフトバンク社長

    グローバル市場攻略の入口に立った孫正義・ソフトバンク社長  1・8兆円を投じた米スプリント・ネクステルの買収が完了し、グローバル市場攻略の入口に立った孫正義・ソフトバンク社長。日米の売上高を合計すると、携帯電話事業で世界第3位のグループを率いるこ…

  • 霞が関ウオッチング

    周波数割当でソフトバンクが挙げた拳の下ろしどころに苦慮--総務省

    周波数割当に噛みつくも動きが鈍いソフトバンク  2.5ギガヘルツ周波数の新規割当が受けられなかったソフトバンクの孫正義社長が「決定過程が不透明」「(UQコミュニケーションズや筆頭株主のKDDIは)総務省の天下りを受け入れているから選ばれた」などと総務省に猛烈に抗議し…

    霞が関ウォッチング
  • 霞が関ウオッチング

    周波数の割当先企業選定過程が不明瞭とソフトバンクが抗議--総務省

     総務省の電波監理審議会が7月26日、広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)向けの周波数2・5GHz帯の新たな割当先企業に、KDDI系のUQコミュニケーションズを選定すべきと答申した。しかし、ソフトバンクの孫正義社長は、同社傘下のワイヤレスシティプランニング(WCP…

    霞が関ウォッチング

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る