文化・ライフ

東京五輪の会場プラン見直しが相次ぐ

 ここにきて2020年東京オリンピック・パラリンピックで実施される競技会場の見直し案が相次いでいる。

 バスケットボールとバドミントン会場の「夢の島ユースプラザ」、カヌーのスプリントが行われる「海の森水上競技場」、カヌーのスラロームが予定されている「葛西臨海公園」、そして水球会場の「ウォーターポロアリーナ」……。

 見直しの理由を、舛添要一都知事は、こう述べている。

〈財政の制約、環境との両立、選手にとっての利便性、後利用の採算性などについて、厳しい視点から検討し、すべての建設計画について見直すことにした。税金という形で費用を払うのは都民であるから、納得しないような高コストでは話にならない〉(『現代ビジネス』2014年6月17日)

 招致段階で1538億円と見積もられていた施設整備費は、3800億円に膨らむ見込み。いくら人件費や建築資材費が高騰したとはいっても、当初の2・5倍というのは異常だ。見直しは当然だろう。

 これにより、「競技会場の85%を選手村から半径8キロ圏内に集中させる」とのプレゼンテーションでの公約を守るのは困難になってきた。

 一例を挙げれば、バスケットボールの代替施設として候補に挙るさいたま市の「さいたまスーパーアリーナ」。ここは選手村予定地から約40キロも離れている。

 開催都市決定後に招致計画を変更するのは珍しいことではない。前回のロンドン五輪でもバドミントンや新体操の会場は経費削減のため当初のプランを変更している。

 大会組織委員会との会議のため、準備状況の視察も兼ねて6月に来日した国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーは「コンセプトは重要だが、競技会場の持続性や予算も重要」とプランの見直しに理解を示した。

東京五輪後、会場は廃墟になるのか?

 重要なのは、むしろ20年以降だ。オリンピック・バラリンピックは成功した。しかし、巨費を投じた施設は〝廃墟〟となり、次世代にはツケだけが残された--これでは意味がない。

 IOCが錦の御旗とする「レガシー」とは、ハードにしろソフトにしろ、後世に役立つものでなければならない。

 2年後のリオデジャネイロ五輪で112年ぶりに正式競技として復活するゴルフにおいても見直しの声が上がっている。東京五輪では埼玉県川越市にある霞ヶ関カンツリー倶楽部が会場として予定されている。

 これを都内の臨海部にある若洲のコースに変えるべきだと主張しているのが、ゴルフ解説者のタケ小山である。「霞ヶ関ではゴルフ界全体を考えた時に五輪後のメリットが少ない」と言い、こう続ける。

 「前回の1964年の東京五輪後、選手たちが試合をした体育館やプールなどの施設は皆が使えました。でも、霞ヶ関だと、ここでプレーするには会員になる必要がある。誰にでも開かれたコースではないんです。ゴルフファンの大半は中に入ることもできずに一生を終えてしまうのではないでしょうか。ゴルフに携わっている人間のひとりとして、後世に財産を残すにはどうすればいいか。その観点からも、誰でも利用可能な若洲で競技を実施すべきだと考えます」

 距離的な問題もある。

 「霞ヶ関のコースは都心からは50キロも離れています。選手は朝早くからプレーしなくてはいけない可能性もあるのに移動が大変です。立地面を考えても真夏の暑い時期に内陸部の川越でゴルフをしたら、選手は熱中症になってしまいますよ。臨海部で海風の吹く若洲のほうが選手のコンディション面からも適しています」

 仮に若洲に変更するとして、整備費など出費がかさむことはないのか。

 「コース自体は現状でも十分、競技は可能です。ただ、会場の基準として、36名が1度に打てる360ヤードの練習場を備えることが条件になっていますから、それさえクリアすればいい。練習場を設けるだけなら、莫大な資金は掛からないはず」

東京五輪のコンセプトを踏まえた会場計画を

 東京オリンピック・パラリンピックのコンセプトは「成熟」である。前回の「成長」とは趣を異にする。そこを踏まえた計画でなければならない。

新国立競技場の完成予想図

建設計画をめぐって議論が起きている新国立競技場の完成予想図(写真/時事)

 建設計画をめぐって議論が起きている新国立競技場を見てみよう。可動式の観客席や開閉式の屋根、天然芝を養生するための照明や送風機などが設置されるため、年間維持費は46億円にも上る見通し。これは現競技場の7倍以上だ。

 必要な施設は造らざるを得ないとして、低成長の時代、持続可能性を担保するには、運用計画に対し、今以上に厳しい視線が向けられなければならない。

 大会組織委員会が競技会場や日程を盛り込んだ基本計画をIOCに提出するのは来年の2月である。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る