[ 国土交通省 ]の検索結果

  • [霞が関番記者レポート]

    下水道に紙おむつを流す仕組みを検討――国土交通省

    紙おむつを粉砕して下水道に  国土交通省は1月下旬、ディスポーザーと呼ばれる流し台の生ごみ粉砕機の技術を応用し、下水道に紙おむつを流す仕組みを検討する有識者会議の初会合を開いた。  使用済み紙おむつの保管やごみ出しの手間をなくし、家庭での高齢者の介護や子育ての負担…

    霞が関番記者レポート
  • 「生産性革命」を前進 予算増額を勝ち取る――国土交通省

    予算増額の背景に「生産性革命」の重点施策格上げ  国土交通省の2018年度予算案は前年度より約102億円増やし、総額5兆8047億円で閣議決定された。  インフラ基盤整備や防災・減災対策などに重点が置かれ、観光庁予算も過去最大の248億円を計上した。かねてより国交…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    パイロット養成に1人500万円の無利子奨学金を創設――国土交通省

    パイロット養成課程の高額負担を無利子奨学金で補助  国土交通省は11月下旬、私立大学などパイロット養成課程の学生らに対する無利子貸与型奨学金を創設したと発表した。  2018年度から運用を始める。高額な学費が養成のネックの一方、政府が成長戦略の柱に位置付ける訪日外…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    訪日客と出国者への課税で旅行需要への影響はいかに――国土交通省

     2020年までに訪日外国人客数を4千万人に増やす政府目標の達成に向け、新たな財源確保について議論する観光庁の有識者会議が9月中旬から始まった。  会合では訪日客の受け入れ態勢の充実に向けては安定財源が必要との認識で一致しているものの、旅行関連業…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    IR実施法案を提言 カジノへの国民の不安拭えず――国土交通省

     政府の有識者会議が7月末、今秋にも開かれる臨時国会に提出の統合型リゾート(IR)実施法案の方向性を提言としてまとめ、IRの所管大臣が国土交通相に決まった。ただ約4カ月に渡った会議での議論は、国民の不安を払拭するには至らず、今後の立案過程や国会審議は一筋縄とはいかない…

    IR実施法案を提言 カジノへの国民の不安拭えず
  • [霞が関番記者レポート]

    オートバイ特化型の高速道路料金を期間限定で導入――国土交通省

    オートバイに特化した高速道路の定額プラン  国土交通省が7月14日から、東日本高速道路や中日本高速道路と連携し、首都圏近郊でオートバイに特化した高速道路料金を初導入することになり注目されている。  11月までの期間限定で「ツーリング」向け定額料金プランを設定し…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    訪日外国人はどこに泊まっているのか?困難な実態把握――国土交通省

     国土交通省所管の観光庁が来年にも、一般住宅などに有料で旅行者らを宿泊させる「民泊」について、ホテルや旅館などの宿泊者数などを調べる「宿泊旅行統計」の調査対象とする方向で検討しているという。訪日外国人客が増えているにもかかわらず、宿泊者数が伸びていない統計上のミスマッ…

    訪日外国人はどこに泊まっているのか?困難な実態把握
  • [霞が関番記者レポート]

    自動運転車の事故 メーカーの費用負担も想定――国土交通省

     ドライバーが運転に関与しない完全自動運転車が交通事故を起こした場合の賠償責任の在り方について、国土交通省の有識者会議が4月下旬の論点整理で、システムの欠陥が原因で事故が発生した際には、保険会社だけでなく自動車メーカーも費用を負担するなどの案を示した。自動運転にお…

    自動運転車の事故イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    ヤマト問題を契機に物流現場の生産性向上なるか――国土交通省

     宅配便大手のヤマト運輸が労働組合の求めをきっかけにサービス見直しを余儀なくされたことで、国土交通省が進める物流生産性向上の取り組みに追い風が吹いている。消費チャンネルとして存在感を高めているインターネット通販への影響がメディアなどで報じられ、疲弊する物流現場の実情が…

    配達イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    都市衰退の元凶「スポンジ化」を食い止められるか――国土交通省

     国土交通省は2月中旬、都市計画問題を扱う有識者会議を開き、人口減少によって生み出される都市政策の課題について議論を開始した。主要テーマとなったのは、都市の密度が低下する「スポンジ化」なる現象。このスポンジ化が生み出す悪影響を読み解くことで、国交省が目指すコンパクトシ…

    都市イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    中古住宅の統一ブランド創設で「新築信仰」は崩れるか――国土交通省

     一定の品質を持った中古住宅の流通を促すため、国土交通省が中古住宅の新たな統一ブランドの創設に向けた制度の検討を進めている。とかく「災害に弱い」「汚い」といったイメージがつきがちな中古住宅だが、欧米などの諸外国では中古住宅の流通が一般的で、ブランド化で品質が担保されれ…

    住宅 イメージ
  • [霞が関番記者レポート]

    4年連続で最高更新も外国人旅行者数は頭打ちか――国土交通省

     石井啓一国土交通相は1月上旬の閣議後会見で、2016年の訪日外国人旅行者数が前年比22%増の2403万9千人だったと明らかにした。4年連続で過去最高を更新し、石井国交相は「この勢いを持続したい」と胸を張ったが、中国の景気減速などを背景に年後半は伸び悩んでおり、20年…

    爆買いが一段落した後の戦略が問われる
  • [霞が関番記者レポート]

    悪質業者の「ぼったくり」も横行 ランドオペレーターの登録制導入へ――国土交通省

     国土交通省が所管する観光庁の有識者検討会は12月上旬、旅行業法制の見直しに関する中間報告をとりまとめ、旅行業者の代行で訪日外国人旅行者向けに交通や宿泊などの手配を行う「ランドオペレーター」に対し、新たな登録制を導入することなどが盛り込まれた。ただ旅行業者としての…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    インフラ維持管理事業の「地位向上」で予算確保狙う――国土交通省

     国土交通省で11月下旬、深刻化する道路や下水道などの社会インフラの老朽化対策に産学官民が連携して取り組む「インフラメンテナンス国民会議」の設立総会が開かれた。高度成長期以降に全国各地で建設されたインフラは、限られた予算の中で維持管理に手が回っていない。国民会議はイン…

    下水道写真
  • [霞が関番記者レポート]

    北陸新幹線の延伸で米原ルートが浮上か――国土交通省

     北陸新幹線の敦賀(福井県)以西の延伸ルートをめぐり、国土交通省が11月中旬に与党のプロジェクトチーム(PT)に示した費用対効果などの試算結果が波紋を広げている。営業主体のJR西日本が難色を示している米原(滋賀県)から東海道新幹線に接続するルートが最も費用対効果が高か…

    新幹線画像
  • [霞が関番記者レポート]

    JALへの制限解禁を控え公的支援の議論が再燃か――国土交通省

     ANAホールディングス(HD)傘下の全日本空輸が10月、東京・羽田空港から米東海岸線で初めてとなるニューヨーク行きの直行便を就航させたことで、国土交通省が来年度以降、ANAのライバルである日本航空をどう処遇するか注目が集まっている。国交省はJALに対して新規投資…

    飛行機画像
  • [霞が関番記者レポート]

    クルーズ船観光で訪日客数5倍増なるか――国土交通省

     国土交通省は訪日外国人旅行客などを乗せたクルーズ船の拠点整備について議論する有識者会議の初会合を9月中旬に開き、受け入れ態勢の強化に向けた本格的な検討に入った。クルーズ船誘致は経済対策にも掲げられている重点項目。国交省はクルーズ船による訪日客数を「現在の5倍に伸ばす…

  • [霞が関番記者レポート]

    三菱自の懲りない体質に頭を抱える国交省――国土交通省

     三菱自動車が軽自動車などの燃費データを偽装した問題で、国土交通省が三菱の「体質」に頭を抱えている。不正発覚を受けて法令通りに行われたはずの再測定でも、独自方式で燃費データを算出していたことが判明したためで、解決に向けた道のりの厳しさがあらためて浮き彫りとなった。 三…

  • 【霞が関番記者レポート】

    データベース構築で空き家流通市場は拡大するか――国土交通省

     国土交通省は、全国で約7割の自治体が運営している「空き家バンク」に登録された空き家や空き地の情報について、横断的に閲覧できるデータベースの構築に乗り出す方針を決めた。管理できないまま放置される空き家が全国で増加。防災や防犯、景観面で悪影響を与えかねない実情を踏まえ、…

  • [霞が関番記者レポート]

    ボランティアの移動は違法行為!? 「白バス」扱いにどう対応――国土交通省

     災害復興を支援するボランティア団体のバス移動をめぐり、国土交通省が対応に苦慮している。団体が費用を集めてバスでボランティアを運ぶと、利益がなくても法令に抵触する恐れがあるためだ。対応次第では政府がボランティア活動に水を差す結果にもなりかねず、柔軟な運用を求める声が高…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る