[ SBI ]の検索結果

  • [インタビュー]

    銀行の機能を提供するインフラでありたい(円山法昭・住信SBIネット銀行社長)

    国内のインターネット専業銀行の業界では後発の住信SBIネット銀行は、設立3年で黒字化を達成し、現在はネット銀行ナンバーワンの地位を確立。今後も住宅ローン領域への注力、また提携で事業拡大を図る。円山法昭社長は「銀行の機能を提供するインフラでありたい」と語る。〔聞き手/大…

    住信SBIネット銀行社長 円山法昭氏
  • [インタビュー]

    SBIグループの運用力を強みに グローバルな資産運用体制の拡充を図る(朝倉智也・SBIグローバルアセットマネジメント社長兼CEO)

    SBIグループは2015年にSBIグローバルアセットマネジメントを発足させ、資産運用体制の強化に向けたグループ内の再編を実施した。SBIグループの卓越した運用力を生かし、グローバル規模のM&Aや合弁会社の設立、また地域金融機関との連携を通じて、資産運用体制のさ…

    SBIグローバルアセットマネジメント社長兼CEO 朝倉智也氏
  • [インタビュー]

    SBIグループのシナジー効果を生かす 今後はホールセールの強化を(髙村正人・SBI証券社長)

    SBIグループの金融サービス事業の中核の1つであるSBI証券。企業としての成長はもちろんのこと、グループ全体の成長も促す役割を担う。そんなSBI証券が今後、リテールの顧客基盤の土台の上に伸ばしていく領域がホールセール。収益力を強化し、国内証券業界でナンバー3の地位を目…

    SBI証券社長 髙村正人氏
  • [インタビュー]

    SBIが「新産業クリエーター」として ベンチャーに投資する意義(川島克哉・SBIインベストメント社長)

    年間1,500 〜2,000社のベンチャー企業にアクセスするSBIインベストメント。その中から将来性のある5%前後の企業に投資をしている。ベンチャーキャピタル事業を通じて得られた知見はSBIインベストメントだけではなくSBIグループ全体の財産になっている。今後はCVC…

    SBIインベストメント社長 川島克哉氏
  • [インタビュー]

    北尾吉孝・SBIホールディングス社長インタビュー「グループの成長を支える“顧客中心主義”と“企業生態系”」

    インターネット金融の世界にガリバーとして君臨するSBI。当初は証券業からのスタートだったが、今では銀行、保険にも領域を広げ、それぞれの分野で急成長を続けている。それを可能としたのが、「企業生態系」なる概念だ。それがいかなるものなのか。創業から20年にわたりSBIを牽引…

    SBIホールディングス社長 北尾吉孝氏
  • [人材育成企業20]

    幹部候補生の養成はグループ内にあるSBI大学院大学を活用

    SBIホールディングスは来年設立20周年を迎える。19年前、わずか55人で産声を上げた会社は、今や社員数5千人を超えた。すでにインターネット証券の世界では、口座数や個人株式委託売買代金などで圧倒的トップとなり、対面営業の大手証券とも肩を並べた。このほかネット銀行で…

    人材育成企業20画像
  • [運の科学]

    自分の運気を知るためにやる毎朝3回の「ソリティア」――北尾吉孝(SBIホールディングス社長)

    中国では古来より運についての研究がなされ、多くの書物が運について言及している。中国古典に明かるいSBIホールディングスの北尾吉孝社長も、自ら易を読むほど運について通暁している。「すべてのものには波動がある」と語る北尾氏は、その波動をビジネスにも生かしている。そのために…

    SBIホールディングス社長 北尾吉孝氏
  • [IPOが拓く日本の未来]

    新規公開株を狙うには主幹事会社の利用が不可欠――髙村正人(SBI証券社長)

    初値が公開価格を大きく上回るケースが相次いでいるIPO市場。そこで重要なのが、主幹事証券会社。新規公開株の8割を引き受けるため、手に入れたければ、主幹事を通す以外の道は極めて困難だ。そこで最近、主幹事件数が伸びているSBI証券の髙村正人社長に話を聞いた。 リーマ…

    SBI証券社長 髙村正人氏
  • IPOブーム再来

    有望な新規上場10銘柄を寸評――藤本誠之(SBI証券シニアマーケットアナリスト)

    新規上場で一番の注目銘柄は?  売却総額は約1兆4千億円と、直近では最大となった。予想配当利回りは日本郵政とゆうちょ銀行は年3%台、かんぽ生命保険は2.5%と、東証1部上場企業の平均値2%より相対的に高く、株価純資産倍率(PBR)は割安(かんぽ生命は0.6倍台、日本…

  • [インタビュー]

    NISA口座全体でシェア10%獲得を目指す。投資初心者の開拓に注力--SBI証券 髙村正人 社長

    ネット証券最大手のSBI証券は、NISA口座を中心に投資初心者の開拓を順調に進めている。サイトや取引ツールの充実を図る一方で、セミナー開催や仲介業者を通した対面営業も強化している。髙村正人社長は「NISA口座の獲得シェアを全体の10%にまで高める」と意欲を燃やす。NI…

    高村正人氏
  • [NEWS REPORT]

    フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配か

    仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思っている人も多いが、世界には1千を超える仮想通貨があり、BTCはそのひとつにすぎない。そこに来年、フェイスブックの「Libra(リブラ)」が加わる。フェイスブックユーザー27億人が利用すれば仮想通貨は新しいフェーズに突入する。文=関…

    ニュースリポート画像
  • 佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

    Eコマースを中心に成長を続けるBEENOS。その創業者である佐藤輝英氏は、5年前に社長を退任。4年前には取締役を辞任し、経営から退いた。それまで起業家として生きてきた佐藤氏が次に選んだのは起業家支援。BEENEXTを設立し、新しいイノベーションを起こそうとしている起業…

    佐藤輝英氏(BEENEXTファウンダー)
  • [特別編集]

    【読書と経営】一流経営者が推薦する「人生を変えた1冊」

    企業経営者に挫折や苦労はつきもの。そんなときに初心を思い出させてくれたり、新たな視点を与えてくれるのが、一冊の本だったりする。 本特集では、そんな「人生を変えた一冊」を、一流経営者たちに紹介してもらうことにした。彼らはどんな本に影響を受け、そこから何を感じてきたのか…

  • [第44回 経済界大賞]

    第44回 経済界大賞受賞者が決定

    第44回経済界大賞は、審査委員会(委員長=島田晴雄・首都大学東京理事長、冨山和彦・経営共創基盤CEO、牛島信・牛島総合法律事務所代表弁護士)の厳正なる審査の結果、各賞が決定した。2018年の経済界をリードした受賞者たちの横顔を紹介する。 【経済界大賞】北尾吉孝・SB…

    第44回経済界大賞C
  • 働き甲斐のある会社を総力取材―人材育成企業20

    2020年開催の東京五輪をメルクマールに、日本経済は堅調に推移している。 全国的に観光、インバウンド需要は好調で、都心では業績好調企業を中心に再開発地域の新築ビルへの増床移転が続いている。 しかしその一方で、あらゆる産業で苦しんでいるのが人材確保だ。 IT、建設…

    人材育成企業20画像
  • [NEWS REPORT]

    銀行の危機感から始まった日本版スマホ決済の可能性

    「日本の常識は世界の非常識」と言うが、日本の現金決済比率の高さもそのひとつ。お隣中国では、スマホひとつで何でも決済できるのに、日本ではなかなか進んでこなかった。しかしこのたび銀行界が一致団結。新たなるスマホ決済サービスを始めるという。その勝算やいかに――。文=関 慎夫…

    ニュースレポート
  • トップ企業の経営哲学

    戦国武将から経営哲学を学ぶのが良い理由

    過去の偉人から経営哲学と経営戦略を学ぶ 「論語と算盤」とは、日本資本主義経済の父とも言える渋沢栄一の言葉で、倫理と利益の両立を求めたものだ。この言葉を実践するのが、北尾吉孝・SBIホールディングス社長で、北尾氏の経営哲学は、中国古典などを学ぶこ…

    戦国武将銅像
  • [創薬ベンチャー風雲録]

    多士済々、創薬ベンチャー経営者の紳士録

     活況を呈し始めた創薬ベンチャー業界。その経営者は個性派ぞろい。果たしてどんな経営者がいるのか。その個性は経営判断にどのような影響を与えているのか。 創薬ベンチャー企業の経営者まとめ ◎そーせいグループ  創薬ベンチャー1・0世代…

  • [創薬ベンチャー風雲録]

    日本の創薬ベンチャーが世界を獲る日はくるのか 

    創薬ベンチャーの株価乱高下は期待の裏返し  日本で最初の創薬ベンチャーブームが起きたのは、20世紀にまで遡る。既に欧米では、1970年代半ばから80年代にかけて創薬ベンチャーが誕生した。そうした動きから遅れること20年。主に大学の研究室発のスタートアップ企業が数多く…

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る