[ 危機管理 ]の検索結果

  • [連載] サイバーテロ 政府・企業とも対応は待ったなし!(第10回)

    サイバーセキュリティー問題の専門家である原田泉氏に聞く(上)

    日本が国益を守るためのサイバーセキュリティ対策とは ここ数年、2つの面でサイバー戦争が本格化した  今回は、NEC(日本電気)系列の民間シンクタンク「国際社会経済研究所(IISE)」の原田泉情報社会研究部長・主幹研究員に登場いただいた。原田氏は、サイバー空間に…

    サイバーテロ 政府・企業とも対応は待ったなし!
  • [連載] 「江戸しぐさ」に学ぶ ビジネスリーダーの流儀(第二回)

    知行合一

     江戸しぐさでは〝しぐさ〟は「思草」と書きます。  「思」は思考、思案するという意味を込め、頭の中、心の中、感情など外からは見えない人の内面を表しています。  「草」は〝言いぐさ〟の〝草〟。ものの言い方や動作など目に見えるアクションを示します。つまり「江戸しぐさ(…

    江戸しぐさ
  • [News Report]

    被害拡大で解決の糸口が見えないMRI資産消失事件

    米国の資産運用会社、MRIインターナショナルが日本の顧客から預かった約1365億円の出資金の多くを消失させた可能性があるとして、問題になっている。弁護団が結成され、相談会が開かれるが、解決には時間がかかりそうだ。 (本誌/鈴木健広) MRI代表の居場…

    ニュースレポート
  • [連載] 新生オバマのアメリカは今

    経営者に注がれる株主、消費者からの厳しい目

    株主総会で苦境に立たされたウォルトディズニーの経営者  米国は5月、株主総会シーズンを迎えた。日本の株主総会は取材しても面白いものはなかったが、米企業のそれは、緊張感に満ちて、毎年、企業や経営者の在り方を考えさせられる。  米国に来て最初に取材をしたのは、20…

    新生オバマのアメリカは今 津山恵子
  • [連載] サイバーテロ 政府・企業とも対応は待ったなし!(第4回)

    サイバー犯罪に詳しい前田雅英・首都大学東京教授に聞く(上)

    サイバー攻撃を受けるということは、日本にとってバイタル(死活的)な問題だ 昨年秋にようやく動き出した日本のお寒い事情  今回は、内閣の「情報セキュリティー政策会議」委員で、サイバー犯罪やそれにかかわる刑事法の専門家である前田雅英・首…

    サイバーテロ 政府・企業とも対応は待ったなし!

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る