広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

「インテリジェンス統合で雇用のプラットフォームを確立する」--水田正道(テンプホールディングス副社長)

水田正道氏

 人材派遣最大手のテンプスタッフを抱えるテンプホールディングスは、各事業ドメインの強化のためにM&Aを積極的に行っている。最近では、技術関連の特定派遣事業強化に向けてパナソニックの設計開発子会社の株式を取得したほか、人材紹介事業強化に向けてインテリジェンスの株式を取得した。インテリジェンス株式取得を中心に、同社のM&A戦略について、水田正道副社長に話を聞いた。

水田正道(テンプホールディングス副社長)

水田正道(テンプホールディングス副社長)

水田正道氏は語る 弱点だった人材紹介ビジネスを補強

―― 今回のインテリジェンスの株式取得の経緯は。

水田 インテリジェンスの株主は米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)でした。われわれにとっての最大の脅威は、インテリジェンスがわれわれ以外と手を組むことでした。もちろん取得に要した510億円は思い切った投資ですし、リスクを考えたらきりがありません。しかし、何もしないことが最大のリスクであり、ご一緒することに大きな価値があるという判断をしました。

―― インテリジェンスと組む目的は。

水田 当社の事業ドメインは、人材派遣、アウトソーシング、人材紹介、再就職支援が中心ですが、人材紹介事業はインテリジェンスには到底かないませんでした。働く人はライフスタイルに合わせて働き方を変化させますので、派遣で働きたい場合もあれば、社員の場合もあります。一方企業も、派遣や紹介など、人材が必要な場合もあれば、委託し業務を任せたいなど、需要はさまざまです。

 それら多様なニーズのすべてを当社グループで提供したいと思っています。そのためには、人材紹介事業やメディア事業など、インテリジェンスが高い優位性を誇る事業が価値を持ちます。インテリジェンスとご一緒することで、われわれが不足していたピースが埋まり、お客さまが望む最良のサービスを提供できる体制が構築されたのです。

―― 統合のシナジーは。

水田 人材紹介と人材派遣は人材を扱っていますが、運用が全く違います。インテリジェンスは人材や情報を収集する強いブランドや運用のノウハウを有しています。一方、当社は全国的に拠点があり、営業力がありますが、インテリジェンスは首都圏が中心です。例えば、インテリジェンスが当社地方オフィスを人材紹介時の手続きなどに必要なインフラとして活用できますし、当社営業社員がインテリジェンスのメディア事業をサービスラインアップの1つとして、顧客に提供することもできます。このようにお互いの強みやインフラを活用し、さらに付加価値を高めてシナジーを発揮していきたいと思っています。

 再就職支援事業については、再就職の手法やカウンセリングなどの就業支援と同時に求人情報も提供しています。そこでもインテリジェンスの紹介事業で収集した求人情報を組み合わせ、仕事に就くための支援と仕事情報の両方が同時にセットで提供できるようになります。このように強みが異なるので高いシナジーが期待できます。

 今後、一緒に実現したいことは、われわれが雇用のプラットフォームとして社会から必要な存在として認めていただくことです。数多くの方にご登録していただくことが、われわれのビジネスの出発点ですが、情報がないところに人は集まりません。そして、その情報量は規模に比例します。いたずらに規模を求めるつもりは全くありませんが、多くの方々のニーズを満たすためには多くの情報、すなわち規模が必要になってきます。そのためにも情報量を集められる強いブランドを持つインテリジェンスと連携することは非常に価値が高いと思います。

雇用の流動化と安定化を両立したいと語る水田正道氏

―― 統合後のオペレーションは。

水田 われわれは自然体がモットーです。グループ会社になったから、すべて一緒にする必要はないと考えています。大事にしたいのは、インテリジェンスやテンプスタッフの社員を含め、グループ社員一人ひとりが今回のM&Aにより、自分の仕事に誇りが持て、モチベーションが向上することです。人材ビジネスの最大の資産は人です。社員一人ひとりの思いやモチベーションを大事にしていくのが「テンプ流」です。そして、同時に相手を尊重し、お互いが理解し合い、共に成長するために切磋琢磨していきたい。

 今後は、インテリジェンスからホールディングスの役員を迎え入れますし、当社からも役員を派遣させていただく方向です。人材面だけでなく、あらゆる面で連携していきますが、基本は、今までの素晴らしいやり方でやっていただきたいと思っています。ですから、社名やブランドの変更は考えていません。

 市場からは、テンプスタッフとインテリジェンスが一緒になることは最適な組み合わせだと高い評価を頂いていますが、一番大事なのは5年後に「やっぱりそうだった」という状態にすることだと思います。

―― 今後の展望は。

水田 これからの日本の雇用は、流動化していきます。雇用の流動化については、各方面で失業者が増えて雇用が安定しないと不安視されています。しかしこの矛盾する雇用の流動化と安定をわれわれが両立させます。それこそが、われわれの社会的意義なのです。

 今後は、1社で長期間働くことでキャリアを形成するのではなく、会社は変わるけれど、複数の企業での就業経験により、多様な経験を積み、キャリアを形成するようになるでしょう。また、働く場所はますますグローバルになります。そのためには、何よりキャリア形成につながる最適な職業紹介や、スキルアップにつながる教育など、求職者と企業をつなぐわれわれのようなマッチング機能が必要になります。われわれが介在することで流動化と安定化が両立できるのです。雇用の流動化と安定化の実現をとおして、社会から必要な存在となり、日本を代表する世界企業を目指したいと考えております。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る