[ 外国人労働者 ]の検索結果

  • [News Report]

    外国人労働者受け入れ解禁で日本の労働市場はどうなるか

    人手不足が深刻化し、企業業績にも影響を及ぼしつつある。人口減少が加速しているため、女性や高齢者の活用だけでは限界がある。そこで浮上してきたのが、これまで慎重だった外国人労働者の受け入れだ。これによって日本社会はどう変わるのか。文=ジャーナリスト/松崎隆司  …

    ニュースレポート
  • 霞が関番記者レポート

    建設業界で外国人労働者の受け入れを緩和へ--国土交通省

    建設業界では最大7万人を外国人労働者でカバー 政府は人手不足が深刻な建設業界に限って外国人労働者の受け入れを拡大する緊急対策を決めた。 東京五輪の関連施設の建設準備を視野に置いた、2015年度から20年度までの時限措置。受け皿となる「外国人技能実習制度」の滞在期間は最…

    霞が関番記者レポート
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    日本の問題 人手不足を外国人労働者で補う「最悪」の選択

    「毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始」--政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。内閣府は毎年20万人を受け入れることで、合計特殊出生率が人口を維持できる2・07に回復すれば、今後100年間は…

  • 現金に対する不安を解消し日本の繁栄を牽引する企業に―ADVASA

    2017年4月にフィンテックを手掛ける企業として誕生したADVASA。ITベンチャーにありがちな高揚感は見られない。テクノロジーありきではなく、「日本の勤勉な労働者の力になりたい」という思いから繰り出すビジネスには、明日の日本を救う可能性が秘められている。 非正…

    2019注目企業画像
  • [インタビュー]

    太田昭宏議員に聞く「入管法改正の政治的本質とは何か」

     今臨時国会で、大きなテーマになった外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法改正案。14の業種で外国人労働者の受け入れを拡大。就労目的の在留資格を2段階で設け、一定の技能が必要な1号は試験に通れば在留期間は通算5年。2号は、さらに高度な試験に合格した者で、配偶者…

    太田昭宏議員
  • 日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

    グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩…

    株式会社ポリグロッツ 社長 山口隼也氏
  • [人材育成企業20]

    自己を肯定する「愛の教育」が日本の乳幼児教育にイノベーションを起こす

    少子化社会の日本では、私学経営は「冬の時代」といわれている。しかしそんな逆境をものともせず、新しいチャレンジで次代を切り拓こうとしている明泉学園が経営する鶴川女子短期大学には、開学の精神が源となって誕生した、独自のメソッドがあった。 隈研吾氏設計の新校舎で国際乳幼児…

    人材育成企業20画像
  • [人材恐慌 この危機をどう乗り切るか]

    「人手不足倒産」に人件費高騰 企業が脅える人材恐慌最前線

    人手不足が深刻化している。人手を確保するには高い給料を支払わなければならず、それが経営を直撃する。最近では「人手不足倒産」なる言葉も聞こえてきた。今、企業の最前線で何が起きているのか。現場を追った。文=経済ジャーナリスト 松崎隆司 人手不足により事業継続を断念 …

    配達風景
  • [スペシャルインタビュー]

    GDP600兆円のエンジンは「成長戦略」と「規制緩和」――榊原定征(日本経済団体連合会会長)

     トランプ大統領誕生で世界は混迷の度合いを深めていく。翻って日本でも4年目に突入したアベノミクスが正念場を迎えている。2017年の日本経済はどう動くのか。再び成長軌道を描き、安倍政権が掲げるGDP600兆円を達成できるのか。経団連の榊原定征会長に聞いた。聞き手=本誌/…

    日本経済団体連合会会長 榊原定征氏 アップ画像
  • 日本に外国人メイドがやってくる?国家戦略特区の規制緩和とシンガポール外国人メイド事情

    2015年7月、地域限定で規制を緩和する改正国家戦略特区法が可決・成立し、神奈川県と大阪府では、炊事、掃除、洗濯などの家事サービス分野で外国人労働者を受け入れることができるようになった。日本政府は女性の就労を促進するため、これまで慎重だった「外国人メイド」の受け入れに…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • [NEWS REPORT]

    高齢者人材の活用で社会システム破綻は避けられるか

     労働力不足を解消する手段として、注目されるシニア人材の活用。定年延長を導入したり、シニアの登用を進める企業も徐々に増加している。社会保障問題を解決する手段として、こうした動きは広がるだろうか。介護現場にも高齢者の労働力 少子高齢化による人口減少で数年前から労働力不足…

    高齢者の雇用促進に取り組む企業
  • [連載] 深読み経済ニュース解説

    外国人技能実習制度拡大に潜む問題点

    「外国人技能実習、230団体で不正…昨年」外国人技能実習制度で来日した外国人に対し、賃金の不払いや人権侵害などの不正を行った受け入れ団体・機関が、昨年は計230団体に上り、2010年に現行制度が始まって以降、3年連続で増加していることが法務省の調べで分かった。(読売新…

    三橋貴明氏
  • [人材争奪戦に勝つ]

    「採用できない時こそ会社を良くできる」--大久保幸夫(リクルートワークス研究所 所長)

    労働政策など、人と組織に関する研究を行うリクルートワークス研究所で所長を務める大久保幸夫氏。多くの人事担当者と接してきた大久保氏は、現在の人手不足には偏りがあるとしながらも、バブル期やリーマンショック前などにはない、人材確保における「深刻さ」があると認める。この問題を…

    大久保幸夫氏(リクルートワークス研究所 所長)

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る