[ 経済産業省 ]の検索結果

  • [霞が関番記者レポート]

    バイオ技術活用提言 遺伝子の組み換えで新素材や医薬品開発――経済産業省

    【経済産業省 バイオ技術の活用戦略に提言内容を盛り込む見通し】 経済産業省は1月5日、農林水産業とともに遺伝子を組み換えた生物や植物を利用し、新素材や医薬品の開発につなげる有識者会合を開き、実用化に向けた提言をとりまとめた。産学官連携の基盤整備のほか、ベンチャー企業…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    宇宙産業の成長阻む「宇宙ごみ」対策を進める――経済産業省

     日英両政府は2017年12月13日、人工衛星の破片などの宇宙ごみ(スペースデブリ)の低減で協力する覚書を締結した。対策に取り組む企業を評価し、資金調達や損害保険で優遇する仕組みづくりを主導する。  宇宙ごみの増加は自動運転やビッグデータの活用などに不可欠な宇宙開発…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    不正融資が発覚した商工中金をめぐる「闇」――経済産業省

    ほぼ全店で不正融資が発覚した商工中金  国の制度を悪用した不正融資が発覚した商工中金に対し、同社のガバナンス(企業統治)改革などを検討する経済産業省の有識者会議が開かれた。  経産省は会議の結論を元に、軟着陸の改革に結びつけたい構え。ただ、全国のほ…

    霞が関番記者レポート
  • 商工中金立て直しへ完全民営化も視野に――経済産業省

    経済産業省 商工中金立て直しへ  国の制度を悪用した不正融資が発覚した商工中金に対し、経済産業省は、有識者会議を開く同社のガバナンス(企業統治)改革などを検討する。最大の焦点は先延ばしされてきた完全民営化で、世耕弘成経産相も抜本的な経営改革を視野に入れる。ほぼ全店で…

    霞が関番記者レポート
  • [霞が関番記者レポート]

    ツイッターなどから景況感の情報を収集 経済指数として活用――経済産業省

    ツイッターから景況感に関する情報を抽出  経済産業省が、ツイッターの投稿や民間企業が持つ販売情報などを、人工知能(AI)を使ってビッグデータとして活用して景気動向を把握する新しい経済指数の開発を進めている。  既存の統計では公表まで時間がかかるのに対し、経済活…

  • [霞が関番記者レポート]

    日欧EPA大枠合意 世界GDP3割のメガFTAが誕生へ――経済産業省

     安倍晋三首相は7月6日午前(日本時間同日夜)、欧州連合(EU)のトゥスク大統領、ユンケル欧州委員長とブリュッセルで定期首脳協議を行い、経済連携協定(EPA)交渉で大枠合意したと宣言した。発効すれば世界の国内総生産(GDP)の約3割、貿易額の約4割を占める巨大な自…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    南海トラフのメタンハイドレート 天然ガス生産量増加は確認できず――経済産業省

    商業化を目指し南海トラフでメタンハイドレート産出試験を実施  経済産業省は6月29日、「燃える氷」と呼ばれ、次世代燃料と期待されるメタンハイドレートについて、愛知県沖の東部南海トラフ海域での産出試験を天然ガスの生産量の増加を確認で…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    次世代燃料商業化へ 南海トラフ地層から天然ガス採取に成功――経済産業省

     経済産業省は5月4日、「燃える氷」と呼ばれ、次世代燃料と期待されるメタンハイドレートについて、愛知県沖の東部南海トラフ海域の地層から天然ガスを取り出すことに成功したと発表した。海洋でのガスの産出は2013年の前回試験に続いて2回目。23年以降の商業化を目指した最…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    東電、川村隆新会長への期待と懸念――経済産業省

     東京電力ホールディングスは3月31日、広瀬直己社長の後任に小売り部門の東電エナジーパートナーの小早川智明社長を、數土文夫会長の後任に日立製作所の川村隆名誉会長をそれぞれ充てる人事を発表した。広瀬氏は新設の副会長に退く。首脳人事は、トップの若返りと国の関与強化を狙った…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    東芝原発事業縮小がインフラ輸出に打撃――経済産業省

     経営再建中の東芝が打ち出した原発事業の縮小方針に政府が警戒感を強めている。日本の原子力政策を支えてきた東芝が手を引けば、東京電力福島第1原発の廃炉や、成長戦略の柱であるインフラ輸出戦略への悪影響が避けられない。ただ、経営陣の危機感の乏しさが招いた危機だけに、救済には…

    原発イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    過積載を規制しFITの不公平是正へ――経済産業省

     経済産業省が再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)で、国から認定を受けた後に太陽光パネルだけを増設する「過積載」に対し、規制を設ける。過積載とは発電した直流電気を家庭用の交流電気に変えるパワーコンディショナーの出力を超える太陽光パネルを設置すること。制度…

    太陽光パネル イメージ
  • [霞が関番記者レポート]

    日EUのEPA交渉は進展なく漂流の恐れ――経済産業省

     日本と欧州連合(EU)は1月20日、ベルギーのブリュッセルで開いていた経済連携協定(EPA)の首席交渉官会合を大きな進展なく終了した。自動車や農産品の関税をめぐる協議が難航したからだ。3月以降は欧州主要国で国政選挙が相次ぐ上、英国のEU離脱交渉も本格化し、大きな政治…

    豚肉イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    柏崎刈羽原発の運転停止長期化で他電力会社にも影響――経済産業省

     東京電力ホールディングスの数土文夫会長と広瀬直己社長は1月5日、新潟県庁を訪問し昨年10月に就任した米山隆一知事と初めて会談した。当初は昨年11月下旬の予定だったが、福島県沖での地震や新潟県内で発生した高病原性鳥インフルエンザへの対応で2回延期されており、「三度目の…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    国民負担に異論続出!福島第1処理費用が想定の約2倍に拡大――経済産業省

     東京電力の福島第1原発の事故処理費用が21兆5千億円に拡大することとなった。「廃炉作業の全容が見えない中、費用の算定は困難」(世耕弘成経済産業相)で、上ぶれはある程度織り込まれていた。ただ、これまでの想定の約2倍という衝撃が国民に与える影響は大きく、経産省の方針…

    建物画像
  • [霞が関番記者レポート]

    万博誘致の背景に見える官邸と大阪の思惑――経済産業省

     2025年の国際博覧会(万博)の大阪への誘致活動が本格化している。経済産業省は12月16日に、立候補を検討する有識者会議の初会合を開いた。計3回の会合で17年5月までに結論を出す。  委員には、テーマに合わせて、ノーベル賞受賞者の京都大学iPS細胞研究所所長の…

    風景
  • [霞が関番記者レポート]

    TPP発効に暗雲もAPECでトランプの翻意促す――経済産業省

     脱退を掲げるドナルド・トランプ氏が次期米大統領となったことで、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の発効が見通せなくなっている。国内ではTPPの承認案と関連法案が11月11日の衆院本会議を通過した。日本政府は、他の参加国との連携を密にしながら、トランプ氏に自由貿…

    TPP発効に暗雲もAPECでトランプの翻意促す イメージ画像
  • [霞が関番記者レポート]

    「もんじゅ」次のステップに向け不安視されるアレバの経営危機――経済産業省

     日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)に代わる高速炉の方向性が年内にもまとまる。政府は10月27日、「高速炉開発会議」の第2回会合を開き、これまで、もんじゅや同機構の実験炉「常陽」で蓄積した知見で、技術的に実証炉の開発は可能であると結論づけた。…

    「もんじゅ」次のステップに向け不安視されるアレバの経営危機 関連画像
  • 新潟県知事選の反対派勝利で崩れる国の原発政策――経済産業省

     国の原子力政策が袋小路に入り込んだ。柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働反対を新潟県知事選の最大の争点に掲げた米山隆一氏が勝利したからだ。経済産業省が進める全国の原発再稼働や東京電力ホールディングスの経営改革に不可欠な同原発の再稼働という前提が崩れた格好だ。  原発…

    新潟県知事選の反対派勝利で崩れる国の原発政策 イメージ画像
  • 【霞が関番記者レポート】

    「自転車も環境物品」関税撤廃品目で中国の強引な主張――経済産業省

     年内の大筋合意を目指す太陽光パネルなど環境関連製品の貿易自由化に向けた世界貿易機関(WTO)の「環境物品協定(EGA)」交渉で、中国が驚くべき主張をしている。それはEGAの関税撤廃対象品目に自転車を含むよう提案してきたのだ。国内の自転車市場が飽和の危機にあり、輸出拡…

  • [霞が関番記者レポート]

    米大統領選両候補がTPP反対を示すも日本政府は楽観論?――経済産業省

     米大統領選の両候補者が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に慎重姿勢を示したことについて、日本政府内には警戒論と楽観論が交錯している。米国内で反TPP論が高まり、大統領選後の「レームダック期間」の議会承認が見通せなくなったと懸念する声も聞かれる。一方で両候補とも現実…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る