テクノロジー

原発に関して複雑な議論を避けたがる政府

 

原発建設を凍結した台湾の事例

 4月26日と28日の日本経済新聞に台湾の原発に関する記事が掲載されました。

 26日の記事は、台湾の馬英九総統が建設中の第4原子力発電所の稼働の是非を問う住民投票を先送りにする考えを示したという記事であり、28日の記事は、与党がその原発の建設を凍結する方針を発表したという記事でした。

 つまり、野党や住民から建設反対の声が強まったので、取りあえず、凍結という選択をしたようです。

 この結論自体もさることながら、この結論に至ったプロセスが重要です。

 これらの記事だけを読むと、政府側が民意の雰囲気を斟酌して、結論を出したようですが、本当の意味で、民意を問うたのかという点についてははっきりしません。

 住民投票をしなかったという意味では、民意がはっきりと示されることを避けた感じすらあります。

 原発については、世界中で、さまざまな議論があり、国によっては、国民投票を実施したり、東日本大震災直後のドイツでは、倫理委員会という有識者の会議において議論し、それを踏まえて、首相が脱原発を判断したりしました。

原発・エネルギー政策に関する国民的議論のたたき台

 日本では、震災後、エネルギー政策を白紙から見直すことになり、その見直した結果をエネルギー環境戦略という形で取りまとめることとしました。

 私自身、その取りまとめに携わったのですが、その際、「国民的議論」として、これまでにない政策立案のプロセスを実施しました。

 短い時間の中で、パブリックコメントのすべての原文を公表し、外部から、政府の分析が正しかったかどうかを確認できるようにしました。また、討論型世論調査という新しい手法も採用しました。

 その他、マスコミでの世論調査の結果や11地域での意見聴取会でのアンケートなども集計・分析しました。さらには、それらの分析結果を検討するための有識者会議を立ち上げ、その結果の解釈などについて議論してもらい、政府が恣意的な結論を導き出すことにならないようにしました。

 もちろん、この国民的議論のやり方について、多くの批判もありました。それらの批判も踏まえると、改善の余地はあると考えています。

 ただ、重要な政策課題について、国民的な議論を行い、民意を確認するための新しい手法として、1つのたたき台は作ったつもりです。

 もちろん、この国民的議論から導き出された民意に対して、政府は異なる決定を下すこともできます。ただ、その場合には、なぜ異なる結論を選択したかについて明確な説明責任を負います。そして、その説明と異なる状況が生じた際には、その結論についても見直すことがはっきりします。

 それに対し、形式的なパブリックコメントをしただけで、結論を出してしまった場合は、どうしてその結論に至ったかが不透明であり、その後事情が変わった場合、どうすべきかについて建設的な議論ができません。

 政策決定のプロセスは、政策課題が複雑になればなるほど、多様な意見があり、議論が盛んになればなるほど、1つの結論を得ることは難しくなります。したがって、結論を出さないといけない政府は、できる限り議論を避けたほうが容易に意見をまとめられると思いがちです。

 

原発議論の正当性確保のためには国民が納得するプロセスが必要

 

 使用済核燃料の扱いについての議論は、原発を使うかどうか以上に難しい問題です。この問題は、Not In My BackYard(NIMBY)「自分の裏庭には来ないで」と言われる問題で、施設が必要なことは分かっているけど、自分の近くではないところに持っていってほしいというものの典型であり、結論を出すことは至難の業と言えるでしょう。

 しかし、既に使用済核燃料は発生しており、それを再処理しようがしまいが、高レベル放射性廃棄物は存在している以上、その処理をどうするかという課題は、原発に賛成か反対かにかかわらず、取り組まなければならない問題なのです。

オンカロ

フィンランドで使用済み核燃料最終処分場の予定地となった「オンカロ」

 世界では、ドイツ、米国、英国で、処分場の場所が決まりそうになりながら、最後の段階で反対され、振り出しに戻ったのに対し、フィンランドとスウェーデンでは地中処分の場所を決定しています。

 それが可能となった大きな要因は、政府に対する信頼度の高さであり、その背景には、政策決定のプロセスへの理解があるからではないかと思います。

 この核廃棄物の処理の問題も含めた、エネルギーに関する問題については、政府は、できる限り多くの国民が納得できるような丁寧な決定プロセスを経ていくことが、信頼を勝ち得る方法であり、適切な結論を得るための最も近道ではないでしょうか。

 こうして到達した結論こそが、将来にわたって正当性を持つ結論となり得るものでしょう。

 

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年6月号
[特集] 進化するリーダーシップ
  • ・あなたは北風、それとも太陽?
  • ・小路明善(アサヒグループホールディングス社長兼CEO)
  • ・鈴木貴子(エステー社長)
  • ・千葉光太郎(ジャパン マリンユナイテッド社長)
  • ・二木謙一(國學院大學名誉教授)
[Special Interview]

 中村邦晴(住友商事会長)

 「正々堂々と向き合えば、仕事は人を幸せにする」

[NEWS REPORT]

◆パイオニアに続きJDIも 中国に買われる日本企業の悲哀

◆会社はだれのものなのか サイボウズと株主がつくる“共犯関係”

◆24時間営業はどこへ行く コンビニ業界未来予想図

◆トヨタとホンダが手を組み参戦 「MaaS戦争」いよいよ勃発

[特集2]ブランド戦略 新時代

 技術やデザインだけではない ブランドとは商品の哲学だ

ページ上部へ戻る