[ 日本郵政 ]の検索結果

  • [NEWS REPORT]

    郵政金融2社が限度額引き上げ 発言力強化をもくろむ全特の深慮遠謀

    全国郵便局長会(全特)の「悲願」であるゆうちょ銀の預入限度額と、かんぽ生命の保険契約限度額の引き上げが決まった。限度額引き上げに関して民間金融機関から根強い反発がある中、さらなる引き上げを求める全特は、今年夏の参議院議員選挙をにらんだ動きも見せている。 文=ジャーナリ…

    ニュースレポート
  • [NEWS REPORT]

    仰天人事が切り札か 三井住友信託銀行の三井住友FG傘下入りが浮上

    三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が、三井住友信託銀行を傘下に収める案が浮上している。SMFGは、苦戦する信託事業の強化を目的に動いているというが、さまざまな事情で難航も予想される。果たして、実現の可能性は? 文=ジャーナリスト/高田 宏 三井住友銀行が目論…

    ニュースレポート
  • IPOブーム再来

    有望な新規上場10銘柄を寸評――藤本誠之(SBI証券シニアマーケットアナリスト)

    新規上場で一番の注目銘柄は?  売却総額は約1兆4千億円と、直近では最大となった。予想配当利回りは日本郵政とゆうちょ銀行は年3%台、かんぽ生命保険は2.5%と、東証1部上場企業の平均値2%より相対的に高く、株価純資産倍率(PBR)は割安(かんぽ生命は0.6倍台、日本…

  • 激化するコーヒー競争の中で「コメダ珈琲」が快進撃する理由

    コンビニコーヒーの人気、ファストフード店の注力などでコーヒー競争が激しくなる中で、勢いを見せているのがコメダ珈琲だ。名古屋市に本社のあるコメダは2015年5月現在、全国39都道府県で632店のコメダ珈琲店を展開。売り上げは2015年2月期で479.7億円に達し、前年比…

    コメダ珈琲
  • [連載] 現代医療の真相(第20回)

    ITメディアは高齢者を救わない

    筆者プロフィール (よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジ…

    米山公啓氏
  • 若手ビジネスパーソンが落語に親しんだほうがいい5つの理由

    知らない人からしてみれば、とっつきにくいイメージの「落語」だが、年収の高いビジネスパーソンなどにはファンが多いという。雑誌『プレジデント』が調査した結果では年収1000万以上のビジネスパーソンの実に44%が落語好きと回答している。古くは夏目漱石や正岡子規、志賀直哉、谷…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • Googleは従業員の血糖値がKPI、ゴールドマン深夜残業禁止 米国で進む「健康経営」

    米投資銀行ゴールドマン・サックスは夏季インターン生に対し、午前0時以降の残業を禁止した。過酷な勤務環境で知られるウォール街においても、2年ほど前、バンク・オブ・アメリカのロンドン支店で、ドイツ人のインターン生が死亡したことから、ワークライフバランスを重視する流れが急速…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • 駅からKIOSK(キヨスク)が消える理由 なぜ年配の女性販売員ばかりだったのか?

    首都圏ではJR、地下鉄など鉄道の駅売店が続々とコンビニになっている。取り扱っている商品の目新しさはないように見えるが、売り上げを以前の50、70%も伸ばしている店舗もあるほど好調だ。キヨスクが消えている理由は何なのだろうか。[提供:ZUU online] 駅の売店キ…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • 東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか?

     人口減少傾向が続く中にあって、空き家率の上昇が注目されている。これまでは地方の過疎地域の問題とみられていたが、近年は都市部でも空き家が目立ってきている。安倍政権の発足後、都心部の分譲マンション価格は明らかに上昇したが、賃料水準はむしろ下がり気味である。マクロ・データ…

    東京都の空き家率「11.1%」は何を意味するのか? イメージ画像
  • ソフトバンク孫社長が検討した「MBO」上場企業が実行するとどうなる?

     9月11日、ソフトバンクの株価が突然、乱高下した。一時、前日比10%近く上昇し6748円の高値をつけたが、6363円に急落後、結局、前日比5.8%高の6513円で引けた。ことの発端はどうやらその日のブルームバーグの報道にあったようだ。[提供:ZUU online] …

    ソフトバンク孫社長
  • [NEWS REPORT]

    豪華な社外取締役を起用して新体制で船出する東芝の前途

    東芝の不適切会計の問題は、第三者委員会が部分的に「不正」を認定。9月下旬の臨時株主総会後に発足する新体制では、資生堂で2度社長を務めた前田新造氏や、アサヒビールで社長、会長を歴任した池田弘一氏を社外取締役に招聘し、経営の立て直しをはかる。 文=ジャーナリスト/小川 竜…

    ニュースレポート
  • [News Report]

    「嵐」の櫻井 翔パパ、総務事務次官昇格の事情

    総務省の次期事務次官に桜井俊・総務審議官(61歳)が昇格した。旧郵政省出身者の次官就任は約3年ぶり。桜井氏はNTTグループ再編や放送のデジタル化に伴う電波の再割り当てなどを推進。早くから次官候補として本命視されてきた。 文=ジャーナリスト/百合野さき丸 …

    ニュースレポート
  • [対談] 「公」を生きる

    政界再編のキャスティングボートを握る みんなの党代表に訊く(前編)--浅尾慶一郎氏(みんなの党代表)×徳川家広氏(政治経済評論家)

     2009年の民主党による政権交代直前に結党したみんなの党。2大看板のひとり、江田憲司氏が党を去り、続いて渡辺喜美氏が失脚した後、党代表に就任した浅尾慶一郎氏。渦中の浅尾氏に徳川宗家19代の政治評論家、德川家広氏が鋭くせまる。  分裂騒ぎが続く中、それでもメッセージ…

    浅尾慶一郎氏
  • YSコンサルタント「サンタ営業メソッド」を日本の営業のスタンダードに

    顧客から「奪う」のではなく、サンタクロースのように「与える」ことを提唱。この営業スタイル「サンタ営業メソッド」を主力商品に、大手生保、大手メーカー、大手航空会社などのコンサルティング、企業研修を行っている。YSコンサルタント「サンタ営業メソッド」── 主力商品である「…

    企業eye
  • [NEWS REPORT]

    TPP交渉推進の陰で生贄にされる農協解体シナリオ

    政府が6月にまとめる新たな農業強化策や新成長戦略で、農協の見直しが焦点となっている。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に反対する全国農業協同組合中央会(JA全中)にきついお灸を据えるのが狙いだ。「農業協同組合」はついに解体されるのか。 噴出した農協解体論議  …

    安倍首相
  • 第2次IPOブーム到来へ

    2014年IPOの話題を追う

     2014年はIPOマーケットが昨年以上の盛り上がりを見せそうだ。取引所による上場基準の緩和が後押しする中、安倍内閣発足によるアベノミクス相場の恩恵を受けて日経平均が7年ぶりとなる1万6千円台に到達。その好環境と国内景況感の回復を受けて13年(暦年ベース)のIPO企業…

    第2次IPOブーム到来へ(オイシックスの髙島宏平社長)
  • 霞が関ウオッチング

    かんぽ生命が新学資保険で低下するシェアの巻き返しを狙う--総務省

    かんぽ生命 新学資保険の認可を受け巻き返しを狙う  かんぽ生命保険は4月に発売する新しい学資保険の返戻率(契約者が満期時に受け取る金額の割合)を支払い保険料総額の105%程度で調整している。総務省と金融庁が1月下旬に新学資保険を認可したのを受けて、かんぽ生命はこれま…

    霞が関ウォッチング
  • 本命候補不在で混沌とする日本経団連の次期会長人事

    毎年7月恒例の経済3団体の夏季セミナー(夏合宿)が行われた。財界人たちの一番の関心事は来年6月に交代する経団連会長人事だったが、キーマンの米倉弘昌会長は「ノーコメント」と沈黙を貫いている。会長レースの現状を取材した。 (ジャーナリスト/梨元勇俊) 経団連会長人事で本…

    ニュースレポート
  • [M&A最新事情]

    サーベラスの「失策」が西武ステークホルダーの反感を助長--後藤高志(西武ホールディングス社長)/ルイス・ジェイ・フォスター(サーベラス シニアマネージングディレクター)

     今後はクロスボーダーのM&Aの拡大が予想される。そんな中で注目を集めているのが、西武ホールディングス(西武HD)の再上場をめぐる経営陣と筆頭株主である米サーベラスグループとの対立だ。一見すると、よくある経営陣と筆頭株主との対立と言えなくはない。しかし、西武グループの…

    ルイス・ジェイ・フォスター(サーベラス シニアマネージングディレクター) 「西武ホールディングスのガバナンスに問題あり」

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年3月号
[特集] 令和女史のリーダー哲学
  • ・元谷芙美子(アパホテル社長)
  • ・石黒不二代(ネットイヤーグループ社長)
  • ・小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長)
  • ・石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)
  • ・戸田泰子(理化電子社長)
  • ・吉本新喜劇で初の女性座長は「イキらず、驕らず、高ぶらず」の支えるリーダー
  • ・敏腕ヘッドハンターが語る リーダーに求められる力は使命感に裏付けられた勇気
  • ・本と映画に学ぶ女史たちの生き様
[Special Interview]

 橋本聖子(女性活躍・東京五輪・男女共同参画担当大臣)

 女性が輝く新時代へ 政治家もOne Team

[NEWS REPORT]

◆CESでコンセプトカーを発表 ソニーが自動車メーカーになる日

◆アマゾンと提携したライフ 新規顧客獲得は成功するのか

◆ゴーン被告逃亡の影響は? 内田誠・日産新社長の前途

◆血液によるがん診断で日本の医療費は高騰する

[特集2]

 スタートアップ!関西

 日本の起業家たちが関西に注目する理由

ページ上部へ戻る