[ 人手不足 ]の検索結果

  • [人材育成企業20]

    人手不足に悩む企業の救世主として短期人材サービスを軸に多彩な事業を展開

    数ある人材関連ビジネスの中でも、企業の細かなニーズに対応する短期人材サービスで国内ナンバーワンの実績を誇るネクストレベル。躍進の秘訣は蓄積したノウハウと膨大な数の登録スタッフ、そしてITを活用した業務の効率化だ。 徹底した業務のシステム化で効率的な経営を実現 …

    人材育成企業20画像
  • [NEWS REPORT]

    ヤマト運輸が恐れる運送業界の人手不足と「送料無料」の意識

    新たな中期経営計画の発表で喫緊の課題である人手不足の解消と収益力強化を図るヤマトホールディングス。大口顧客の8割ほどが値上げに同意、働き方改革に向けて多額の投資も発表した。新たな成長への道筋を示したが、一抹の不安もある。そのひとつが消費者に染みついた「送料無料」の呪縛…

    配達風景
  • [人材恐慌 この危機をどう乗り切るか]

    「人手不足倒産」に人件費高騰 企業が脅える人材恐慌最前線

    人手不足が深刻化している。人手を確保するには高い給料を支払わなければならず、それが経営を直撃する。最近では「人手不足倒産」なる言葉も聞こえてきた。今、企業の最前線で何が起きているのか。現場を追った。文=経済ジャーナリスト 松崎隆司 人手不足により事業継続を断念 …

    配達風景
  • [NEWS REPORT]

    労使新時代の幕開け 三越伊勢丹、ヤマト運輸……人手不足が労組を動かす

    三越伊勢丹ホールディングス(HD)で摩訶不思議な社長交代があった。社長辞任だけが独り歩きし後任の名前が出てこない。交代会見もリリース発表から6日後になってようやく開かれた。その謎を解いていくと、日本社会が直面する根源的問題が見えてきた。文=本誌/関 慎夫 大西社長の…

    三越伊勢丹HD次期社長の杉江俊彦氏
  • [霞が関番記者レポート]

    深刻化する人手不足ICTの積極活用で生産性の向上を推進――国土交通省

    ICTの積極活用を公共事業の建設現場で  国土交通省が、公共事業の建設現場における情報通信技術(ICT)の活用などで、生産性向上に向けた取り組みを本格化させている。深刻化する人手不足に備えるとともに、企業の経営改善を図るのが目的。  国交省は小宮山宏・三菱総合研究…

    霞が関番記者レポート
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    日本の問題 人手不足を外国人労働者で補う「最悪」の選択

    「毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始」--政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2・07に回復すれば、今後100年間は…

  • 積極的な研究開発と海外戦略を軸に安心・安全な卵づくりで躍進―イセ食品

    (『経済界』2019年11月号より転載)  1912年の創業以来、100年以上にわたって高品質な卵づくりを続けてきたイセ食品。徹底した品質管理と高い研究開発力で「機能性表示食品 伊勢の卵」や「森のたまご」など付加価値の高いブランド卵をはじめ、数々…

    2019人材育成企業21正方形バナー
  • 社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

    あらゆる業界で人手不足が叫ばれる中、特に地方の中小企業にとって人材確保は深刻な問題だ。そんな中、賃金面での高待遇以外のユニークな施策を打つ企業が増えてきている。岡山県を中心にリラクゼーション事業や児童発達支援・放課後等デイサービス事業を展開するミツバファクトリーも、そ…

    江見慎之介・ミツバファクトリー社長
  • 「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

    経済界が主催するベンチャー企業支援企画「金の卵発掘プロジェクト2018」でグランプリを受賞した草木茂雄・エムアールサポート社長。建設・土木というガテン系の領域でイノベーションを起こすための挑戦を追った。(吉田浩) 草木茂雄・エムアールサポート社長プロ…

    草木茂雄・エムアールサポート社長
  • [AI時代に稼げる資格]

    ビジネスに今有利な資格、将来有望な資格とは何か

    歌は世につれ世は歌につれ、というが資格も似たところがある。社会や環境の変化によって、求められる人材が変わるように、必要な資格も変わってくる。今、人気の高い資格は何か。どんな資格を持てばビジネスに有利なのか。将来にわたって有望なのはどんな資格なのか。(『経済界』2019…

    建設ラッシュは続くが有資格者は不足している
  • [NEWS REPORT]

    24時間営業はどこへ行く 次世代型コンビニと業界の未来予想図

    24時間営業を売りにこれまで急成長を遂げてきたコンビニエンスストア業界。しかし人手不足などの問題を抱え、ビジネスモデルの大幅な見直しが求められるようになっている。AIやIoTなど新しい技術を活用した次世代型コンビニの姿とは。文=ジャーナリスト/松崎隆司 …

    次世代型コンビニに設置されたカメラとセンサー
  • 【特集】2019年注目企業30

     2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。  しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営…

    2019注目企業画像
  • 多様なサービスを提案する複合型の無人店舗を全国に展開―キング/ゴリラソース

    昨今、慢性的な人手不足が企業の成長を阻害する大きな要因となっているが、中でも最も深刻であると言われているのがサービス業だ。そうした流れにいち早く対応し、新たなビジネスに乗り出したキング。極力、人の手を介さないビジネスに取り組むという同社の戦略を聞く。  …

    2019注目企業画像
  • 東洋医学的観点からのアプローチ 健康経営のソリューションを提案―プラスプ

    長い実績を持つシェンペクス・インターナショナル社の電界医療機器をはじめ東洋医学的原理に基づいた温熱式指圧代用器を販売するプラスプ。「健康経営」に向けて企業がさらに一歩踏み出すための新たなソリューションを提案する。 最先端の家庭用医療機器 「健康経営」を実現  …

    2019注目企業画像
  • [インタビュー]

    太田昭宏議員に聞く「入管法改正の政治的本質とは何か」

     今臨時国会で、大きなテーマになった外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法改正案。14の業種で外国人労働者の受け入れを拡大。就労目的の在留資格を2段階で設け、一定の技能が必要な1号は試験に通れば在留期間は通算5年。2号は、さらに高度な試験に合格した者で、配偶者…

    太田昭宏議員
  • [News Report]

    外国人労働者受け入れ解禁で日本の労働市場はどうなるか

    人手不足が深刻化し、企業業績にも影響を及ぼしつつある。人口減少が加速しているため、女性や高齢者の活用だけでは限界がある。そこで浮上してきたのが、これまで慎重だった外国人労働者の受け入れだ。これによって日本社会はどう変わるのか。文=ジャーナリスト/松崎隆司  …

    ニュースレポート
  • [Leaders’ Profile]

    倒産寸前のファミリー企業再生に成功したエアウィーヴ・高岡本州会長の経営手腕と次の挑戦

    窮地に立った中小企業が、大手メーカーが幅を利かせる全く畑違いの市場に新規参入し、斬新な商品で勝負を挑む。ドラマ「陸王」ではそんなストーリーが人々の共感を得たが、エアウィーヴが辿った軌跡はそれとよく似ている。アスリートからの支持を得て、人気が拡大したのも共通点と言えるだ…

    エアウィーヴ 会長 高岡本州氏
  • [人材育成企業20]

    自己を肯定する「愛の教育」が日本の乳幼児教育にイノベーションを起こす

    少子化社会の日本では、私学経営は「冬の時代」といわれている。しかしそんな逆境をものともせず、新しいチャレンジで次代を切り拓こうとしている明泉学園が経営する鶴川女子短期大学には、開学の精神が源となって誕生した、独自のメソッドがあった。 隈研吾氏設計の新校舎で国際乳幼児…

    人材育成企業20画像
  • [Leaders' Profile]

    24時間営業でもホワイト企業 富士そば会長の経営哲学――丹 道夫(ダイタンホールディングス会長)

     慢性的な人手不足と低賃金で、ブラックなイメージが強い飲食業界。その中にあって「ホワイト企業」との呼び声が高いのが「名代 富士そば」を展開するダイタンホールディングスだ。従業員に優しい経営はどのように生まれたのか、創業者の丹道夫会長に話を聞いた。文=吉田 浩 Phot…

    ダイタンホールディングス 創業者 丹道夫会長
  • [2025年の未来予想図]

    自動運転の実用化が自動車の定義を変える

    昨年、自動車業界で大きな話題となったのが「EVシフト」だった。そして今年は自動運転に注目が集まっている。すでに一部のクルマで高速道路などでの自動運転が始まっているが、今年はさらに高いレベルの自動運転車が登場する見込みで、2025年の完全自動運転も見えてきた。自動運転に…

    車画像

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年11月号
[特集] AIが知りたい!
  • ・IT未開の地に挑戦 産業構造をAIが変える!
  • ・AIは物理世界がまだ苦手 汎用ロボットの作り方
  • ・データ分析の起点は「何があれば経営に役立つか」
  • ・AI活用事例
  • ・ワトソン君は業務システムと連携する
  • ・米国で加熱する人工知能ブーム AIは21世紀最大のゲームチェンジャーか
[Special Interview]

 小川啓之(コマツ社長)

 「“経験知”に勝るものはない」コマツ新社長が語る未来

[NEWS REPORT]

◆SBIが島根銀行への出資の先に見据える「第4メガバンク構想」

◆家電同士がデータを共有 クックパッドが描くキッチンの未来

◆新薬の薬価がたった60万円! 日の丸創薬ベンチャーは意気消沈

◆1で久々の優勝を果たすもホンダの4輪部門は五里霧中

[総力特集]

 人材育成企業21

 SBIホールディングス/サイボウズ/メルカリ/ティーケーピー/シニアライフクリエイト/イセ食品/センチュリオン/タカミヤ/中央建設/アドバンテック/合格の天使/明泉学園/オカフーズ

ページ上部へ戻る