[ 孫正義 ]の検索結果

  • [この国の行方]

    人類の生命を救うエレクトロニクスが必要--佐々木 正(シャープ元副社長)

     「電卓の生みの親」とされ、シャープが日本有数の家電メーカーとなる端緒を開いたのが、元副社長の佐々木正氏だ。液晶、太陽電池など先端電子技術の開発に携わり、半導体産業の礎を築いた。ソフトバンク社長の孫正義氏のメンターとしても知られ、100歳となる現在も、経営者や技術者へ…

    佐々木 正氏
  • [キーワードで振り返る2014年の日本経済]

    動き出したロボット産業 参入企業の戦略とは

    2014年はロボットの産業化・実用化に向けて一歩前進した1年だった。ロボットはSFの世界の夢物語だったが少しずつ現実に近づこうとしている。ソフトバンクがパーソナルロボット「Pepper」を発表した場で、孫正義社長は「25年間この日が来ることを夢見てきた」と語った。 …

    笑顔で「Pepper」を発表する孫正義ソフトバンク社長
  • [グローバルベンチャーの挑戦]

    モノづくりで世界を獲る--徳重 徹氏(テラモーターズ社長)×夏野 剛氏(慶応義塾大学特別招聘教授)

     参入障壁が高い製造業の分野で、まずは東南アジアをターゲットに、電動バイクで勝負を懸けるテラモーターズ。徳重徹社長は2年前、『経済界』が主催する「金の卵発掘プロジェクト」で審査委員特別賞を受賞。さらにパワーアップして、日本発のグローバルメガベンチャーとなるべく闘志を燃…

    グローバルベンチャーの挑戦
  • [グローバルベンチャーの挑戦]

    中小企業の海外進出を支えるグローバル・メガ・ベンチャー --香山 誠(アリババ社長CEO)

    アリババが海外進出を目指す中小・ベンチャー企業をサポート  2014年の世界の株式市場で、大きな話題となった中国アリババ・グループ・ホールディング。9月にニューヨーク証券取引所に上場を果たし、時価総額は2300億ドル(約25兆円)に達した。今、世界で最も注目されてい…

    アリババ社長CEO 香山 誠氏
  • [金の卵発掘プロジェクト2014]

    起業家発掘の新たなステージへ

     将来の日本経済を担う人材の発掘・応援を目的としたビジネスコンテスト「金の卵発掘プロジェクト」の審査委員会が今年も開催される。第4回目を迎える今年は、新たな仕掛けも用意。例年にも増して中身の濃いプロジェクトとなりそうだ。同プロジェクトの歩みと今後の展望について、主…

    金の卵発掘プロジェクト
  • [金の卵発掘プロジェクト2013受賞企業応援企画]

    圧倒的一番を取るために次の起業へと歩き出す--今西翔太郎

    「金の卵発掘プロジェクト」は、将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスコンテスト。惜しくもグランプリ、審査委員特別賞は逃したものの、最終審査への進出を果たした候補者5人を順番に紹介する。 *「金の卵発掘プロジェクト」フェイスブックペー…

    金の卵発掘プロジェクト
  • [NEWS REPORT]

    新型iPhone発売にも泰然 ソフトバンクの目論み

     米アップルの新型スマートフォン「iPhone6/6plus」が発売になった。大型化や機能向上が好評で初動は過去最高のペースだという。日本でも各キャリア間の販売競争が激しいが、これまでの実績を生かしたソフトバンクが優位に立っており、余裕さえうかがえる。 大型化と機能…

    ソフトバンクの発売イベントの模様
  • [有言実行の経営]

    孫 正義・ソフトバンク社長が30年前に語っていたこと

    孫正義のライフプラン  ソフトバンク社長の孫正義氏には、「人生50年計画」がある。20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低でも1千億円貯め、40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ。これは、孫氏が19歳の時、米国留学中に人生の目標…

    孫正義氏
  • [NEWS REPORT]

    米国3極構想が頓挫 ソフトバンクの次の攻め手

     ソフトバンクは米国戦略として傘下のスプリントによるTモバイルの買収を進めていたが、その計画を断念した。今後はスプリント単独で米国市場を攻めることになる。厳しい競争環境での戦いに挑むために、ソフトバンクは新たな体制づくりや製品展開を進める。 Tモバイル買収失敗でスプ…

    孫正義氏
  • グローバル市場におけるブランディング

    グローバル市場で苦戦する日本のブランディングと問われる経営者の姿勢―岡崎茂生(フロンテッジ執行役員 ソリューション本部副本部長)

     電通のブランドコンサルタントとして7年半、中国・北京で海外企業のブランディングを担当してきた岡崎茂生氏。グローバル市場において日本企業が存在感を示すことができない要因を肌で感じてきている。ブランディングに対する経営者の姿勢について、国内外の違いを分析してもらった。 …

    岡崎茂生氏(フロンテッジ執行役員 ソリューション本部副本部長)
  • [連載] 年収1億円の流儀(第8回)

    お金持ちの習慣と行動

    1%の人だけがお金持ちになれる  『すべてを手に入れた「1%の人々」はこう考える』(山田順・著/ヒカルランド)が面白い。負債を除く純資産がワンミリオン(今のレートで約1億円)を超える人たち、いわゆる億万長者のデータが載っている本だ。  億万長者の国別割合リストを見…

    富裕層専門のカリスマFP 江上治
  • [NEWS REPORT]

    「企業統治改革」で株主総会の内容が激変、焦点は経営監視強化の加速

     日本の株主総会が、変わってきている。ほとんどの株主が経営陣の意思決定を黙認する株主総会から、上程議案の内容などが厳しく吟味される本来の姿への移行だ。背景には外国人株主の増加だけでなく、企業が余剰資金を貯め込む状況を変えたい政府の取り組みもある。 株主総会の新しいス…

    孫正義社長
  • [リーダーたちの師弟関係]

    野田一夫・日本総合研究所会長が語る師弟関係

    野田一夫・日本総合研究所会長プロフィール 師弟関係は人生の貴重な教訓を学んだときに自然に生まれる  「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される」、--漱石の『草枕』の冒頭の一文ですね……。やたら専門用語を使う学者…

    野田一夫氏
  • [NEWS REPORT]

    ソフトバンクがロボット事業に本格参入― Pepper(ペッパー)で描く未来

    ソフトバンクが人とのコミュニケーションに特化した感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表した。クラウドを活用する通信会社ならではの手法で比較的安価なロボットを実現し、次世代プラットフォームとしてロボットをとおしたサービスを拡大していく構えだ。 ソフトバン…

    孫正義社長とPepper
  • [特集]人を育てる

    優秀な人材をいかに発掘し、育てるかは企業にとって永遠のテーマだ。高度経済成長を支えてきた新卒一括採用、年功序列、終身雇用といった旧来のシステムが機能しなくなってきた今、企業側も新たな人材育成の在り方について模索を続けている。本特集では、これまでとは違った形で「…

    [特集]人を育てる
  • ドコモを抜いた

    ソフトバンクは強者の道を歩めるか

    ソフトバンクの孫正義社長は携帯電話事業参入時に「10年以内にドコモを抜く」と宣言したが、今期はそれが現実のものとなる。今後は日本で王道の展開を進め、世界市場を積極的に攻めていく構えだ。しかし日本市場にも不安材料は残っている。 (本誌/村田晋一郎) 強者に上りつめたソ…

    ニュースレポート
  • 霞が関ウオッチング

    「光の道」構想の包括的検証論議をにらんだ三者三様の思惑--総務省

     2015年頃をめどに日本のすべての世帯におけるブロードバンド(高速大容量)サービス利用の実現を目指す「光の道」構想の包括的検証が今年スタートする。  10年12月に決定した同構想は、ブロードバンドの全国普及に向けてNTTが保有する回線設備の開放問題が焦点となり、ソ…

    霞が関ウォッチング
  • 2013年10大ニュース其の3

    「モバイル再編」

    ソフトバンクは世界戦略を本格展開 日本の携帯機器メーカーは淘汰  2013年の携帯電話業界のビッグニュースは、ソフトバンクの米スプリント・ネクステル買収とNTTドコモのiPhone販売だろう。iPhoneを武器に成長したソフトバンクは世界進出を果たした。一方、ド…

    2013年10大ニュース其の3
  • [日本再成長の起爆剤 東京オリンピック]

    「ライフスタイルの変革を促し 成熟都市の未来モデルを示す」--猪瀬直樹(東京都知事)

     2回目となる東京へのオリンピック招致に成功した招致活動の先頭に立っていたのが、猪瀬直樹・東京都知事だ。中枢を機能させることの重要性を説いた著作の教訓を自ら実行する形で、チームニッポンを実現できたことが招致成功の要因だという。また、2回目のオリンピックでは成熟都市のモ…

    猪瀬直樹氏
  • [連載] 夏野剛の新ニッポン進化論(第36回)

    新型iPhoneが与える影響とは

    新型iPhone発売で国内市場でキャリアが横並びに  NTTドコモがついにiPhoneの販売を開始しました。  産業競争戦略の視点から見ると、ドコモからの当面の顧客流出を防ぐという短期的な効果はあると思いますが、中長期的にはますます各キャリア間の差がなくなり、土管…

    夏野剛の新ニッポン進化論

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る