[ 働き方改革 ]の検索結果

  • [2018年注目企業44]

    働き方改革、生産性向上の切り札となるべくRPAのテクノロジーを活用したロボットを開発――永田純一郎(FCEプロセス&テクノロジー代表取締役)

    業務プロセスを新たなテクノロジーによって「構造的」に革新し、人の「価値ある時間」を創出。業務自動化ツール「RPAロボパット」の提供で、既存の業務・システムを変えることなく、品質向上・スピードアップ・コスト削減を実現することを目指す。 IT専門展で最も注目の「RPAロ…

    FCEプロセス&テクノロジー代表取締役 永田純一郎氏
  • [人材恐慌 この危機をどう乗り切るか]

    大和証券がシニア重視の働き方改革を進める狙い――中田誠司(大和証券グループ本社社長CEO)

    働き方改革が叫ばれるずっと以前から、19時前退社や女性が働きやすい制度の拡充など、先進的な試みを実行してきた大和証券。この4月に社長に就任した中田誠司氏は、今後はシニア世代によりフォーカスした制度構築を目指すという。その中身と狙いについて話を聞いた。聞き手=吉田 浩 …

    大和証券グループ本社社長CEO 中田誠司氏
  • 働き方の多様な選択肢と生産性向上で日本は成長する――加藤勝信(働き方改革担当大臣)

     働き方改革は安倍首相の肝いりの政策だ。働く人一人一人にさまざまな選択肢を用意することで、硬直化した雇用環境を見直し、多様性と活力を引き出そうというものだ。安倍首相は働き方改革実現会議の座長を自ら務めるなどリーダーシップを発揮したが、これを働き方改革担当としてサポート…

    働き方改革担当大臣 加藤勝信氏
  • [人材恐慌 この危機をどう乗り切るか]

    「働き方改革」の光と影~表面的な議論では見えてこない現実~

    国を挙げて取り組み始めた「働き方改革」。多くの企業がさまざまな施策を打ち出している。しかしその一方で弊害も見えてきた。働き方改革の最前線を取材してきたジャーナリストが見たものとは――。文=ジャーナリスト 吉田典史 安倍政権が推し進める「働き方改革」の光と影とは …

    「働き方改革」の光と影 イメージ画像
  • [人材恐慌 この危機をどう乗り切るか]

    安倍首相が主導的に取り組む「働き方改革」は人材不足の有効な対策となり得るか

     安倍首相の肝いりで始まった「働き方改革」。昨年、首相の私的諮問機関「働き方改革実現会議」が設置され、具体化に向けて議論が進められた。それを受けて企業側も、新しい働き方へ向けての取り組みが加速した。働き方改革で日本はどこに向かおうとしているのか。文=関 慎夫 施政方…

  • [トップ企業の経営哲学]

    永守重信・日本電産会長「働き方改革を推進し真のグローバル企業へ」

    2014年度に売上高1兆円を突破し、20年度には売上高2兆円を視野に入れる日本電産。同社の成長は、戦略的なポートフォリオ転換やM&Aが牽引しているが、根本的な源は、「人の倍働く」姿勢が示すバイタリティーであろう。その日本電産が、残業ゼロを目指すという。これまでのハード…

    日本電産会長 永守重信氏
  • [経営と人事]

    「働き方改革」において、経営と人事はいかに連携できるか

     「働き方改革」の言葉が日々マスコミを賑わしています。以前は、多様な働き方、長時間労働の是正、女性の働きやすい環境、テレワークなどと言っても、あくまで人事の労務管理領域の話題で、経営者が中心となって関与するような取り上げられ方ではなかったように思います。[提供:経営プ…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • 次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

    組み込みソフトウェア(OS)の開発・販売が主力業務のイーソル。次世代車向け先進技術を医療機器や産業機器など幅広い分野へ応用。プリンター、デジタルカメラ、ゲーム機、自動運転システム、ロボット、人工衛星、医療機器など顧客は幅広い。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号よ…

    長谷川勝敏・イーソル社長
  • [AI時代に稼げる資格]

    国家資格の代表格、士業はいかにして生き延びる?

    AIやロボットによって代替される可能性のある職業の中には、国家資格として難易度が高い士業も数多く含まれている。これから士業の仕事はどのように変わっていくのだろうか。(『経済界』2019年8月号より転載) 士業を取り巻く環境が激変 8…

    士業
  • [インタビュー]

    小沢一郎・自由党代表に聞く「安倍政権の問題点と野党結集の行方」

     小沢一郎・自由党代表が表舞台で動き出した。夏の参院選に向けて野党が一つになって戦えるのかが大きなカギだが、小沢氏は国民民主党と国会での電撃的な統一会派に踏み出し、党の合流も視野に入れている。その後目指すのは立憲民主党なども含んだ野党の大結集だ。長く続く安倍1強が生ん…

    自由党代表 小沢一郎氏
  • [インタビュー]

    髙松孝年・髙松建設社長に聞く「創業家出身社長の覚悟と会社の未来」

    親族から経営を引き継いだオーナー企業の社長には、創業経営者とはまた違った苦労や目的意識がある。13年ぶりの創業家出身社長として就任した髙松建設の髙松孝年氏に話を聞いた。 髙松孝年・髙松建設社長プロフィール 創業家出身社長として髙…

    髙松建設社長 髙松孝年氏 横顔
  • [インタビュー]

    太田昭宏議員に聞く「入管法改正の政治的本質とは何か」

     今臨時国会で、大きなテーマになった外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法改正案。14の業種で外国人労働者の受け入れを拡大。就労目的の在留資格を2段階で設け、一定の技能が必要な1号は試験に通れば在留期間は通算5年。2号は、さらに高度な試験に合格した者で、配偶者…

    太田昭宏議員
  • [インタビュー]

    髙橋和夫・東京急行電鉄社長インタビュー:「まちづくり」という幅広い事業を手掛ける東急電鉄の強み

    2018年9月、グーグルの日本法人が入居予定の渋谷ストリームが開業するなど、渋谷の街は変貌を遂げている。主導する東急電鉄は世界に通じる渋谷という街を生み出す一方で、沿線では日本共通の課題である高齢化や人口減少にも直面する。この4月より社長に就任し、鉄道・都市開発事業の…

    東急電鉄社長 髙橋和夫氏
  • [政知巡礼]

    自民党総裁選で3選を果たした安倍首相を待つ茨の道

    総裁選に勝利をおさめ、安倍政権がスタートした。自民党の規定で今後これから3年総裁に就く。自民党の総裁イコールそれは首相を意味し、政変による退陣などがなければ安倍首相は今後3年間、そしてトータルでは9年間という歴代最長の首相となる。だが、それは決して楽な政権運営ではない…

  • [大丈夫?御社の危機管理]

    サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿

    多くの企業が喉から手が出るほど欲しがっている個人データ。ビッグデータの時代を迎え、データを収集・分析することで新たなビジネスが生まれている。それだけに、個人データを保護する動きが強まっているが、日本の対策は後手に回る。その結果が、毎年のように頻発する、個人データ流出事…

  • [News Report]

    外国人労働者受け入れ解禁で日本の労働市場はどうなるか

    人手不足が深刻化し、企業業績にも影響を及ぼしつつある。人口減少が加速しているため、女性や高齢者の活用だけでは限界がある。そこで浮上してきたのが、これまで慎重だった外国人労働者の受け入れだ。これによって日本社会はどう変わるのか。文=ジャーナリスト/松崎隆司  …

    ニュースレポート
  • [Leaders' Profile]

    ユーキャンパス・渡部陽社長に聞く「社員に優しい勤務制度を導入する狙い」

    【動画有り】尋常でない今夏の暑さ。エアコンが効いていても、通勤ラッシュ時の電車内では、吹き出す汗と混雑で、ビジネスパーソンたちのストレスもピークに達している。大げさではなく、生命の危機を感じる瞬間すらある。こうした状況を踏まえ、社員を守るべく「猛暑日在宅勤務制度」を導…

    ユーキャンパス 社長 渡部陽氏
  • 働き甲斐のある会社を総力取材―人材育成企業20

    2020年開催の東京五輪をメルクマールに、日本経済は堅調に推移している。 全国的に観光、インバウンド需要は好調で、都心では業績好調企業を中心に再開発地域の新築ビルへの増床移転が続いている。 しかしその一方で、あらゆる産業で苦しんでいるのが人材確保だ。 IT、建設…

    人材育成企業20画像
  • [人材育成企業20]

    企業理念は「人を活かす」社内起業や配属立候補などやりたい仕事ができる仕組み

    「私たちの仕事は『人を活かす』こと」と言うのはパソナグループ代表の南部靖之氏。この言葉にあるように、パソナグループは42年前の創業以来、一貫して人を活かし、社会の問題点を解決することを自らの使命としてきた。 「働き方改革」や「ダイバーシティ」が社会的に注目される…

    人材育成企業20画像
  • [NEWS REPORT]

    東芝のPC事業を買収し8年ぶりに参入するシャープの勝算

    シャープが東芝のPC事業の買収を発表した。シャープにとっては8年ぶりの再参入となる。日本のPCメーカーは苦しい戦いを強いられているが、PCこそシャープを支援する鴻海(ホンハイ)精密工業の強みが生かせる分野である。戴正呉・シャープ社長は再建と事業拡大に自信を見せている。…

    ニュースレポート

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る