テクノロジー

「金の卵発掘プロジェクト」とは将来の日本経済を背負って立つ人材を発掘し、日本を元気にするためのビジネスプランコンテスト。審査委員特別賞を受賞した3社が、受賞後どんな成長を遂げているのか。前回に引き続き、座談会形式で紹介する。

>>「金の卵発掘プロジェクト」フェイスブックページはこちら

木村光希

おくりびとアカデミー代表取締役
木村光希(きむら・こうき)
1988年生まれ。北海道出身。2011年札幌大学経営学部卒業、同年NK北海道入社。12年Noyukに移籍、13年株式会社おくりびとアカデミー設立、代表取締役となる。同年一般社団法人日本納棺士技能協会設立、代表理事となる。

IT化を促進、海外展開も視野に

-- 木村社長は納棺士の育成という独特の世界で事業に取り組んでいますが、ITの活用についての考えは。

木村 アカデミーで行っている座学の部分をオンライン配信できるようにしたいんです。ウチで展開している社団法人に加盟している納棺士たちに対して効率的に知識の伝達ができるかなと。

川多 われわれは各地の事業者にライセンス供与して展開していきますが、その際、ネット配信を利用したり、スカイプで現場に指示を出したりできればと考えています。海外展開も考えているので、IT活用は積極的に進めていきたいですね。

石井 川多さんのところは海外進出を考えているなら、英語でサービスの特徴を説明したものを、動画サイトにアップしたほうがいいかもしれませんね。

川多 つい先日も、シンガポールや中国向けに、英語で資料を作ってほしいという要望が来ました。

石井 ある程度のレベルなら、クラウドソーシングでもできますしね。ただ、ウチも最初は外部のシステムを使っていましたが、全然やりたいことができなかったので結局は自社開発しました。

石井貴基

葵社長
石井貴基(いしい・たかき)
1984年生まれ。北海道出身。福島大学経済学部卒業後、リクルートに入社。ソニー生命保険勤務を経て、2012年3月株式会社葵を創業し、誰でも無料で学べる中学生向けオンライン学習塾アオイゼミをリリース。

共通の地元、北海道への思い

-- 3人とも北海道出身ということですが、地元への思いみたいなものはありますか。

石井 北海道民はいい意味で楽観的な人が多く、しがらみがあまりないので、いろいろチャレンジしやすいかなと。一方で、東京と比べて情報格差があったり、ヒト、モノ、カネのリソースが少なかったりする部分はある気がします。

木村 私は2年前まで北海道にいたので、ゆくゆくは北海道で仕事したいという望みはあります。

川多 私は地元というより、やはり海外に進出したいという気持ちのほうが強いですね。北海道には開拓者精神がもともとありましたが、今はそうではなくなっている気がします。世界の中でも建築分野は