マネジメント

 「企業は人なり」。弊誌の掲げてきたテーマである。時代がどんなに変わろうとも、組織の在り方、人材の活用など、経営はリーダーの手腕で決まる。対談は、大脳生理学の研究者でもあった武田豊氏と、当時、まだ若手ながら抜群の感性を持つ小林陽太郎氏の2人で行われた。(1985.8.13号)

武田 豊の考えるリーダーの条件とは

小林陽太郎

小林陽太郎(こばやし・ようたろう)
(1933〜)東京出身。富士フイルム入社後、富士ゼロックスに移る。社長、会長を務め、経済同友会代表幹事など財界でも活躍。国際派の経営者と知られる。現在は、国際大学理事長として活躍中。

小林 よく適材適所といいますでしょう。言葉でいうのは簡単ですが、ではどうやって人を見分けるのか。どちらかといえばこの男は、どこが不得手かなという具合に、長所よりも短所に目がいきやすい。リーダーとしては、やはり部下の長所を生かすことが大切だと思うんですが、その場合の態度、眼のつけどころというのは、非常に難しいですね。

武田 私も大脳生理学を勉強して26年になりますが、人間の問題というのは永遠で、クエスチョンマークばかりなんです。以前、時実利彦先生(東京大学名誉教授)とリーダーに欠くべからざる条件について話し合ったことがあったんです。

-- それはどういうものですか。

武田 順不同ですが、第一に健康体とした活力がないといけない。如何なる場合でも活力がなくてはダメですからね。次に強固な意志力がなくてはならない。ただ、これはちょっと説明が要るんです。

小林 といいますと……。

武田 一般的に、我慢とか忍耐だけが意志力と思われがちだが、それは一部にすぎないんです。いわゆる意欲、創造力、実行力などの〝陽の意志力〟と我慢強さ、忍耐、理性といった〝陰の意志力〟。この両方のバランスがとれてなくてはならない。

 それから責任感がないとまずい。というのも、人間はひとりで社会に生きているわけではない。次に知識力。これも単に記憶力がいいとかではない。それを土台にして、ある目標を設定し、クリエイションへともっていく知識力がないといけない。それから包容力。これも非常に重要な意味があるんです。

小林 どういったことでしょう。

武田 人間にはいろんな習性があり、特徴を持っている。その特徴を掛け算することにおいて、大きな発想の基がつくれるんです。例えば、A、B、Cといった全く違った要素を10組つくる。これを足し算すると55にしかならないが、あらゆる順列に掛け算すると300万組以上できる。だから漠然と人間の特徴を足し算するのではなく、思い切ったディスカッションをさせながらの掛け算的行動をさせるという、懐の深さがトップマネージャーには必要なんです。

 それから、人格に基づく説得力も大切です。「オヤジのいうことにはまいった。しょうがない」といったふうにね。

リーダーとして全人格的な包容力、説得力が必要な理由

武田豊

武田豊(たけだ・ゆたか)
(1914〜2004)宮城県出身。東京帝国大学卒業後、日本製鐵(現・新日鉄住金)に入社。秘書役時代は永野重雄氏を支え、その後新日鐵の社長、会長を務めた。大脳生理学の研究者と知られる一方、若い頃より弓道の世界でも名を馳せ、学生時代はインカレのチャンピオンにもなった。

小林 富士ゼロックスは合弁でしょう。一方では富士フイルムのいい点も採り入れているけど、いろいろな意味でアメリカ型のアプローチ、経営の影響を受けるんです。われわれはそれを無批判に受け入れているつもりはないけれど、数字とか業績でやろうということになる。だから包容力といっても、全人格的というよりは、押しつけの包容力になりがちなんです。今の武田さんのお話をうかがって感じるのは、イソップ物語の「北風と太陽」です。旅人のマントを脱がそうと競争する。あるべき姿の包容力、説得力というのは太陽だけれども、われわれは知らないうちに北風的になっている。人の長所を見抜いてマントを脱がせるということが、なかなかできない。今後、新製品の開発や営業ネットの拡大を図らなくてはならない。その時、会社の目標を掲げて、それに向かって社員に頑張ってもらうには、やはりリーダーとして全人格的な包容力、説得力が必要になるでしょうね。

武田 孫子の兵法はうまいこと言っているんです。それは「衆を治むること、寡を治むるごとくするには分数これなり」。つまり合理的な組織化をすることであるという。それから「衆を戦わしむること、寡を戦わしむるごとくするは形名これなり」とある。これはインフォメーション、コミュニケーションの軍型です。合理的組織化で、完璧でスピーディに相手に伝えることができるコミュニケーションが必要なんです。

-- ウ〜ン。なるほどねぇ。

武田 それから、これは人間にまつわる問題ですが、人間の幸福は何かという研究は昔からされてきた。例えばフランスのアランという哲人は『幸福論』の中で「意欲して創造することが人間の最高の幸福である」と言っている。やる気を起こして創造する、つくり出すことが最高の幸福というんです。ここが意欲の座であり、先ほどのリーダーの条件の座でもあるんです。

小林 ということは、後天性が強く、鍛えることが可能なわけですね。

武田 ええ。ですから、そうしたことを考えると、企業の中で小グループごとの自主管理活動などは、ピシャリと合うんです。小グループで目標を設定して、お互いの知識を掛け算し合って成果を生む。

-- そのためには、きちんとした目標設定が大事になりますね。

武田 創造というものは、偶然からは絶対に生まれない。目標設定がしっかりしていないとダメなんです。人間の脳の習性で、目標設定がなされると、次に思いをめぐらすという精神活動が出てくる。推理、連想、イマジネーションです。次に自分の知識と他人の知識の掛け算が始まる。これが思考活動あるいは思考工夫です。だからそういう雰囲気を社内に充満させなくてはいけないけど、それには小グループごとに目標設定をさせる自主管理活動があうんです。日本が戦後、産業が大きく伸びた理由のひとつは、地味だけどこれをやったからなんです。

小林 そうした柔軟な頭、ものの考え方を持つことによって、はじめて周囲の人間の長所も引き出せるんでしょうね。

小林陽太郎が経営者として大切にしてきたこととは

武田 「家貧しくして孔子出づ」と昔から言うけど、日本の産業のほとんどが戦争で灰となった。そこから精神的な活力で立ち上がってきた。私はこれを敢えて「心的資源」と言っているんです。日本は鉄鉱石の99%は輸入だし、石炭も90%は輸入です。資源は何もない。その国が1次、2次のオイルショックで一番立ち直りが早い。これは重要なことですよ。日本が資源に恵まれていない状況で、苦しんできたということは……。

-- 恵まれていないということが、日本にとってプラスだった。逆に恵まれていたということかもしれませんね。

武田 ですから、資源も何もないということを、どうみるかが問題なんです。陰々滅々と考えるのか、それとも明るく前向きに考えるかで、大きく差が出てくる。だから経営者がネアカなほうがいいというのも、ここにポイントがあるんです。ネアカといっても、ただ底抜けな漫才みたいな明るさでなく、苦労を苦労と思わない。ここが大切なんです。

対談の様子

「苦労を苦労と思わない、そこが大切なんです」 武田 豊
「信頼と公平を大切にしてきた」 小林陽太郎

小林 この前、アメリカのAT&Tのブラウン会長と初めてお会いしたんです。この人は情報産業の頂点に立っている人ですが、話を聞いていると感心させられます。業界の将来にお役にたちたいということもそうなんですが、何より謙虚なネアカさが伝わってくるんです。

-- 小林さんがこれまでの経験で経営者として大切にされてきたことはなんですか。

小林 それは信頼と公平ですね。個人対個人でもそうですが、会社の中の役員と社員の関係、私どもとお客さまの関係、そして競争企業との関係もそうだと思うんです。それをどうやって徹底していくか。難しいのは、人に要求するより、自分自身がやっているかどうかです。富士ゼロックスの創業の理念というのは、実質創業者だったウィルソンの哲学が今も生きている。それは一言でいうならエクセレントです。本当にギリギリまで秀でたもの、よりよいものを追求しようということ。

-- 真実の追求、探究ですね。

小林 ええ。ですから決していい加減な妥協は許さない。単にいい商品ということではなくて、また企業が単に伸びるということでもない。企業のあり方ということを常に背景としてもっていたんです。

武田 こうして小林さんの話をうかがっていると、わが意を得たりという点が多々ありますね。

小林 こちらのほうこそ武田さんに教えられるところが多いです。今後ともよろしくお願いします。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る