[ 自動運転車 ]の検索結果

  • [霞が関番記者レポート]

    自動運転車の事故 メーカーの費用負担も想定――国土交通省

     ドライバーが運転に関与しない完全自動運転車が交通事故を起こした場合の賠償責任の在り方について、国土交通省の有識者会議が4月下旬の論点整理で、システムの欠陥が原因で事故が発生した際には、保険会社だけでなく自動車メーカーも費用を負担するなどの案を示した。自動運転にお…

    自動運転車の事故イメージ画像
  • [連載] 夏野剛の新ニッポン進化論(第38回)

    自動運転車の普及を急げ―高速道路での重大事故を減らすために

    高速道路の重大事故防止で注目される自動運転の技術  先日、タレントの桜塚やっくんが交通事故で亡くなられました。中国自動車道を走行中、乗っていたワンボックスカーが中央分離帯に衝突し、追い越し車線に停止。直後に同乗者、桜塚さんが様子を見るために車外にでたところを、 それ…

    夏野剛の新ニッポン進化論
  • [NEWS REPORT]

    四輪事業の低迷が深刻化するホンダはどこに向かうのか

    今年6月、F1オーストリアグランプリで優勝したホンダ。F1優勝は13年ぶりとあって、社内は大いに沸いた。しかしその一方で本業はさえない。中でも四輪事業の低迷は深刻で、利益は二輪事業を下回る。自動車産業が大きく変化する中、ホンダはどこに向かうのか。文=ジャーナリスト/立…

    ニュースリポート画像
  • 次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

    組み込みソフトウェア(OS)の開発・販売が主力業務のイーソル。次世代車向け先進技術を医療機器や産業機器など幅広い分野へ応用。プリンター、デジタルカメラ、ゲーム機、自動運転システム、ロボット、人工衛星、医療機器など顧客は幅広い。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号よ…

    長谷川勝敏・イーソル社長
  • [素材の底力]

    化学素材産業の存在感が増している理由

     化学産業の存在感が、かつてなく高まっている。汎用品が多く、原油価格に収益を左右されやすい石油化学(石化)事業への依存から脱却する一方、持ち前の技術力を生かして電子材料など高収益の製品を育て、事業構造の転換に成功しつつある。一般消費者向けのビジネスではないこともあり、…

    榊原定征氏
  • [NEWS REPORT]

    トヨタとホンダが手を組み参戦 「MaaS戦争」を制するのは誰か

    自動運転技術の進化などを背景に、乗り物を使った新しいサービスを意味する「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」をめぐる企業の動きが活発化している。トヨタ、ホンダ、日産、ソフトバンクなど各社が参入する背景には、既存のビジネスモデルが大きく揺らぐという危機感がある。…

    モネ・テクノロジーズの事業戦略説明会に登壇した豊田章男・トヨタ自動車社長(右)と宮川潤一・モネ社長
  • [NEWS REPORT]

    マルチチャネルの販売政策を見直すトヨタ自動車の危機感

    トヨタ自動車の営業を支えてきた4つのチャネルに分かれた販売店。チャネルごとに専売車があり、お互いが競い合うことによって販売台数を伸ばしてきた。しかしトヨタはこのチャネル政策を見直すことを決めた。トヨタのビジネスモデルが大きく変わろうとしている。文=ジャーナリスト/立町…

    経済界フェイスブック用画像
  • [2025年の未来予想図]

    自動運転の実用化が自動車の定義を変える

    昨年、自動車業界で大きな話題となったのが「EVシフト」だった。そして今年は自動運転に注目が集まっている。すでに一部のクルマで高速道路などでの自動運転が始まっているが、今年はさらに高いレベルの自動運転車が登場する見込みで、2025年の完全自動運転も見えてきた。自動運転に…

    車画像
  • [クルマが変わる 社会を変える]

    冷える鉄鋼、潤う化学 クルマが変える産業構造

    ガソリン車からEVへの流れは、単にクルマが変わるだけではない。クルマが基幹産業であるだけに、その影響は日本の産業界全般に及ぶ。その時、一体何が起きるのか。企業グループ、企業城下町はどう変わってしまうのか。文=関 慎夫 Photo=佐藤元樹 EVの普及で進む自動車城下…

    メルセデスベンツグループのコンセプトカー。右端がスマートの「EQ」
  • [クルマが変わる 社会を変える]

    自動運転の実用化競争を制するのは誰か

    自動運転とは 人間の運転操作なしに自動走行が可能な自動車。今の自動運転はレベル2というもので、限定された条件での人の補助だ。それがレベル3、4となるに連れ、人の関与が少なくなり、レベル5では、人が乗らなくても走行できる、完全自動運転となる。2020年代に迎えるその時…

    自動運転で日本の先頭を走る日産の戦略を説明するスキラッチ副社長
  • [NEWS REPORT]

    若者のクルマ離れに抵抗する豊田章男・トヨタ自動車社長の意地とプライド

    若者のクルマ離れが言われて久しい。「18になったら免許を取って、社会人になったらクルマを買う」時代は遠い昔。今では「クルマは目的地に運んでくれればそれでいい」――そんな風潮に一石を投じるのがトヨタ自動車。その背景にはクルマを愛してやまない豊田章男社長の存在がある。文=…

    トヨタ自動車社長 豊田章男氏
  • [スペシャルインタビュー]

    守りに入らず攻め続けるためにスバルへの社名変更を決断した――吉永泰之(富士重工業社長)

    富士重工業は4月1日、社名をSUBARU(スバル)に変更する。富士重工業の前身である中島飛行機が誕生して今年でちょうど100年(当時の社名は飛行機研究所)という節目の年の大きな決断だ。その狙いを吉永泰之社長に聞いた。聞き手=本誌/関 慎夫 写真=幸田 森 社名を変え…

    富士重工業社長 吉永泰之氏 アップ画像
  • [NEWS REPORT]

    自動運転時代に備え、躊躇なく子会社を売却する日産自動車のすごみ

    自動車メーカーと部品メーカーは切っても切れない関係だ。それが子会社なら、結び付きも極めて強い。そんな子会社をあっさり手放すことにしたのが日産自動車。日産への部品納入が収益の8割を占める子会社、カルソニックカンセイの売却を決断した。文=ジャーナリスト/田中慎太郎  自…

    カルロス・ゴーン氏
  • [AIが変える仕事の現場 働き方革命]

    「AI開発には金よりもアイデア」小林雅一 KDDI総研リサーチフェロー

    3度目のAI開発ブームの概要  自動運転車、ドローン、ディープラーニング(深層学習)など、昨年から今年にかけて人工知能(AI)、あるいはそれを搭載した次世代ロボットなどへの関心が急速に高まっている。  だがAIは過去に2度、過熱したブームとその崩壊…

    KDDI総研リサーチフェロー 小林雅一氏
  • [IoTが導く革新]

    「自動車とインターネットの融合で新たなムーブメントを起こす」――中島 宏(ディー・エヌ・エー執行役員)

     将来的なIoTの応用例として考えられているのが、自動運転車だ。自動運転技術を駆使したサービスの実現を目指し、ディー・エヌ・エーが自動車事業に参入。ZMPとの合弁会社「ロボットタクシー」を立ち上げた。合弁会社社長であり、同社のオートモーティブ事業を統括する中島宏執行役…

  • [2015年の潮流を読む]

    2015年の技術動向はこうなる--中村達生(VALUENEXコンサルティングCEO)

    2015年は予測分析の手法が本格的に導入される  世界中の特許情報や研究論文データなどから、技術コンサルティングを顧客に提供するコVALUENEXンサルティング。同社CEOの中村達生氏によれば、ビッグデータを分析する上で「プレディクティブ・アナリティクス(予測分析)…

    VALUENEXコンサルティングCEO 中村達生氏
  • [起死回生のブランディング]

    「ブランドの価値観に共鳴してくれる顧客を増やしたい」--大喜多 寛(アウディジャパン社長)

    今年は過去最高となる年間3万2千台の販売を見込むアウディジャパン。日本ではメルセデス・ベンツ、BMWより後発ながら、着実にブランドイメージを定着させ、確固たる地位を築くことに成功している。陣頭指揮を執るのは、マツダ出身で根っからの車好きで知られる大喜多寛社長。顧客の支…

    A3セダン

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年3月号
[特集] 令和女史のリーダー哲学
  • ・元谷芙美子(アパホテル社長)
  • ・石黒不二代(ネットイヤーグループ社長)
  • ・小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長)
  • ・石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)
  • ・戸田泰子(理化電子社長)
  • ・吉本新喜劇で初の女性座長は「イキらず、驕らず、高ぶらず」の支えるリーダー
  • ・敏腕ヘッドハンターが語る リーダーに求められる力は使命感に裏付けられた勇気
  • ・本と映画に学ぶ女史たちの生き様
[Special Interview]

 橋本聖子(女性活躍・東京五輪・男女共同参画担当大臣)

 女性が輝く新時代へ 政治家もOne Team

[NEWS REPORT]

◆CESでコンセプトカーを発表 ソニーが自動車メーカーになる日

◆アマゾンと提携したライフ 新規顧客獲得は成功するのか

◆ゴーン被告逃亡の影響は? 内田誠・日産新社長の前途

◆血液によるがん診断で日本の医療費は高騰する

[特集2]

 スタートアップ!関西

 日本の起業家たちが関西に注目する理由

ページ上部へ戻る