マネジメント

労働政策など、人と組織に関する研究を行うリクルートワークス研究所で所長を務める大久保幸夫氏。多くの人事担当者と接してきた大久保氏は、現在の人手不足には偏りがあるとしながらも、バブル期やリーマンショック前などにはない、人材確保における「深刻さ」があると認める。この問題を経営者はどのように受け止め、対処していくべきかを聞いた。

大久保幸夫(おおくぼ・ゆきお) 1983年一橋大学経済学部卒業。同年にリクルート入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て、99年リクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2010年から2年間、内閣府参与を兼任。11年専門役員就任。12年より人材サービス産業協議会理事を兼任。著書に『マネージャーのための人材育成スキル』『会社を強くする人材育成戦略』(日本経済新聞出版社)など。

大久保幸夫(おおくぼ・ゆきお)
1983年一橋大学経済学部卒業。同年にリクルート入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て、99年リクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2010年から2年間、内閣府参与を兼任。11年専門役員就任。12年より人材サービス産業協議会理事を兼任。著書に『マネージャーのための人材育成スキル』『会社を強くする人材育成戦略』(日本経済新聞出版社)など。

収益を上げる機会を損失する深刻な事態と語る大久保幸夫氏

-- 厚生労働省が6月に発表した5月の有効求人倍率が1・09倍と、バブル崩壊直後の1992年6月に記録した1・10倍以来の水準でした。企業からも人手が足りないという声が聞こえてきます。

大久保 もちろん、すべての企業が人手不足ということではありません。必要としている人材を確保できていないと答える企業は全体の3割ほどと偏りがあり、人材不足に悩む企業の一部が深刻な状況に陥っているというのが実情です。

-- なぜこのように人手不足に注目が集まる状態に至ったのでしょうか。

大久保 ポイントは2つあります。1つ目は、今までの人手不足の時よりも、パートタイマー不足が特徴的です。年を追うごとにサービス業の比率が高くなり、パートタイマーに依存している業種の比率が高くなっています。そこにおいてパートタイマーが不足している。この状況が、より深刻度を増しています。

 もうひとつは、バブル期やリーマンショック前は、企業が成長を見据えて積極的な事業計画を立て、それに基づき必要な人材を採用していました。現在は先を見据えた人材確保よりも、明日必要な人手の確保ができないということに問題があります。同じような有効求人倍率であっても、今日の状態のほうがより切迫感があり、ダメージも大きいのです。

-- 従業員が足りずに店を開けられない、仕事の受注があっても人手が足りずに受けられないという状況です。

大久保 収益を上げる機会を損失し、会社の経営に対して大きなインパクトを与えています。例えば、建設業も受注が受けられない状況にあります。これは、建設業以外の会社が事業を起こすために新しい拠点を作りたくても叶わないわけですから、建設業以外の業種に影響が及んでいるということです。そういう経済に対してネガティブな影響が出るレベルに達しており、深刻さが現れています。

-- 深刻な状況に陥らないために必要なことはありますか。

大久保 人材マネジメントの問題に対して早い段階で解決へと動けば、多少いろんなやり方があります。同業他社が確保のために手を打つ中で、後手を踏んだところは人材を確保できません。解決できないまま、今ある従業員の労働時間を長くしたことで、仕事の負荷がかかって退職に追い込み、ブラック企業と評されるというような悪循環ができてしまうのです。

 しかし、この状況に陥るまでには、必ず兆候があるはずです。従業員たちが不満を持ち、労働環境が劣悪になり始めているという時に、経営者がそれに向き合い、対策を講じれば、事業に影響を与えない範囲にとどめられると思います。

大久保幸夫氏は語る いかに離職を防ぐかが鍵に

-- 処遇を上げて対策する企業や、非正規雇用の従業員を正社員化する企業も出てきました。

大久保 人手不足の場合、人を採用できないだけでは問題になりませんが、同時に離職率が上がると企業に与えるダメージは大きくなります。せめて離職率だけでも抑えれば乗り越えられる可能性があります。よって、離職に歯止めをかける対策は非常に重要です。

 処遇を上げれば、当面の人材を確保できる場合もありますが、若年層は賃金に対する感度は昔より下がっています。時給を上げようとしても、「時給が高くても休みもなく辛い思いをするぐらいなら、働きたくない」と考える若者が多いのです。だから、実際には時給アップでできることは限られています。

 人員が足りない中で無理して採用を進めると、今いる従業員には「新人に教える」という負担が増えます。その入れ替わりを抑えて、安定させたいという時の秘策が、地域限定社員化です。特にサービス業は繁閑の差が激しく、それを調整する社員に負担がかかりやすい構造があります。そこで、社員化は有効な手立てです。また人気業種の求人も増えるので、もともと人気のない業種からの労働力流出を避ける対策にもなります。

-- 正社員化といった処遇改善だけでなく、業務内容や組織を整理して少人数の人材でより効率良く仕事をすることで改善を図る策も必要です。

大久保 それにはトップを含めた組織のマネジメント力が必要となります。結局、人手不足の問題も突き詰めれば根源的な問題に行き着きます。1つは人材のマネジメントを整えるということ、もう1つは生産性を良くするということなのです。

 人手不足の時は、会社を良くするには一番いい時期です。業績の良い会社は景気が上向きの時に生産性を上げる仕組みを作るほか、処遇の改善、社員にかかる制度の整備、組織改編といった組織強化の工夫に投資しています。この時行った対策が、その後景気が悪くなったとしても非常に良い働きをする場合があります。人手不足の時にとる行動が、企業にとって分かれ道になります。

20140805_Tokushu_2_02y-- 根源的な改善策として挙げられた生産性の改善に、良い手立てはありますか。

大久保 生産性については20年間言われ続けていますが、まだITで解決できるところはあります。サービス業でもフル活用されてないですし、IT化の投資も、この時期には必要ではないでしょうか。

 女性の労働力を活用するというのも、良い方向に転換させる例として代表的なものです。シニア層の労働力活用もありますが、これには工夫が必要になります。例えば60代の人は体力の問題をはじめ、今までどおりの仕事の手順で働くのは厳しいという場合があります。仕事の組み直しや、設備投資が伴うケースがあるのです。外国人労働力を活用する機運がまだ広がっていませんが、活用する余地が残されています。女性やシニア、外国人労働者は長期的に考え、今後の人口減と高齢化を見据えて取り組む必要性があります。短時間勤務を可能にする、シフトを工夫するといったことを行うだけで、活用できる人材の幅が広がります。

大久保幸夫氏が危惧 マネジメント力のない「管理職相当職」

-- これらの労働力を活用するために必要となるマネジメントに関して問題点はありますか。

大久保 女性労働力の活用がうまく行っていない企業に関しては、特にマネジメントができていない場合が多いです。マネジメントを改善するだけで女性が戦力化する例は多くあります。

 日本の場合は管理職が必ずしもマネジメントのスキルを持っていません。いわば、「管理職相当職」という身分を表現しているだけなのです。業務の振り分けや部下のモチベーションを上げること、人事評価などを行うといったマネジメントの基本行動をトレーニングされていない。日本の管理職は、自分で仕事をする傍らにマネジメントしていますが、海外の管理職はマネジメント特化で、マネージャーと労働者とでは階層を分けています。

 こうしたマネジメントスキルの不足が結果的に「女性やシニアの労働力を扱うことが難しい」という話にすり替わってしまう。根本的なところで、日本の組織には欠点があると考えられます。

-- 管理職のマネジメント力を向上させるには。

大久保 まずは人材をうまく生かす人材を作ることが重要です。管理職に対してスキルトレーニングを行うだけでも改善されるはずです。

 先日、国の委員会で、「公務員の組織長には人を育てるという考え方はありません」と言われて驚かされました。つまり、管理職は部下に役割を分担するだけで、仕事を通じて勝手に育つと考えるようです。管理職に対して人を育てなさいというメッセージは強く発信されていない。それで良いはずはないと指摘してきましたが、恐らくそのような考えを持つ業種、企業は各地に根強く存在していると思います。

-- この人手不足時代に、経営者が持つべき姿勢はどのようなものでしょうか。

大久保 人材確保においてその企業に入りたいと思わせる魅力、価値を作ることは簡単にはできません。それは、企業の「山谷」を何度も乗り越えた先に初めて作られるものであり、直接の問題解決には結び付きません。

 経営者としてはまず、当面の人手不足問題に早急に、的確に、率先して対応することが必要です。好景気で営業機会は多いのですから、予算を投入してでも、自社が抱えるマネジメントと生産性の問題に対して解決に乗り出すことが必要でしょう。嵐が過ぎ去るのを待っていても遅いのです。

(聞き手=本誌・長谷川愛 写真=佐々木伸)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る