マネジメント

労働政策など、人と組織に関する研究を行うリクルートワークス研究所で所長を務める大久保幸夫氏。多くの人事担当者と接してきた大久保氏は、現在の人手不足には偏りがあるとしながらも、バブル期やリーマンショック前などにはない、人材確保における「深刻さ」があると認める。この問題を経営者はどのように受け止め、対処していくべきかを聞いた。

大久保幸夫(おおくぼ・ゆきお) 1983年一橋大学経済学部卒業。同年にリクルート入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て、99年リクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2010年から2年間、内閣府参与を兼任。11年専門役員就任。12年より人材サービス産業協議会理事を兼任。著書に『マネージャーのための人材育成スキル』『会社を強くする人材育成戦略』(日本経済新聞出版社)など。

大久保幸夫(おおくぼ・ゆきお)
1983年一橋大学経済学部卒業。同年にリクルート入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て、99年リクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2010年から2年間、内閣府参与を兼任。11年専門役員就任。12年より人材サービス産業協議会理事を兼任。著書に『マネージャーのための人材育成スキル』『会社を強くする人材育成戦略』(日本経済新聞出版社)など。

収益を上げる機会を損失する深刻な事態と語る大久保幸夫氏

-- 厚生労働省が6月に発表した5月の有効求人倍率が1・09倍と、バブル崩壊直後の1992年6月に記録した1・10倍以来の水準でした。企業からも人手が足りないという声が聞こえてきます。

大久保 もちろん、すべての企業が人手不足ということではありません。必要としている人材を確保できていないと答える企業は全体の3割ほどと偏りがあり、人材不足に悩む企業の一部が深刻な状況に陥っているというのが実情です。

-- なぜこのように人手不足に注目が集まる状態に至ったのでしょうか。

大久保 ポイントは2つあります。1つ目は、今までの人手不足の時よりも、パートタイマー不足が特徴的です。年を追うごとにサービス業の比率が高くなり、パートタイマーに依存している業種の比率が高くなっています。そこにおいてパートタイマーが不足している。この状況が、より深刻度を増しています。

 もうひとつは、バブル期やリーマンショック前は、企業が成長を見据えて積極的な事業計画を立て、それに基づき必要な人材を採用していました。現在は先を見据えた人材確保よりも、明日必要な人手の確保ができないということに問題があります。同じような有効求人倍率であっても、今日の状態のほうがより切迫感があり、ダメージも大きいのです。

-- 従業員が足りずに店を開けられない、仕事の受注があっても人手が足りずに受けられないという状況です。

大久保 収益を上げる機会を損失し、会社の経営に対して大きなインパクトを与えています。例えば、建設業も受注が受けられない状況にあります。これは、建設業以外の会社が事業を起こすために新しい拠点を作りたくても叶わないわけですから、建設業以外の業種に影響が及んでいるということです。そういう経済に対してネガティブな影響が出るレベルに達しており、深刻さが現れています。

-- 深刻な状況に陥らないために必要なことはありますか。

大久保 人材マネジメントの問題に対して早い段階で解決へと動けば、多少いろんなやり方があります。同業他社が確保のために手を打つ中で、後手を踏んだところは人材を確保できません。解決できないまま、今ある従業員の労働時間を長くしたことで、仕事の負荷がかかって退職に追い込み、ブラック企業と評されるというような悪循環ができてしまうのです。

 しかし、この状況に陥るまでには、必ず兆候があるはずです。従業員たちが不満を持ち、労働環境が劣悪になり始めているという時に、経営者がそれに向き合い、対策を講じれば、事業に影響を与えない範囲にとどめられると思います。

大久保幸夫氏は語る いかに離職を防ぐかが鍵に

-- 処遇を上げて対策する企業や、非正規雇用の従業員を正社員化する企業も出てきました。

大久保 人手不足の場合、人を採用できないだけでは問題になりませんが、同時に離職率が上がると企業に与えるダメージは大きくなります。せめて離職率だけでも抑えれば乗り越えられる可能性があります。よって、離職に歯止めをかける対策は非常に重要です。

 処遇を上げれば、当面の人材を確保できる場合もありますが、若年層は賃金に対する感度は昔より下がっています。時給を上げようとしても、「時給が高くても休みもなく辛い思いをするぐらいなら、働きたくない」と考える若者が多いのです。だから、実際には時給アップでできることは限られています。

 人員が足りない中で無理して採用を進めると、今いる従業員には「新人に教える」という負担が増えます。その入れ替わりを抑えて、安定させたいという時の秘策が、地域限定社員化です。特にサービス業は繁閑の差が激しく、それを調整する社員に負担がかかりやすい構造があります。そこで、社員化は有効な手立てです。また人気業種の求人も増えるので、もともと人気のない業種からの労働力流出を避ける対策にもなります。

-- 正社員化といった処遇改善だけでなく、業務内容や組織を整理して少人数の人材でより効率良く仕事をすることで改善を図る策も必要です。

大久保 それにはトップを含めた組織のマネジメント力が必要となります。結局、人手不足の問題も突き詰めれば根源的な問題に行き着きます。1つは人材のマネジメントを整えるということ、もう1つは生産性を良くするということなのです。

 人手不足の時は、会社を良くするには一番いい時期です。業績の良い会社は景気が上向きの時に生産性を上げる仕組みを作るほか、処遇の改善、社員にかかる制度の整備、組織改編といった組織強化の工夫に投資しています。この時行った対策が、その後景気が悪くなったとしても非常に良い働きをする場合があります。人手不足の時にとる行動が、企業にとって分かれ道になります。

20140805_Tokushu_2_02y-- 根源的な改善策として挙げられた生産性の改善に、良い手立てはありますか。

大久保 生産性については20年間言われ続けていますが、まだITで解決できるところはあります。サービス業でもフル活用されてないですし、IT化の投資も、この時期には必要ではないでしょうか。

 女性の労働力を活用するというのも、良い方向に転換させる例として代表的なものです。シニア層の労働力活用もありますが、これには工夫が必要になります。例えば60代の人は体力の問題をはじめ、今までどおりの仕事の手順で働くのは厳しいという場合があります。仕事の組み直しや、設備投資が伴うケースがあるのです。外国人労働力を活用する機運がまだ広がっていませんが、活用する余地が残されています。女性やシニア、外国人労働者は長期的に考え、今後の人口減と高齢化を見据えて取り組む必要性があります。短時間勤務を可能にする、シフトを工夫するといったことを行うだけで、活用できる人材の幅が広がります。

大久保幸夫氏が危惧 マネジメント力のない「管理職相当職」

-- これらの労働力を活用するために必要となるマネジメントに関して問題点はありますか。

大久保 女性労働力の活用がうまく行っていない企業に関しては、特にマネジメントができていない場合が多いです。マネジメントを改善するだけで女性が戦力化する例は多くあります。

 日本の場合は管理職が必ずしもマネジメントのスキルを持っていません。いわば、「管理職相当職」という身分を表現しているだけなのです。業務の振り分けや部下のモチベーションを上げること、人事評価などを行うといったマネジメントの基本行動をトレーニングされていない。日本の管理職は、自分で仕事をする傍らにマネジメントしていますが、海外の管理職はマネジメント特化で、マネージャーと労働者とでは階層を分けています。

 こうしたマネジメントスキルの不足が結果的に「女性やシニアの労働力を扱うことが難しい」という話にすり替わってしまう。根本的なところで、日本の組織には欠点があると考えられます。

-- 管理職のマネジメント力を向上させるには。

大久保 まずは人材をうまく生かす人材を作ることが重要です。管理職に対してスキルトレーニングを行うだけでも改善されるはずです。

 先日、国の委員会で、「公務員の組織長には人を育てるという考え方はありません」と言われて驚かされました。つまり、管理職は部下に役割を分担するだけで、仕事を通じて勝手に育つと考えるようです。管理職に対して人を育てなさいというメッセージは強く発信されていない。それで良いはずはないと指摘してきましたが、恐らくそのような考えを持つ業種、企業は各地に根強く存在していると思います。

-- この人手不足時代に、経営者が持つべき姿勢はどのようなものでしょうか。

大久保 人材確保においてその企業に入りたいと思わせる魅力、価値を作ることは簡単にはできません。それは、企業の「山谷」を何度も乗り越えた先に初めて作られるものであり、直接の問題解決には結び付きません。

 経営者としてはまず、当面の人手不足問題に早急に、的確に、率先して対応することが必要です。好景気で営業機会は多いのですから、予算を投入してでも、自社が抱えるマネジメントと生産性の問題に対して解決に乗り出すことが必要でしょう。嵐が過ぎ去るのを待っていても遅いのです。

(聞き手=本誌・長谷川愛 写真=佐々木伸)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る