[ 永守重信 ]の検索結果

  • [トップ企業の経営哲学]

    永守重信・日本電産会長「働き方改革を推進し真のグローバル企業へ」

    2014年度に売上高1兆円を突破し、20年度には売上高2兆円を視野に入れる日本電産。同社の成長は、戦略的なポートフォリオ転換やM&Aが牽引しているが、根本的な源は、「人の倍働く」姿勢が示すバイタリティーであろう。その日本電産が、残業ゼロを目指すという。これまでのハード…

    日本電産会長 永守重信氏
  • [NEWS REPORT]

    「M&Aで失敗しない男」永守重信・日本電産社長の自信

    2014年度の売上高1兆円達成後、大きな買収案件がなかった日本電産だが、ここに来て過去最大規模の買収を成立させた。M&Aで高値掴みしない同社だけに「適正価格で買収できた」と永守重信会長兼社長は胸を張る。これを機に中期計画の重点事業を大きく飛躍させる構えだ。文=本誌/村…

    日本電産社長 永守重信氏
  • 「グローバル競争激化で頑張る人の夢が実現する」――永守重信・日本電産会長兼社長(CEO)

    日本電産は2020年のターゲットに売上高2兆円を掲げる。永守重信会長が抱く「30年に売上高10兆円」の成長シナリオからすれば、それも通過点の1つにすぎないのだろう。しかし、これから日本の製造業は、激しいグローバル競争にさらされる。それと同時に新しい技術革新による社会の…

    日本電産会長兼社長(CEO) 永守重信氏
  • [インタビュー]

    永守重信・日本電産社長が語る「モーターにこだわる理由とグローバル市場で戦う条件」

     世界一のモーターメーカーである日本電産は、創業以来一貫してモーターにこだわってきた。 積極的なM&Aが話題に上ることが多いが、必ずモーターの応用範囲を広げる形のM&Aであり、同社のモーター専業の姿勢は全くぶれることがない。 今年に入り川崎市に中央モーター基礎技術研究…

    日本電産社長 永守重信氏
  • [VOICE]

    「我慢すれば結果は出ると思って一気にやり切る」--永守重信(日本電産社長)

     日本電産は昨年、創業40周年を迎えた。同社はこれまで積極的なM&Aを敢行し急成長を遂げてきたが、2008年に発生したリーマンショックによる世界経済の混乱とその後の円高、さらにタイの洪水などの自然災害の影響で、成長も小休止するかたちになった。しかし、この間に実…

    永守重信氏(日本電産社長)
  • [NEWS REPORT]

    中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

    1月下旬から2月上旬にかけて、電機・電子部品メーカーは一斉に第3四半期決算を発表したが、通期予想の下方修正を行う企業が相次いだ。その原因は中国市場の変調で、昨年末から一気に経済が鈍化した。ようやく復調してきた電機メーカーに、再び暗雲が漂い始めた。文=関 慎夫 &nb…

    ニュースリポート画像
  • [特集 平成]

    平成を代表する企業経営者たちの変遷をたどる

    「重みのある経営者がいなくなった」とはよく聞く話で、かつては日本を代表する企業の社長の顔と名前は、多くの人に知られていた。しかし今、重厚長大産業の社長のことをどれだけの人が知っているだろうか。今に至る平成人気経営者の系譜を追った。 平成前半期に活躍し…

    経済界フェイスブック用画像
  • 神田昌典対談企画「知」の伝道者

    日本屈指の伝統を誇る帝国ホテルに刻まれた精神 ―― ゲスト 小林哲也(帝国ホテル会長)

    日本の迎賓館として開業して以来、127年の伝統を誇る帝国ホテル。長きにわたり日本を代表するホテルとして愛され続け、数多くの歴史を刻んできた。そのベースにある精神と企業文化を体現してきた小林哲也会長に、神田昌典氏が迫る。構成=吉田 浩 Photo=森モーリー鷹博 トイ…

    帝国ホテル会長 小林哲也氏(左)と神田昌典氏(右)
  • [連載] 視点

    中期計画は「ロシア式」ではなく「Dreams Come True!」で

     会社の経営に携わるようになってから四半世紀を越えるが、中期計画というようなものをつくったことがない。無論、中期5カ年計画というようなものをつくって経営を進めておられる会社と経営者を批判しようというものではない。ただ、概して中期計画は、つくるのに莫大な時間と労力、そし…

    松本晃氏
  • [NEWS REPORT]

    日本電産、売上1兆円突破に向け足場固め

     当面の目標である「売上高1兆円」が射程距離に入っている日本電産。構造改革による事業ポートフォリオの転換が着実に進展し、売り上げ・利益を安定して伸ばす企業体質を構築しつつある。特にポートフォリオ転換の鍵を握る車載事業では大きな成長が期待されている。 構造改革が着…

    日本電産会長兼社長 永守重信氏
  • [特集]経営の要諦

    紆余曲折が付きものの企業経営において、自らの信念や目標を公言し、結果を出すことは簡単ではない。 偉大な経営者たちは、転機に直面した際にどんな言葉を残し、どう行動してきたのか。 注目記事 「あくまで基本はモーターで応用分野を広げて…

    経営の要諦
  • [NEWS REPORT]

    「企業統治改革」で株主総会の内容が激変、焦点は経営監視強化の加速

     日本の株主総会が、変わってきている。ほとんどの株主が経営陣の意思決定を黙認する株主総会から、上程議案の内容などが厳しく吟味される本来の姿への移行だ。背景には外国人株主の増加だけでなく、企業が余剰資金を貯め込む状況を変えたい政府の取り組みもある。株主総会の新しいスタイ…

    孫正義社長
  • [特集]波瀾万丈 企業家物語

    企業経営に浮き沈みは付きもの。絶望的な状況から這い上がる 者もいれば、挫折を乗り越えられない者もいる。本特集では、とりわけ過酷な状況を経験した経営者たちにスポットを当て、さまざまな「企業家としての生き様」を浮き彫りにしていく。彼らが苦境から何を学び、どう対応したかを知…

    波瀾万丈 企業家物語

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る