[ 楽天 ]の検索結果

  • [NEWS REPORT]

    携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

    現在は他社から回線を借りて格安スマホサービスを提供している楽天が、10月1日から自前回線でのサービスを開始する。スマホ市場の成長が鈍化する中で、最後発の楽天がどうやって先行3社と戦っていくのか。楽天経済圏を築いた三木谷浩史会長兼社長の勝算やいかに。文=ジャーナリスト/…

    三木谷浩史会長
  • [NEWS REPORT]

    楽天が携帯キャリアに参入も見通しの甘さに不安先行

    楽天が、「第4の携帯電話会社」となるべく、キャリア事業参入に向けた活動を開始した。サービス開始は2019年の予定で、現在は総務省へ電波割り当てを申請している段階だが、公表した設備投資計画などから事業の見通しの甘さを指摘する声が挙がっている。文=村田晋一郎 楽天がサー…

    ニュースレポート
  • [霞が関番記者レポート]

    楽天が携帯事業進出で第4のキャリア誕生 三木谷浩史氏へ苛立ちも――総務省

     楽天が携帯電話事業進出を発表し、「第4の携帯キャリア誕生」などと騒がれているが、投資ファンドから巨額の資金をかき集めた挙句にソフトバンクに売り抜けたイー・アクセスの千本倖生会長(当時)の二の舞を演じるつもりはないようだ。  イー・アクセスはソフトバンクやKDDIに…

    霞が関番記者レポート
  • [連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

    理想よりも現実。手段よりも結果。東北楽天・梨田監督の戦いぶり

    梨田監督の選手起用法から見えるメッセージ  野球の監督のことをアメリカでは「フィールド・マネジャー」と呼ぶ。最大の仕事は与えられた戦力で、チームをどのようにして勝利に導くか。それを実践することに尽きる。  ピッチャーを中心に守り勝つ野球を志向し…

    二宮清純の「スポーツ羅針盤」
  • [胎動!ドローンビジネス]

    ここまで来たドローン配送 ゴルフ場で始めた楽天のサービス

    楽天は2016年5月、千葉県のゴルフ場で1カ月間、ドローン配送サービスを実施した。期間と場所を限定したとはいえ、一般消費者向けに実サービスを提供する初めての事例となった。また、11月にはLTEを介した実証実験を実施。将来的な配送サービスの展開に向けて、一歩ずつ進ん…

    ドローン配送
  • 「IPO銘柄の売り時、買い時はここに注意」--楽天証券経済研究所・窪田真之

     IPOはリーマンショック後、長期にわたって低迷し、株式公開後も多くが初値割れする状況が続いてきました。しかし、最近では日本経済の活性化もあってIPOの社数が増加し、内容も良くなっています。  2013年に新たに上場した企業の公開価格から初値までの平均上昇率は119…

    楽天証券経済研究所 チーフストラテジスト 窪田真之
  • [News Report]

    医薬品ネット販売で態度を硬化させる楽天・三木谷社長の主張

    ネット社会の拡大で近年、消費者は多大な利便性を享受することとなった。しかし、一方で、新たな紛争の種をまく要因ともなっている。医薬品ネット販売の是非を検証する。(本誌/大和賢治) 医薬品ネット販売の完全自由化に待った  一般用医薬…

    ニュースレポート
  • [連載] 二宮清純の「スポーツ羅針盤」

    MLBでの活躍が期待される楽天・田中将大。課題はアメリカの「マウンド」に順応できるか!?

     新ポスティング・システムをめぐる日米の交渉が大詰めを迎えている。移籍先はまだ未定だが、東北楽天イーグルスのエース田中将大が来季メジャーリーグでプレーする可能性は日に日に高くなってきた。  今季の田中のピッチングはパーフェクトだった。28試合に登板し、2…

    二宮清純氏
  • 霞が関ウオッチング

    薬ネット販売の新ルールの規制に対して楽天が訴訟も辞さず--内閣府

     一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売の新ルールをめぐって国と業者が全面対決する可能性が強まってきた。政府は11月、医療用から転用された市販直後品は安全性評価のため法律で原則3年間ネット販売を認めないとする方針を発表。これに対し楽天の三木谷浩史社長が「立法化され…

    霞が関ウォッチング
  • [連載] 二宮清純の「スポーツ羅針盤」

    初優勝目前の東北楽天。〝再建請負人〟星野仙一は史上3人目の3球団制覇監督となるか

     80年近い歴史を誇るプロ野球において、3球団にまたがって優勝を果たした監督は三原脩(巨人―西鉄―大洋)、西本幸雄(大毎―阪急―近鉄)の2人しかない。  この秋、星野仙一が東北楽天をリーグ優勝に導けば、史上3人目の3球団制覇監督となる。  周知のように…

    二宮清純の「スポーツ羅針盤」
  • カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

    2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長は…

    マネックス証券社長 清明祐子
  • [NEWS REPORT]

    フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配か

    仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思っている人も多いが、世界には1千を超える仮想通貨があり、BTCはそのひとつにすぎない。そこに来年、フェイスブックの「Libra(リブラ)」が加わる。フェイスブックユーザー27億人が利用すれば仮想通貨は新しいフェーズに突入する。文=関…

    ニュースリポート画像
  • 「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

    経済界が主催するベンチャー企業支援企画「金の卵発掘プロジェクト2018」でグランプリを受賞した草木茂雄・エムアールサポート社長。建設・土木というガテン系の領域でイノベーションを起こすための挑戦を追った。(吉田浩) 草木茂雄・エムアールサポート社長プロ…

    草木茂雄・エムアールサポート社長
  • 人材領域で培ったテクノロジーを活用し社会課題を解決する―ビズリーチ

    インターネットを通じて企業が直接欲しい人材に声を掛ける「ダイレクトリクルーティング」。欧米では定着しているこの手法を2009年に日本で初めて仕掛けたビズリーチは、社会課題をテクノロジーで解決することを目指すHRテック・ベンチャーだ。文=榎本正義 南 …

    南 壮一郎・ビズリーチ社長
  • 【特別対談】

    近藤真彦✕今福洋介「車業界のイノベーター2人が語るマネジメントの要諦」

    今期スーパーGT・GT500、GT300、ニュルブルクリンク24時間、スーパーフォーミュラに臨む、近藤真彦監督率いるKONDOレーシング。このうちGT500とGT300のメインスポンサーを務めるのが、独自の金融スキーム「トラックファンド」で注目を集める、今福洋介社長擁…

    近藤真彦氏、今福洋介氏
  • [“福島”復興の現在地]

    震災後の福島県の産業と復興の現状を探る

    東日本大震災から8年が経ち、被災地は少しずつ日常を取り戻している。その一方で、決して取り戻せないものもある。福島県の主力産業である農水産物、そして廃炉の状況、立ち入り禁止区域での将来における街づくりなど、復興の現在と未来に向けた取り組みを追った。 …

  • 【特集】2019年注目企業30

     2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。  しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営…

    2019注目企業画像
  • [第44回 経済界大賞]

    第44回 経済界大賞受賞者が決定

    第44回経済界大賞は、審査委員会(委員長=島田晴雄・首都大学東京理事長、冨山和彦・経営共創基盤CEO、牛島信・牛島総合法律事務所代表弁護士)の厳正なる審査の結果、各賞が決定した。2018年の経済界をリードした受賞者たちの横顔を紹介する。 【経済界大賞】北尾吉孝・SB…

    第44回経済界大賞C
  • [平成の経済事件簿]

    ライブドアショック を振り返る 一大社会現象を起こした堀江貴文氏の功罪

    十数年前、日本一有名な経営者として、その姿をメディアで見ないことのなかったライブドアの堀江貴文。プロ野球参入を訴え、総選挙にも打って出る。しかしテレビ局買収に失敗し、その1年後に逮捕され、経営者としての人生は終わりを告げた。しかしその影響は、今なお続いている。(経済界…

    平成の経済事件簿画像
  • 日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

    グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩…

    株式会社ポリグロッツ 社長 山口隼也氏

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る