文化・ライフ

 ソーシャルゲーム事業などで飛躍したディー・エヌ・エーの創業者・南場智子さんをお迎えしました。同社は今年創業15年を迎え、新規事業の遺伝子検査サービス「MYCODE」がスタート予定。DeNAがDNA事業に進出と話題になっています。南場さんは2011年に社長を退き、昨年より取締役ファウンダーとして現場復帰。ますます活躍されています。今回は南場さんの幼少期の思い出話や女性の役割についてお聞きしました。

ディー・エヌ・エーの創業者・南場智子の負けず嫌いな性格

南場智子

南場智子(なんば・ともこ)
新潟市生まれ。1986年、津田塾大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。90年、ハーバード・ビジネス・スクールにてMBAを取得。99年にマッキンゼーを退社してディー・エヌ・エーを設立、社長に就任。2011年、社長兼CEOを退任し、取締役となる(現任)。著書に『不格好経営―チームDeNAの挑戦』(日本経済新聞出版社刊)。

佐藤 南場さんと初めてお会いした時に父親の話題で盛り上がりました。南場さんも絶対的な権力を持った厳しいお父さまのもとで育った少女時代でしたね。

南場 「お互い苦労しましたね」とお話したことを思い出します。

佐藤 頑固親父を持つと娘は大変です(笑)。最近はお父さまの調子はいかがですか。

南場 87歳になりましたが、元気に旅行に出掛けたりしています。野球は横浜DeNAベイスターズを応援してくれています。元気なのはありがたいのですが、今でも父は怖い存在ですから、接点はなるべく最小限にしています(笑)。

佐藤 穏便に過ごせるようにしているのですね。

南場 はい。常に姉と「父にどう言おうか」と作戦会議をしているんですよ。

佐藤 相変わらずの緊張感ですね。南場さんは、どのようなお子さんだったのですか。

南場 父の前では良い子に振る舞っていましたが、外では傍若無人な負けず嫌いな子どもでした。学校でも先生の言うことを聞かず、よく怒られました。ただ文章を書くことが好きで、中学時代はフィンランドにペンフレンドを見つけて文通していました。ピアノの演奏を録音したカセットテープを送ったりして、楽しかったです。

佐藤 すてきな思い出ですね。厳格なお父さまの意向に反して東京の大学に進学。マッキンゼーを経て、ディー・エヌ・エーを創業された当初は、事業が軌道に乗らず苦労されたお話は著書にありましたね。お父さまから励ましの手紙が届いたエピソードには感動しました。

南場 父は厳しかったですが、起業して初めて「父に守られていたのだ」と気付かされました。当社には学生時代にアルバイトをして家族を支えたというたくましい社員がいます。彼らの強さには敵わないと思うことがあります。

佐藤 私も、父の存在が大きな安心感をもたらしていたのだと、父を失ってから分かりました。

南場 大人になるまでは、人権すら認められていないと思っていましたからね。

南場智子が考える美しく尊い女性らしい役割とは

対談の様子佐藤 戦後のめまぐるしい時代を生きてきた私たちの親の世代は、男性社会でした。1985年に男女雇用機会均等法ができて以降、女性の活躍の場が広がるなど、世の中は大きく変化してきました。

南場 男女関係なく平等に働けることは素晴らしいですが、女性の労働力活用や役員登用ばかりが重要視され、家庭のために頑張る女性が軽んじられてはいけません。私はがむしゃらに働いてきましたが、子どもがいれば間違いなく子育てに専念していたと思います。働く人生も面白いですが、私の母のように家庭を支えた人生も女性らしく、美しくて尊いものです。女性にしかできない役割に感謝し、評価することも大事です。家庭と仕事のバランスは、個人や家庭に意思決定を委ねるべきです。

佐藤 一方で一度家庭に入ると再就職が難しいといった例もあります。企業や社会が働きたい人を応援することが必要ですね。

南場 希望に合う選択肢を整えることは利益を出している企業こそが率先して取り組まなければいけません。男女関係なく、自分の人生に合わせた働き方の選択ができるようにしたいのです。

ディー・エヌ・エーは転換期、遺伝子検査サービスも開始

佐藤 ディー・エヌ・エーは今年で創業15年を迎えられました。

南場 わが社は今転換期で苦労もありますが、面白い時期です。主力のゲーム事業だけでなく、ヘルスケア事業やマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」のようなコンテンツ事業に参入し、会社全体で挑戦しています。

佐藤 ヘルスケア事業については驚きました。遺伝子を解析するサービスなのですよね。

南場 MYCODEというサービスで、申し込みをいただくと専用のキットを送付しますので、唾液を採取して返送してもらえば解析できます。学術面は東京大学医科学研究所がサポートしています。自分の遺伝子を解析した「設計図」には、必ず気付きがあって、「この設計図だと雨漏りしやすいですよ」と言われると補強しますよね。検査結果に基づき、病気になる前に行動に移せることは重要です。

夫の病気が遺伝子検査サービスの原点

佐藤 なぜこの事業への参入を決めたのですか。

南場 2011年に夫ががんを発症し、2年間の闘病生活を見守りました。その生活が落ち着いた頃、「なぜ病気にしてしまったのか、発症前にできることはなかったのか」と考えました。私たち夫婦は外食ばかりで睡眠時間も3〜4時間、運動もしない生活で、不健康だと分かりつつ習慣を変えませんでした。それが突然、病気として返ってきてとても後悔したんです。その時の思いが事業参入の原点です。

対談の様子 また、国民医療費も膨れ上がっています。発症後に治療する仕組みではなく、病気になる前にケアできれば医療費を抑えられます。このような社会問題は行政や政府だけではなく、民間企業なども共に解決していくべきと思い、職場復帰と同時に事業を考えました。

佐藤 ご自身の体験を無駄になさらず社会貢献につなげるのは素晴らしいですね。

南場 私は事業として永続する仕組みを考えることが好きなのです。医療や教育など社会の課題は多いですが、解決するためには事業が絡まなければ勢いもつきません。かかわった人が得する形ならパワーを持って、自律して回っていきます。そういう意味で、社会善に事業を絡めることに関心があります。

佐藤 そのような南場さんの姿勢を手本とする若い経営者も多いと思います。

南場 私を先輩のように思っていただくことはありがたいですが、若い経営者は私たちとは見えている世界が違います。のびのびと、世代の違う人の言葉に惑わされず、ユーザーの審判を指針に進んでほしいです。


対談を終えて

対談を終えて「似ているわね!」と喜んでいただいた似顔絵と、渋谷の町並みを背景に素敵な写真が撮れました。復帰後、多忙なスケジュールをこなす南場さん。そのパワフルな姿は、同世代の女性経営者として刺激を受けました。創業15年のディー・エヌ・エー、そして南場さんのさまざまな挑戦に、これからも注目していきたいと思います。

 

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る