[ 孫正義 ]の検索結果

  • [NEWS REPORT]

    60代を迎えた孫正義 ソフトバンク300年の計への足固め

    ソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は、自らの人生50年計画において事業を完成させるとしていた50代を終え、ビジネスモデル完成の「構え」はできたと語る。具体的にはソフトバンクビジョンファンドの設立だが、これによって同志的結合を強化し、300年続く企業体を目指すとい…

    ソフトバンク 孫正義氏
  • [NEWS REPORT]

    1位は孫正義、2位は柳井正 長者番付で分かった日の丸ベンチャーの弱点

    今年も『フォーブス』の長者番付ランキングが発表された。この長者番付は例年、まず世界版、続いて日本版が発表されるが、上位の顔触れは世界版、日本版ともに昨年と変化はなかった。しかし一見、同じように見えても、詳細にこの2つを比較すると日本の抱える問題点が見えてきた。文=関 …

    3年間も変わらない番付上位の顔触れ イメージ画像
  • [NEWS REPORT]

    孫正義社長も興味なし? 国内携帯市場で一人負けのソフトバンクに何が起きている

    携帯契約純増数で連戦連勝だったソフトバンク。ところが最近は様変わり。NTTドコモやKDDIの後塵を拝し続けている。ソフトバンクグループを率いる孫正義社長の興味が海外、そしてIoTに移ったことも遠因のひとつ。ソフトバンクに何が起こっているのか。文=ジャーナリスト/石川 …

    孫正義社長
  • [NEWS REPORT]

    IoTの制覇目指すも「孫正義カラー」を出せないソフトバンク

    ソフトバンクグループが半導体設計最大手の英ARMホールディングスを買収した。ARMの技術はインターネットにつながる機器のほとんどに使われており、これから本格化するIoTの中心になる。今回の買収はソフトバンクがIoTで飛躍するための布石だが、いくつか懸念もある。文=本誌…

    孫正義社長
  • [NEWS REPORT]3兆円で英ARMを買収

    孫正義社長はどうして財界に嫌われるのか?

    ソフトバンクグループがイギリスの半導体大手、ARMを240億ポンド(約3兆3千億円)で買収した。日本企業のM&Aとしては過去最大であり、メディアは大騒ぎしているが、経済界の目は冷ややかだ。なぜなら孫正義社長が、日本財界の「嫌われ者」であるためだ。文=ジャーナリ…

  • [NEWS REPORT]

    孫正義社長が続投を決めた本当の理由

    孫正義・ソフトバンクグループ社長の後継者として有力視されていたニケシュ・アローラ氏が副社長を退任した。折しも株主総会前日の発表で、議案の変更など異例の事態となり、混乱ぶりがうかがえた。孫社長は後継者問題も含め体制を仕切り直すことになる。文=本誌/村田晋一郎 孫社…

    孫正義社長
  • [ロボットが支える未来社会]

    孫正義・ソフトバンク社長の夢「われわれのビジョンは、心を持ったロボットを作りたいというものです」

    「Pepper」は孫正義社長の夢の始まり  2014年6月5日、ソフトバンクが感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表した。  発表会は、Pepperに孫正義・ソフトバンク社長がハート型のオブジェを手渡し、ハート(感情)を授ける演出で始まった。  その光…

    孫正義社長とpepper
  • [スペシャルインタビュー]

    世界No.1を目指す 孫正義の新たな挑戦--孫正義 ソフトバンク社長

    グローバル市場攻略の入口に立った孫正義・ソフトバンク社長  1・8兆円を投じた米スプリント・ネクステルの買収が完了し、グローバル市場攻略の入口に立った孫正義・ソフトバンク社長。日米の売上高を合計すると、携帯電話事業で世界第3位のグループを率いるこ…

  • 1兆円達成へ自信を深める

    「大ボラふき」孫正義の世界戦略

    2013年度の営業利益が1兆円を達成する見通しにあらためて自信を示した孫社長。日本ではトヨタ自動車、NTTに次ぐ3社目の快挙。米通信大手のスプリント・ネクステルの買収が秒読みになった今、ソフトバンクの今後を予想する。 (本誌/古賀寛明)孫社長が自らを「大ボラふき」と揶…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    トヨタとホンダが手を組み参戦 「MaaS戦争」を制するのは誰か

    自動運転技術の進化などを背景に、乗り物を使った新しいサービスを意味する「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」をめぐる企業の動きが活発化している。トヨタ、ホンダ、日産、ソフトバンクなど各社が参入する背景には、既存のビジネスモデルが大きく揺らぐという危機感がある。…

    モネ・テクノロジーズの事業戦略説明会に登壇した豊田章男・トヨタ自動車社長(右)と宮川潤一・モネ社長
  • 【特集】2019年注目企業30

     2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。  しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営…

    2019注目企業画像
  • [NEWS REPORT]

    「信用スコア」は人々の価値観と世界を変えるのか

    今、われわれに迫りつつある社会は、1949年にジョージ・オーウェルが小説『1984』で描いたような監視社会=ディストピアなのだろうか。テクノロジーの進歩が従来の価値観を揺さぶる。問われているのは、個人にまつわる情報の扱い方だ。「ビッグブラザーはあなたを見ている」。文=…

    ニュースレポート
  • [インタビュー]

    北尾吉孝・SBIホールディングス社長インタビュー「グループの成長を支える“顧客中心主義”と“企業生態系”」

    インターネット金融の世界にガリバーとして君臨するSBI。当初は証券業からのスタートだったが、今では銀行、保険にも領域を広げ、それぞれの分野で急成長を続けている。それを可能としたのが、「企業生態系」なる概念だ。それがいかなるものなのか。創業から20年にわたりSBIを牽引…

    SBIホールディングス社長 北尾吉孝氏
  • [平成の経済事件簿]

    ライブドアショック を振り返る 一大社会現象を起こした堀江貴文氏の功罪

    十数年前、日本一有名な経営者として、その姿をメディアで見ないことのなかったライブドアの堀江貴文。プロ野球参入を訴え、総選挙にも打って出る。しかしテレビ局買収に失敗し、その1年後に逮捕され、経営者としての人生は終わりを告げた。しかしその影響は、今なお続いている。(経済界…

    平成の経済事件簿画像
  • [平成の経済事件簿]

    平成の経済事件簿―ニュースで振り返る30年

     平成の語源は、『史記』の「内平外成(内平らかに外成る)」、『書経』の「地平天成(地平らかに天成る)」で、「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味だ。  しかし、実際には波乱万丈、度重なる天変地異や国際紛争があり、安寧とは程遠い30年間だった。  産業面に…

    平成の経済事件簿画像
  • [特集 平成]

    平成を代表する企業経営者たちの変遷をたどる

    「重みのある経営者がいなくなった」とはよく聞く話で、かつては日本を代表する企業の社長の顔と名前は、多くの人に知られていた。しかし今、重厚長大産業の社長のことをどれだけの人が知っているだろうか。今に至る平成人気経営者の系譜を追った。 平成前半期に活躍し…

    経済界フェイスブック用画像
  • [NEWS REPORT]

    マルチチャネルの販売政策を見直すトヨタ自動車の危機感

    トヨタ自動車の営業を支えてきた4つのチャネルに分かれた販売店。チャネルごとに専売車があり、お互いが競い合うことによって販売台数を伸ばしてきた。しかしトヨタはこのチャネル政策を見直すことを決めた。トヨタのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。文=ジャーナリスト/立町…

    経済界フェイスブック用画像
  • [運の科学]

    自分の運気を知るためにやる毎朝3回の「ソリティア」――北尾吉孝(SBIホールディングス社長)

    中国では古来より運についての研究がなされ、多くの書物が運について言及している。中国古典に明かるいSBIホールディングスの北尾吉孝社長も、自ら易を読むほど運について通暁している。「すべてのものには波動がある」と語る北尾氏は、その波動をビジネスにも生かしている。そのために…

    SBIホールディングス社長 北尾吉孝氏
  • [連載]「私の原点」

    鉢嶺登・オプト社長インタビュー「優秀な経営者を探して23年間旅をしている」

    圧倒的に稼げる人とそうでない人との違いは何なのか。事業における成功と失敗の分かれ道はどこにあるのか。本シリーズでは、幾多の修羅場をくぐりぬけてきた企業経営者たちを直撃し、成功者としての「原点」に迫っていく。 鉢嶺登・オプト社長CEOプロフィール &…

    江上治氏
  • [霞が関番記者レポート]

    ソフトバンク支えた渉外のエース 徳永順二氏が退任 裏に“制度疲労”か――総務省

    退任の徳永順二氏 ソフトバンクの方向転換か  ソフトバンクの経営企画本部長と渉外本部長という要職を長年務めてきた徳永順二常務執行役員(50歳)が7月31日に退任して周囲を驚かせた。  同氏はソフトバンクが日本テレコムを買収以来、総務省とのカウンターパートを担当…

    孫正義社長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る