文化・ライフ

W杯で誤審防止に効果を発揮したGLT

 人間の目はごまかせても、科学の目は欺けない。これまでの大会に比べて〝誤審〟が減ったのは事実だろう。

 ドイツの4回目の優勝で幕を閉じたブラジルW杯。ピッチの〝影の主役〟は今大会から導入された「ゴールライン・テクノロジー(GLT)」だった。

 1試合における総得点の少ないサッカーにおいて、放った1本1本のシュートがゴールと認められるか否かは、そのまま勝敗に直結する。

 そこで微妙なシュートを判定するために導入されたのが、先のシステムだ。グループリーグE組第1節のフランス対ホンジュラス戦でGLTは早くも効果を発揮する。

 フランスが1対0とリードして迎えた後半3分、フランスのFWカリム・ベンゼマが放ったシュートは右ポストに当たってはね返った。

 さらには、それがホンジュラスのGKノエル・バジャダレスの左手に当たり、インゴールへとこぼれた。それをバジャダレスは左手で引き戻した。

 際どい判定だったが、主審は「ノーゴール」。ここで腕時計が振動した。受信機の表示を確認した主審は一転、ゴールを認めた。つまりGKのオウンゴールという判定だ。

ブラジルW杯のGLTは14台の高性能カメラを採用

 今大会で採用されたGLT「ゴール・コントロール4D」は計14台の高性能カメラで、いろいろな角度からボールを追う。ゴールラインを通過すると1秒以内に受信機が振動し、「GOAL」と表示される。これは13年コンフェデレーションズ杯でも採用された。

 オウンゴールと判定されたことで〝幻のゴール〟となってしまったが、貴重な2点目に貢献したベンゼマは、試合後、満足そうにこう語った。

 「サッカーではシュートがラインを越えたかどうか分からない場合がしばしばある。GLTがあってよかった」

 今回、導入されたGLTは〝死の組〟といわれたD組で優勝経験のあるイタリアやウルグアイを撃破し、大会の〝台風の目〟となったコスタリカの躍進をも支えた。

 グループリーグ第2節のイタリア戦。スコアレスで迎えた前半44分、コスタリカのFWブライアン・ルイスのヘディングシュートはクロスバーに当たって真下に落ちた。

 インゴールか否か。肉眼では微妙に映ったが、主審はすぐにゴールと判定した。腕に付けた受信機に「GOAL」の文字が躍ったからである。

 結局、この1点を守り切ったコスタリカは24年ぶり、2度目の決勝トーナメントに進出。ベスト8を争うギリシャ戦にも勝利し、ただでさえ熱狂的なサポーターを狂喜乱舞させた。

GLT導入のきっかけとなった重大な誤審

 GLT導入の機運が加速したのは前回の南アフリカ大会における〝誤審〟がきっかけだった。

 ベスト8進出をかけたドイツ対イングランド戦。イングランドが0対2から1点を返した直後の前半38分、MFフランク・ランパードが放ったシュートはクロスバーを叩き、ゴールの内側に落ちてバウンドした。

 だがウルグアイ人の主審はゴールを認めず、流れは再びドイツに傾いた。後半、前がかりになったイングランドに対し、ドイツはカウンターアタックを仕掛けて2点を追加。4対1で強敵を退けた。

 終わってみれば3点もの大差がついたものの、もしゴールが決まって2対2になっていたら試合は、その後、どう転んだか分からない。

 大会終了後、それまで新技術導入に否定的だったFIFAのゼップ・ブラッター会長は「(新技術導入を)再検討しないと道理に合わない」と発言し、日本開催の12年クラブW杯で初めて科学の目が採用されたのである。

GLTは誤審から審判を救う味方

 もっとも、サッカーにかかわるすべての人間がGLTに賛成しているわけではない。

 あるメディア関係者は、声を潜めてこう語った。

 「機械がゴールを判定するというのは何だか味気ないね。言うなれば〝誤審〟もサッカーの一部。昔に戻したほうがいいんじゃないか……」

 古き良き時代のサッカーへの郷愁も、分からないではない。しかし、個々のスピードやパワー、テクニックは言うにおよばず、戦術やスタイルも日々、進化を遂げているサッカーにおいて、審判が肉眼ですべてを判断するのは容易ではない。

 むしろ、科学の目は審判を誤審から救出していると考えるべきなのだろう。

 つまりGLTは審判の敵ではなく味方なのだ、と。

 こうした状況を踏まえ、南アフリカ大会、ブラジル大会で主審を務めた西村雄一は、次のような感想を口にした。

 「(映像技術が)より発達していくと、われわれもそれに対処していかないといけない」

 科学は日進月歩である。だが、それを使いこなすのは人間であり、振り落とされるわけにはいかない。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る