[ ソフトバンク ]の検索結果

  • [NEWS REPORT]

    Jリーグから始まる日本のスポーツビジネス改革

    イギリスのメディア大手がJリーグの放映権料を年間210億円で獲得したと聞いた時、多くの人が「どうやって採算が取れるのか」といぶかしんだ。しかしこの提携は大きな可能性を秘めている。スポーツビジネス後進国の日本が大きく変わろうとしている。文=本誌/関 慎夫 …

  • [連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト(第43回)

    混乱を引き起こしたNPBのコリジョンルール見直しの問題

    NPBがコリジョンルールの見直しの可能性を表明  朝出した命令が、夕方にはもう改められている。法令や政令がころころ変わるありさまを「朝令暮改」という。「漢書」からの引用である。  これから紹介する事例は典型的な「朝令暮改」ではないだろうか。 …

    二宮清純の「スポーツ羅針盤」
  • [トピックインタビュー]

    小林節・パレスホテル会長「“最上質の日本”を体験してもらうためのサービスを」

     都会的でありながら、車寄せには石垣、カーペットや壁面に文様を施すなど和の落ち着きを併せ持ったパレスホテル東京。最近ではサービスでも高い評価を得ている。リニューアルから4年がたち、その躍進の裏に何があるのか、小林節会長に聞く。聞き手=古賀寛明 写真=佐々木 伸 小林…

    パレスホテル会長 小林節氏
  • [NEWS REPORT]

    外国人役員が引き上げる日本企業の役員報酬

    株主総会が終わり、上場企業の役員報酬の実態が明らかになった。かつては社長の報酬が1億円を超えるだけで大きな話題となったが、今ではそれは当たり前。役員全員が億超えの企業も現れた。これから日本企業の役員報酬はどこまで増えていくのか――。文=本誌/関 慎夫 …

    平井一夫氏
  • クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

    アニメーションから実写、3DCGまで、目的に合った動画の企画・制作を行うCrevo(クレボ)。マーケティング目線の動画をていねいな進行管理で制作し、リーズナブルな価格でありながら完成度が高いことで好評を得ている。クラウドソーシングでクリエイターの強みを生かす …

    企業eye
  • [リーダーシップの新基準]

    「違い」を生むリーダーのスピーチとは

    リーダーが志やビジョンを伝えるために身に付けたいのがパブリックスピーキングの技術。だが、小手先のテクニックだけでは人々の心をつかむことはできない。スピーチで「違い」を見せるリーダーたちはどこがすごいのか。企業経営者向けにスピーチライティングやトレーニングを手掛けるコム…

  • [NEWS REPORT]

    孫正義社長が続投を決めた本当の理由

    孫正義・ソフトバンクグループ社長の後継者として有力視されていたニケシュ・アローラ氏が副社長を退任した。折しも株主総会前日の発表で、議案の変更など異例の事態となり、混乱ぶりがうかがえた。孫社長は後継者問題も含め体制を仕切り直すことになる。文=本誌/村田晋一郎 孫社…

    孫正義社長
  • [霞が関番記者レポート]

    割引プランで透けて見える携帯大手の強欲ぶり――総務省

     KDDIが5月31日に、最大で毎月900円分のポイント還元など長期利用者向け優遇制度を発表したことで、腰の重たかった携帯電話大手3社の長期利用者向け割引プランが出揃った。  総務省の要請を受けて、携帯3社はデータ利用量の少ないライトユーザー向け料金プランや通信料金…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    携帯利用の正常化へ事業者への監督強化。追跡調査実施の考え――総務省

     携帯電話契約をめぐるトラブルの増加が続いているため、総務省は5月21日施行の改正電気通信事業法で、携帯電話販売店に契約書面の交付を義務づけて料金の内訳を利用者に分かりやすく提示することなどを定めた。同省は同制度が支障なく活用されているかどうかを確認するため、追跡調査…

    霞が関番記者レポート
  • 企業価値を評価することの意義

     「企業価値」の意味するところは広く、その考え方も様々であるが、ここでは主に定量的に測定できるものを取り上げる。経済紙などで伝えられる上場企業の株式時価総額やM&Aの買収額などはよく知られているが、どのような意味があるのだろうか。 こういった企業価値の把握は何…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • 事業継承の方策としてのM&A

     会社の後継者問題は、特にオーナー社長が経営する中小企業では深刻なものになっている。後継者が見つからずに、やむを得ず廃業するところも多い。そうなれば、長年にわたり築いてきた顧客との関係や技術・ノウハウが消滅してしまうし、従業員の雇用や取引先への影響も大きい。そこで、会…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    携帯電話「2年縛り」是正へ まずは更新月を延長――総務省の方針

    【携帯電話「2年縛り」是正へ向けて一歩前進】〜まずは更新月を延長〜 利用者とのトラブルが多く消費者庁や消費者団体からの改善を要請されている携帯電話契約の「2年縛り」が、是正に向けて一歩前進する。NTTドコモなど携帯電話各社は今年度末にも、解約金なしで2年縛りを解除で…

    霞が関 番記者レポート
  • 相次ぐパーソナルロボットの商品化とその未来

    法人向けに力を入れるソフトバンクのPepper  現在、パーソナルロボットの進化にはめざましいものがあり、次々と商品化されている。その代表は2014年6月に発表された「Pepper(ペッパー)」だろう。ソフトバンクグループ傘下のソフトバンクロボティクスがフランスのア…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • 時代をリードする経営者の実像

    常に世界を視野に入れる壮大なスケール感――孫 正義(ソフトバンクグループ社長)  日本のカリスマ経営者として誰を想起するかと言えば、まずこの人の名前が挙がるだろう。IT関連企業ソフトバンクグループの創業者で、その事業領域は、ソフトウエア卸売り、出版、eコマース、金融…

    左からサイバーエージェント社長 藤田 晋氏、ソフトバンクグループ社長 孫 正義氏、エイチ・アイ・エス会長 澤田秀雄氏
  • [霞が関番記者レポート]

    「実質0円」の携帯電話は本当に廃止されるか?――総務省

    「実質0円」携帯の廃止に動く総務省  安倍晋三首相の指示を受けて総務省の有識者会議が検討してきた携帯電話料金の引き下げ論議が昨年12月16日に最終とりまとめを行った。  報告を受けて総務省は同月18日にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社社長を呼んで…

    霞が関番記者レポート
  • IPOブーム再来

    スマホによるO2O施策支援で快適な生活を支援する――小田健太郎(アイリッジ社長)

    アイリッジの主力事業はO2Oソリューションの提供とアプリ開発  スマートフォンをプラットフォームとして商業施設に顧客を集客・販促する「オンライン・ツー・オフライン(O2O)」が主力事業。ユーザーの位置情報連携サービスを展開する。オフラインからオン…

  • 携帯電話大手3社が料金引き下げ要望に面従腹背で抵抗姿勢――総務省

     安倍晋三首相の「家計における通信費用負担の軽減が重要な課題」という発言に端を発した携帯電話料金引き下げ論議で、携帯大手3社が総務省に“抵抗”の姿勢を強めている。総務省が10月26日に開いた携帯電話料金の引き下げ策を検討する2回目の有識者会合で、NTTドコモ、KDDI…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    ドコモの追従で携帯クーリングオフの導入は“執行猶予”に――総務省

    携帯クーリングオフが現場の混乱を引き起こす懸念  携帯電話などのサービスで消費者保護ルール見直しなどを検討してきた総務省の作業部会は10月19日の最終会合で、携帯電話サービスについて、一定期間内なら自由に解約できるクーリングオフ(初期契約解除制度)の…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    経済財政諮問会議で携帯電話料金に言及。家計負担増が問題に――内閣府

     9月11日に再開した経済財政諮問会議における安倍晋三首相の指示が今後、大きな波紋を呼びそうだ。  国の経済財政政策の司令塔である同会議で、家計の負担軽減という景気にかかわる問題とはいえ、携帯電話の料金という極めて狭い分野の指示をしたというのは異例といえる。  週…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    安倍首相の携帯料金引き下げ検討指示に慌てふためく――総務省

     安倍晋三首相が9月11日の経済財政諮問会議で突如、「携帯料金等の家計負担の軽減は大きな課題だ」と述べて、高市早苗総務相に携帯電話料金の引き下げ策を検討するよう指示したことで、総務省は対策に追われている。  諮問会議後の記者会見で甘利明内閣府特命相によると、総務相は…

    霞が関番記者レポート

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る