[ ビットコイン ]の検索結果

  • [今さら聞けないビットコイン]

    家電量販店から風俗店まで ビットコインの買い方・使い方

     ビットコインに興味はあっても、どこに行けば買えるのか、どうやって使ったらいいのか分からない、という人も多いだろう。案ずるよりも産むがやすしで、実際には極めて簡単な工程でビットコインを購入することができるし、他の電子マネーのように使うのもやさしい。少し前までは使える店…

    ビットコイン
  • [今さら聞けないビットコイン]

    ビットコイン用語の基礎知識 ビットコインを知る20のキーワード

    ビットコインの基礎知識 ~20の用語~ 【ICO】アイシーオー  イニシャル・コイン・オファリングの略。企業が独自に通貨を発行し資金調達する仕組み。1千種類を超える仮想通貨の中にはICOとして発行されたものも多い。中国で活発に利用されていたが、中国政府は9月に全面…

    ビットコイン
  • [今さら聞けないビットコイン]

    ビットコインの2つの謎 ブロックチェーンとマイニング

    ビットコインのキーワード ブロックチェーンとマイニング  ビットコインを理解しにくくしている要因の一つに中核技術であるブロックチェーンがある。  ブロックチェーンとは分散型台帳技術とも呼ばれるが、取引記録をブロックと呼ばれるデータの単位に記録し、これをチェーンのよ…

    ビットコイン
  • [今さら聞けないビットコイン]

    暴騰・暴落、そして分裂騒ぎ ビットコインに何が起きている!?

     テレビ・新聞・雑誌・ウェブで話題にならない日はないビットコイン。というのも、その価格変動があまりに大きいためだ。株価や為替がこのところ落ち着いているのに比べビットコインのボラティリティは突出している。ビットコインで一獲千金を夢見る人も多いが、その一方で分裂騒ぎなど、…

    ビットコイン
  • スマホ時代、平成世代からビットコイン時代、変化するECに対応する――石村賢一(Eストアー代表取締役)

    専門店EC向けのシステムで5万店の実績を持つEストアー。時代とともに変わる消費環境のニーズをつかみ、専門店型ECに適したシステムを提供する石村賢一社長に経営戦略を聞いた。スマホ時代に対応し大手から個人までユーザーを拡大 ここ数年、中国人観光客による“爆買い”の恩恵を受…

  • 霞が関ウオッチング

    マウントゴックスのビットコイン消失で取引ルールを整備へ--財務省

     インターネット上の仮想通貨ビットコインの世界最大の取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX社(東京都渋谷区)が2月28日、債務超過を理由に東京地裁に民事再生法を申請した。負債総額は65億円。ネット上の攻撃で顧客と自社分の計85万ビットコインを盗まれたことが経営…

    霞が関ウォッチング
  • 【企画特集】2020年注目企業38

    東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年は日本にとって大きな飛躍が期待される年になるだろう。世界経済が大きなパラダイムシフトに直面している現在、日本経済に新風を呼び込むのは独自の技術やマーケティング力を生かして新しい付加価値を提供する中堅企業だ。本特集で…

  • [NEWS REPORT]

    フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配か

    仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思っている人も多いが、世界には1千を超える仮想通貨があり、BTCはそのひとつにすぎない。そこに来年、フェイスブックの「Libra(リブラ)」が加わる。フェイスブックユーザー27億人が利用すれば仮想通貨は新しいフェーズに突入する。文=関…

    ニュースリポート画像
  • [テクノロジーと地方創生]

    ブロックチェーン技術は地方創生に生かせるか―背景と導入事例

    仮想通貨以外にもさまざまな分野への応用が期待されるブロックチェーン技術。同技術の特性を生かした地方創生の可能性について考える。(経済界電子版編集部) ブロックチェーンとは  分散型台帳技術、分散型ネットワーク。取引データを複数の履歴…

    ブロックチェーン技術の試験導入が行われた「ジャパンエキスポアジア」
  • [霞が関番記者レポート]

    財務省が仮想通貨の規制に二の足を踏む本当の理由――財務省

     「何でもかんでも規制すればいいとは思わない」  価格の乱高下が続くビットコインなどの仮想通貨に関し、麻生太郎財務兼金融担当相が1月12日の記者会見でこう述べた。中国や韓国、欧州は仮想通貨による脱税や犯罪への悪用などの防止のため、通貨取引の規制を強化している。そうし…

    霞が関番記者レポート
  • [NEWS REPORT]

    銀行の危機感から始まった日本版スマホ決済の可能性

    「日本の常識は世界の非常識」と言うが、日本の現金決済比率の高さもそのひとつ。お隣中国では、スマホひとつで何でも決済できるのに、日本ではなかなか進んでこなかった。しかしこのたび銀行界が一致団結。新たなるスマホ決済サービスを始めるという。その勝算やいかに――。文=関 慎夫…

    ニュースレポート
  • [2025年の未来予想図]

    落合陽一に聞く「テクノロジーと近未来の日本像」

     日本の未来を語るうえで今、絶対に外せない論客がメディアアーティストの落合陽一氏だ。コンピューター技術を駆使して、従来のメディアの概念を打ち破る作品を次々と発表。「現代の魔法使い」の異名を取る若き天才として、多方面から注目を浴びている。仕事の実績はもちろんのこと、発想…

    落合陽一氏
  • [2018年注目企業44]

    世界最大の仮想通貨取引所として日米欧で展開目指す―加納裕三(bitFlyer代表取締役)

    2014年1月に日本で設立された仮想通貨の取引所。ビットコイン取引量で世界最大。ビットコイン以外にもイーサリアム、モナコイン、ライトコインなどいろいろな仮想通貨にも対応している。加納氏は一般社団法人日本ブロックチェーン協会の代表理事も務めている。 …

    bitFlyer代表取締役 加納裕三氏
  • [2018年注目企業44]

    決済代行・インバウンド向けマルチサービスで日本のキャッシュレス化を進め成長軌道に――高木 純(NIPPON PAY創業者兼海外事業部門CEO)

    2020年に向けて日本をキャッシュレス化することを経営理念に掲げ、活動をしている。中国モバイル決済システムのサービスを中心とした決済代行ソリューション事業、インバウンド向けマルチ決済サービスのほか、さまざまなキャッシュレスソリューションを展開していく。 高木純氏の指…

    NIPPON PAY創業者兼海外事業部門CEO 高木 純氏
  • 連載[燦々トーク]

    宇宙旅行の実現はもう発射段階に入っています――山崎大地(ASTRAX社長、民間宇宙飛行士)

    ゲストはASTRAX社長の山崎大地さん。世界中の人々の「宇宙へ行きたい」という願いを叶えるリアリティあふれるお話は、宇宙旅行は遠い未来の夢物語と考えていた佐藤にとって、それまでの価値観を覆すものとなりました。 世界で注目の宇宙事業で新サービスを実現 佐藤 山崎…

    ASTRAX社長、民間宇宙飛行士 山崎大地氏 イラスト
  • [霞が関番記者レポート]

    仮想通貨監視を開始 市場は健全に発展するのか――金融庁

    金融庁が仮想通貨監視 市場の健全化へ向けて  金融庁が、ビットコインなどインターネット上の仮想通貨を扱う業者の監視に乗り出した。  9月末に11事業者を「仮想通貨交換業者」として初めて登録。利用者保護などの取り組みの徹底を求める。仮想通貨をめぐっては、日本にあ…

    霞が関番記者レポート
  • 未来の職業―2030年に有望な仕事とは?

    近未来の子供たちの65%は今ない職業についている  1980年代に就職した人たちが、インターネットやスマートフォンが普及した社会をする想像できなかったように、将来どんな職業が有望かを予測するのはきわめて難しい。  マッカーサー財団デジタルメディア&…

  • 「FinTech(フィンテック)」で日本の金融機関への影響は?

    最近、FinTech(フィンテック)という言葉をよく目にするようになった。金融(Finance)とテクノロジー(Technology、主にIT)を組み合わせて生み出される新しいサービスのことだ。インターネットバンキングやインターネットによる株や外国為替取引など、ITを…

    金融機関へのニーズとITの融合から生まれたフィンテック イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    仮想通貨に法規制を 取り締まりは金融庁利便性損なう懸念も――金融庁

    仮想通貨に対する法規制へ  政府が「ビットコイン」など仮想通貨に対する法規制に乗り出す。日本には仮想通貨の法規制や監督官庁がないが、金融庁の所管で取引所に規制を導入する見通しだ。  金融庁も実は7月の金融審議会で仮想通貨について議論している。「規制の在り方を考える…

    霞が関番記者レポート
  • 第40回経済界大賞 受賞者インタビュー

    「すべてが〝再定義〟される時代の水先案内人になる」 --三木谷浩史(新経済連盟代表理事)

     変革の時代には、既存の枠組みから脱却することが必要との考えから、新経済連盟を設立した三木谷浩史氏。現在、一般会員と賛助会員を含めて、合計545社が加盟。ITのみならず、医療、教育、エネルギーといった国の方向性を決める重要課題についても議論し、さまざまな政策提言を行っ…

    三木谷浩史氏

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る