[ 高井昌史 ]の検索結果

  • [紙メディアの未来]

    高井昌史・紀伊國屋書店会長に聞く「紙文化の復権とリアル書店の今後」

    紙の出版物の部数減と歩調を合わせるようにネット書店に押され、リアル書店の規模縮小・閉店が続いている。そんな中、国内外で紀伊國屋書店は新規出店のペースを上げ、紙文化の発信力を高めている。 高井昌史・紀伊國屋書店会長兼社長プロフィール …

    イラスト
  • [インタビュー]

    高井昌史・紀伊國屋書店社長インタビュー「本屋は人生を変える出会いの場所」

    9月10日に発売された作家・村上春樹さんの新刊『職業としての小説家』。その初版10万部のうち、9割を直接買い切るなど、書店の活性化に力を注ぐ紀伊國屋書店の高井昌史社長に、出版文化復権のカギを聞いた。 聞き手=本誌/古賀寛明 写真=佐々木 伸 高井昌史…

    紀伊國屋書店社長 高井昌史氏
  • [NEWS REPORT]

    出版不況の風向きは変わるか!?常識を覆すオンリーワン作戦

    書店の数が減り続けている。かつてはどこの駅前にもあった町の書店は消え、いまや郊外の大型店舗でさえ減っている。ネット書店の隆盛や電子書籍の登場もあるが、出版社自体も元気がない。活字文化もこのまま消えゆくかと思いきや、マイナス面を逆手に取った新たな取り組みも始まっている。…

    湊かなえさんの書き下ろし小説『城崎へかえる』は、カニの殻を思わせる箱に入っている

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る