[ 加藤俊徳 ]の検索結果

  • [運の科学]

    脳と縁、運は表裏一体の関係にある――加藤俊徳(脳の学校代表、加藤プラチナクリニック院長)

    14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意。その後、内外の大学などで脳研究に従事し、1万人以上のMRI脳画像とともにその人の生き方を分析してきた加藤俊徳氏。その脳科学者が突き止めたのが、脳は正しい行動をすれば正しく成長を続け、それは「運が良くなる…

    脳の学校代表、加藤プラチナクリニック院長 加藤俊徳氏
  • 左手を使えば右脳が鍛えられる――加藤俊徳(脳の学校代表)

    左手と右脳が私を脳科学者に導く  私は、物心ついた頃のことを少なからず思い出すことができます。その代表的な思い出は、「自分の右手がうまく動かない」と家族の右手をじっと見ている自分です。家族が右手で箸を使いご飯を食べるのに私の手はどうしても左手を動かしたくなります。ボ…

  • 「見る」を極めれば記憶力は上がる—加藤俊徳(脳の学校代表)

    学校の授業は「聞く」が主体と語る加藤俊徳氏  小学2年生の時、「イキイキしているのは、体育、図工の時間だけです」と担任の先生に告げられた母は、青ざめて帰ってきました。息子の脳の発達が遅れていることを示唆されて途方にくれた様子でした。幸い、私は、遅れていた脳の発達…

  • 思い出によって脳を変える方法――加藤俊徳(脳の学校代表)

    人と接するだけで感情系脳番地を鍛えられる  「人の気持ちは変わりやすい」と言われます。社会は人と人の交流で成り立っていますので、私たちは、いつでもこの変わりやすい人の気持ちと向き合わなくてはなりません。  脳の中には、感情系脳番地があります。この感情系の働きによっ…

    患者の祖母から贈られた手作りの五円船
  • 「めんどくさい人」の脳はどうなっているのか?――加藤俊徳(脳の学校代表)

    「左脳の扁桃体」は感情を生む工場  「あの人は、本当に面倒な人だよね」と思ったことが1度や2度は誰にでもあるでしょう。  「めんどくさい」アラームは仕事など物事だけでなく、人に対しても発動します。あなたの周囲にも「あの人、ちょっとめんどくさいよね」と思う人がい…

    脳の学校代表 加藤俊徳氏

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る