[ 経営理念 ]の検索結果

  • 社員と策定した経営理念 を通じて顧客、ユーザー、 自社の三方よしを目指す―ROI

    (『経済界』2019年11月号より転載)  国内最大級の覆面調査サービスと、従業員満足度調査サービスを手掛けているROI。2年前に同社の社長に就任した益子雄児氏は役員らと策定した経営理念を基に三方よしを追求、顧客企業や利用者の満足度を高めながら、…

    2019人材育成企業21正方形バナー
  • [連載]脳科学で鍛える一流経営者マインド(第2回)

    脳科学の見地から考える「経営理念をつくる効果」

    意思決定、行動、やる気から、集団心理に至るまで、私たちのあらゆる活動に深く関わっている「脳」。本コラムでは、最新の脳科学の見地から経営やビジネスに役立つ情報をお届けします。(写真=森モーリー鷹博)筆者プロフィールQ:『経営理念やビジョンをつくることは必要な…

    西剛志
  • [連載]人事評価が会社を変える(第7回)

    経営理念を社員の行動レベルまで落とし込むための仕組み作りとは?――第一電建株式会社

    経営理念は、社員一人ひとりに浸透し、理念に基づいた行動を取ることができるようになって初めて組織全体の成長へと結び付く。「すべてはありがとうという笑顔のために」を企業マインドに掲げる第一電建株式会社の社長髙山幸治氏は、理念を会社経営の中心に据えた「理念経営」を行い、理念…

  • 経営哲学と経営理念はどう違う?

     経営哲学と経営理念。この2つはどこが違うのか。簡単に言えば、哲学は個人に属し、理念の主体は企業だ。つまり経営哲学とは、経営者個人が、自らの経験や思想のもとに築き上げるもので、経営理念とは、企業経営における根本的な考えを公的に定めたものだ。そしてこの2つは密接不可…

    経営哲学と経営理念イメージ画像
  • [経営者の師弟関係] 2人の師から教わった経営者魂

    「不肖の弟子」が振り返る松下幸之助の経営理念--佐久間曻二(ぴあ社外取締役、WOWOW元社長)

     故・松下幸之助氏の「最後の弟子」と言われる佐久間曻二氏。松下電器産業(現パナソニック)で副社長、参与を務めた後、WOWOWの経営再建を任され、業績不振に苦しむ同社を見事に復活させた。  経営者として試行錯誤する中で、佐久間氏が常に意識していたのは、さまざまな場面で…

    佐久間曻二氏
  • 「経営理念」「経営哲学」は会社のルーツにある

    あなたの会社に「経営理念」として落とし込まれた言葉はあるか?  御社の「経営理念」、あるいは「社是」は?  そう問われて、即座に答えられる人が、どれくらいいるのだろうか。  もし、答えられたとしても、それを「自分の行動指針にしています」と言える人…

    やってみなはれ
  • 「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

    西日本で唯一のマイクロソフト認定再生PC事業者として、中古PC販売で業績を伸ばしているメディエイター。個人が使用するデバイスがスマホやタブレットに移行する中、どんな戦略を描いているのか。黒木英隆・メディエイター社長プロフィール高齢者向けの中古P…

    黒木英隆(メディエイター社長)
  • 「愛と思いやり」があふれる会社を目指す収益不動産会社―センチュリオン

    (『経済界』2019年11月号より転載)  一棟収益マンション・ビルの売買を手掛けているセンチュリオン。圧倒的な仕入れ力を武器に急成長を遂げ、今期年商は100億円をうかがう。その背景には、経営理念にある「愛と思いやりがあふれる会社」づくりに根差した独自…

    2019人材育成企業21正方形バナー
  • [特集]人材育成企業21

    企業の生き残りは簡単なことではない。かつては「企業30年説」がまことしやかに語られ、実際に短期間で市場から消えた例は少なくない。対照的に安定成長しながら永続している企業は、成功体験にこだわらず、マーケットの変化への対応力が優れているケースが多い。しかし…

  • 家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

    家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るた…

  • [お金の流れが地域を変える]

    さるぼぼコインが地域を潤す!飛騨信用組合の挑戦

    人口減少に高齢化。地方が抱える課題は日々深刻になっている。加えて金融業界にとっては2016年より始まったマイナス金利政策が大きな打撃となり、業態の変革が急務となった。メガバンクが苦戦するなか、地域に根付いた信用組合の取り組みが注目されている。なかでも地域電子通貨「さる…

    古里圭史氏(飛騨信用組合常務理事)
  • [進化するリーダーシップ]

    鈴木貴子・エステー社長インタビュー「香り立つリーダーシップで空気を変える」

     ひよこマークのロゴや「消臭力」などで知られる日用品メーカー・エステー。2013年、カリスマ経営者と呼ばれた鈴木喬・現会長の後を継ぎ社長に就任したのが鈴木貴子氏。社長就任前年の12年には売上高463億円、経常利益8億4千万円、連結純利益7500万円、売上高営業利益率が…

    エステー社長 鈴木貴子氏
  • [連載]人事評価が会社を変える(第9回)

    人事評価制度で社内コミュニケーションを高め、異次元の成長を実現―南西観光ホテル

    社内コミュニケーション活性化に成功した南西観光ホテル  サービス業において、顧客にクオリティの高いサービスの提供を目指すためには、組織内のコミュニケーションの密度を高めることは必須である。今回は、新たな人事評価制度の導入によって、社内のコミュニケーシ…

    山元浩二氏
  • [九州から未来へ]

    インタビュー特集「九州の注目企業と経営者たち」

    九州には地域に密着したユニークな企業が多い。共通点は、先を読む眼を持ち新たなチャレンジしていること。そんな九州の注目企業の経営者たちにインタビューを敢行した。 第一交通産業・田中亮一郎社長「全国34都道府県で営業する日本一タクシー会社の役割」  &…

    第一交通産業 川原武浩社長
  • [NEWS REPORT]

    社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

    パナソニックの前社名は「松下電器産業」――。社名変更から10年がたち、そのことを知らない人も増えてきた。来る6月には、松下正幸副会長が取締役を退任、ボードから松下家が一人もいなくなる。昨年100周年を迎えたパナソニックから、松下家がフェードアウトしつつある。文=関 慎…

    パナソニック社屋
  • [インタビュー]

    星野晃司・小田急電鉄社長「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

     小田急線代々木上原~登戸間の複々線化から約1年が経過した。  構想から約50年、着工から約30年という大掛かりなプロジェクトの効果は数字が物語る。ラッシュピーク時の混雑率は、複々線化前が192%だったのに対し、複々線化後は151%に改善。  また、小田急多摩セン…

    小田急電鉄社長 星野晃司氏
  • 【特集】2019年注目企業30

     2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。  しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営…

    2019注目企業画像
  • フォトオートメーションで ECの世界に革命を起こす―アポロクリエイトホールディングス

    ECサイトの商品撮影で国内唯一の撮影自動化システムを販売する。このシステムのトップブランドORBITVU社の日本における独占販売代理店だ。同製品は、画像の編集、加工をシステム内で完結でき、ソーシャルメディアとの連携機能が充実している。  会社設立…

    2019注目企業画像
  • [NEWS REPORT]

    米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」の実像と創業者の人物像

    昨年12月、ファーウェイ創業者の長女が逮捕された。アメリカによる中国叩きの象徴ともいえるが、見方を変えればそれだけファーウェイを恐れているということだ。起業から30年でスマホ関連のトップ企業となったファーウェイの実態はいかなるものなのか。その強さの源泉を探る。文=エコ…

    ニュースレポート
  • [連載]組織の「悪」を見逃すな(第6回)

    経営者が知っておくべき問題社員を採らないための採用面接の方法

    「面接では性格が良くて有能な人に見えたのに、入社したら全然別人で……」「問題社員だとわかっていたら、うちでは採用しなかったよ」。組織づくりで経営者が頭を悩ませる問題の一つが採用だ。「働いてもらうまでわからない」では、入社後に問題社員であることが発覚した際に、その対応や…

    社労士・野崎大輔氏

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る