文化・ライフ

 政府は6月24日、「骨太の方針」とともに規制改革実施計画を閣議決定した。アベノミクスの要となる規制改革の目玉の1つが医療における「岩盤規制」の切り崩し。自由診療が進めば、わが国が誇る国民皆保険の崩壊が始まる懸念もある。

“混合診療拡大”の波紋 「例外」規定で徐々に切り崩し

 「困難な病気と闘っている患者の方々にとって、病気克服の励みになると確信しています」。安倍晋三首相は混合診療の拡大が患者のためになり、成長戦略のカギにもなるとした。

安倍首相

混合診療拡大をもくろむ安倍首相

 政府の規制改革会議(岡素之議長・住友商事相談役)が6月13日に安倍晋三首相に提出した第二次規制改革答申に盛り込まれた医療改革の中で、混合診療を進める「患者申出療養」制度導入を「医師が治療の内容や安全性・有効性などを患者に対して十分説明し、患者が理解、納得した上で申し出ることを前提とする」と規定した。

 混合診療の拡大につながる同制度は、国内未承認医薬品を自由診療で早期に使えるようになる。健保や国保などの公的な健康保険が効く保険診療と、適用されない自由診療を併用しても、医療費の自己負担は自由診療部分のみとする。次期通常国会に提出され、2015年度にも始まる見通しだ。

 しかし、日本医師会は「自由診療でないと患者を救えない治療は現時点では非常に少ない」(横倉義武会長)と反対の姿勢を崩していない。「使いたいけれど使えないもの(医薬品や医療機器)はそんなにない」(日本病院会の堺常雄会長)。両会長とも制度自体は認めるものの、医療者側からは実際にどのようなニーズがあるのかについて未知数と見る。

 日本の医療保険制度の大原則は、病気やけがに対して必要な治療をまるごと提供するということ。根底にあるのは生存権を保障した憲法25条だ。国と保険者が、国民に必要十分な医療を提供する責任を負うのが国民皆保険制度。国民すべてが加入し、収入に応じて保険料を納め、病気をしたときは少しの負担で治療を受けられる。

 混合診療の導入のきっかけとなったのは01年の米国の「年次改革要望書」だ。小泉政権で総合規制改革会議は同年12月に混合診療の全面解禁を求める答申を行った。しかし、厚生労働省と医療団体はこぞって反対、国会で「皆保険制度は守る」という決議で日の目を見なかった。

 第2ラウンドは04年4月に始まった。名称が変わった規制改革・民間開放推進会議は、規制改革の目玉として再び混合診療解禁を提言した。そして06年6月、小泉政権の下で、「混合診療の禁止」の「例外」を設ける医療制度改革が成立した。

 「例外」とは特定療養費で、事実上の混合診療の部分解禁だった。特定療養費として認められているものの1つが「高度先進医療」といわれるもの。例えば、心臓や肝臓の移植は「特殊な先進医療」として保険が効かないが、大学病院など先進医療を行う一部の病院ではできることは保険で行い、後は患者の負担か大学の研究費で治療を行っている。事実上の「混合診療」だが、例外として認められている。

 特定療養費には、もう1つある。患者の選択で自費との併用を認めるというものだ。歯科医にかかると保険が効く材料と効かない材料があるように、効かない材料でも保険診療の中で差額を払って使って良いことになっている。

 さらに、02年からは入院が180日を超えると、保険から病院に支払われる入院基本料が15%カットされた分を特定療養費(差額)として徴収していいということになった。患者が自分で選択できない内容まで自費負担となった。

“混合診療拡大”の波紋 保険会社にビジネスチャンス到来か

 解禁反対派は「お値段しだいで、松竹梅の三段階の手術方法がありますが、どれを選択しますか? などという話が起きかねない。米国では既にそうなっている」と言う。自由診療が基本の米国では、富裕層は高額の医療費に備えて保険会社と契約している。また、「いくら金が掛かるのか分からない保険外の治療がどんどん増えると、株式会社が優秀な医者と高い機械を集めて病院を開き、米国で開発された先進医療で『お金は掛かるけれど治りますよ』と宣伝するということも起きる。金持ちはそこに行って治せるけど、お金がないとあきらめるしかない」と話す。

 これに対し、規制改革会議の健康・医療ワーキング・グループ座長の翁百合・日本総合研究所副理事長は、「現行の評価療養で救えない患者を救えるようにしようというもの」と反論する。また、「所得の低い人にもメリットがある。先進医療部分は自己負担だが、そのデータが保険適用の増加に結び付く」と弱者救済にもつながるという。

 しかし、がん患者のうち、公的医療保険ではカバーされていない医療の利用者は半数近くを占め、その医療費は総額1兆円弱と推計されている。国民の2人に1人が罹患するがんの治療薬すべてを公的保険の対象とすれば保険財政は破綻する。民間保険で対応するしかなく、生命保険会社や損害保険会社は「大きなビジネスチャンス」(佐藤義雄生命保険協会会長・住友生命保険会長)と意気込む。

 民間医療保険市場は50兆円にも及ぶ総医療費の2・4%にすぎない。混合診療が進めば市場は急拡大することは間違いないだろう。

(文=ジャーナリスト/沖田 健)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る