政治・経済

中国産鶏肉の杜撰な管理体制が露見するなど食の安心・安全が改めて問われる中、コンビニエンスストア(CVS)大手ローソンが展開する生鮮強化型コンビニと農業への取り組みに注目が集まっている。20140826_newsreport5_1

ローソンの戦略① “野菜”で差別化を推進する

 ローソンの農業への取り組みの核を成すのが「ローソンファーム」だ。

 2010年6月、第1号となる「ローソンファーム千葉」の開設以来、今や全国19か所と規模を拡大している。ローソンは従来型コンビニエンスストアからの脱却をめざし、2012年から他社に先駆けて全店舗で野菜の販売を開始した。このうち、20種類以上の野菜を取り揃える生鮮強化型店舗は同社グループ約8000店舗にまでなっている。

 取扱量が急速に増加したのには要因がある。

 「簡単に言えば、安心・安全な野菜に対する市場のニーズが高いということです。そもそも『ローソンファーム』は志を同じとする農家が主体となり弊社も出資した農業生産法人です。そういう背景から、ここで生産される野菜はパートナーである農家さんの“顔”が見えるものでもあり、同時に弊社ブランドの安心も寄与しているのです。安心・安全な野菜を値頃感のある価格で販売していることが最大の強みでもあるのです」(ローソン広報)

 同社が農業事業への参入を決断したのは、第1号ファームを立ち上げる僅か1年前の2009年の事。激しい競争を繰り広げていたコンビニ業界では、現在にも増して、他チェーンとの差別化の必要性にも迫られていた時期でもある。

20140826_newsreport5_2 そこで同社が差別化の象徴的商材の1つとして注力したのが野菜。働く女性の増加や高齢化を背景に、スーパーよりも近い青果売場の必要性が高まりと、既に街のインフラとして機能していたコンビニ立地という2つ要素が見事に合致したのである。

 背中を押した理由は他にもある。ローソンでは2005年から生鮮コンビニ業態の「ローソンストア100」を積極展開していた。さらに2008年には生鮮コンビニの草分けとも言える「九九プラス」を傘下に収めるなど生鮮品の取り扱いには他チェーンに比べ1日の長があった。

 言うまでもなく生鮮品は鮮度管理が命。コンビニの中心商材である加工食品に比べ慎重な取り扱いが求められる。それゆえ生鮮品への潜在ニーズの高さは自覚しながらも、他チェーンの多くは積極展開に二の足を踏んでいた。

 「コンビニエンスストアの飽和感が漂う中、弊社は生鮮強化型店舗を一気に拡大することで、それまでコンビニが弱かった主婦やシニア層をも獲得することが可能となると判断しました」(同)

 一方で、2009年12月に農地法が改正され、農地の利用権が原則自由となり、農業に常時従事していなくとも農地を借りることが可能になったことも同社が参入を決断した背景にある。

 同社が農業に参入するにあたって前提としたのは、言うまでもなく、安心・安全が担保された野菜でなければならないということだ。そこで、生産法として採用したのが「中嶋農法」である。

20140826_newsreport5_3 中嶋農法とは土壌診断に基づいた健全な土づくりの技術と作物の健全な生育を維持するための生育コントロール技術。土壌のミネラルバランスや作物の生育状態に対して適切な栄養を供給するという栽培方法だ。ローソンは、この「中嶋農法」の特許を持つエーザイ生科研を昨年、買収したことからも、その本気度を窺い知ることができる。

 ただ、「中嶋農法」を実践するためには、化学肥料を使い続けたことで痩せてしまった土壌を改良する必要があった。土は生き物、土壌改良には通常約3年の月日を要する。これは農業を積極展開したいローソンには大きな足かせだ。

 そこで同社は一計を講じる。「ローソンファーム」に参加したい農家に対し、「ミネラル栽培友の会」を組織、「中嶋農法」認証予備軍として今後の規模拡大に備えている。

ローソンの戦略② 農家とwin-winの関係を構築

 農業の事業化に向け着々と布石を打つ同社ではあるが、その一方で課題も顕在化する。第1のハードルはパートナーとなる農家を見つけることだった。

 多くの農家は、家業として代々農地を継承してきたというプライドも高く、その生産法には強いこだわりを持っている。さらには、組んだのはいいが、大企業は本業の業績如何で“撤退”してしまうのではないかという疑念を捨てきれない農家も少なくなかった。

 説得材料としたのが農家とともに農業生産法人を設立し、自らも出資するということ。出資比率は母体となる農場を持つ農家が75%、流通関連会社が10%、ローソンが15%という風に、マジョリティを敢えて取らないことも農家を安心させる結果となった。

 農家側からすれば、流通業のローソンは実際の店舗を持ち作物を売り切る力があり、消費者の反応もダイレクトに伝わって来る。また、大企業と組めれば、投資等、資金繰りのめども立ちやすいというメリットもある。そういう意味では、将来的にローソンと組みたいと考える農家も増えることは自然な流れである。

 だが、手を挙げた農家なら誰でも受け入れるという訳ではない。

 「農業は永続性が重要です。そこで弊社では農家さんと『ローソンファーム』を設立する際にはいくつかの基準を設けていますが、特に重視しているのは、農業技術の開発・習得に積極的であることです。“日本の農業を支えていくんだ”という意欲ある、若い農家さんと一緒に取り組んでいきたいと考えています」(同)

 ローソンの農業に対する真摯な姿勢は、今やパートナー農家はもとより他の農家からも高い評価を受けるに至っている。

 一方、消費者側の視点からしても“生産者農家の顔が見える安心・安全な野菜”として選択購買できるのも嬉しい。

 さらに言えば、「ローソンファーム」の取り組みは、国内農業の耕作放棄地が増加し続ける等、日本が直面している農業が抱える諸問題の解決の足掛かりとして、社会的意義も十分だ。

 商品の川上から川下まで一貫して自社で賄う、サプライチェーンマネジメントの構築を標榜するローソンの取り組みのなかで、この「ローソンファーム」の存在は際立っている。

(文=本誌/大和賢治)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

リーマンショック後の2010年にスタートした柳前社長時代は大幅な合理化や新興国戦略を推進。経営改革に道をつけ、17年度は過去最高益を更新した。日髙新社長は、事業企画・経営企画や2輪事業の経験と豊富な海外経験を買われてバトンを受けた。売上高の約9割を海外が占めるヤマハ発動機のトップとして、改革路線を継続しつつ成…

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年11月号
[特集]
大丈夫? 御社の危機管理

  • ・サイバーセキュリティ後進国日本の個人情報流出事件簿
  • ・「リアル」「バーチャル」双方で企業を守るセコムとアルソック
  • ・南海トラフ地震、首都直下型地震は、今そこにある危機
  • ・「いつ来るか分からない」では済まされない──中小企業の事業継続計画
  • ・黒部市に本社機能の一部を移転したBCPともう一つの狙い(YKKグループ)
  • ・高まる危機管理広報の重要性 平時の対応がカギを握る

[Special Interview]

 大谷裕明(YKK社長)

 「企業の姿勢や行動が危機対策以上の備えになる」

[NEWS REPORT]

◆胆振東部地震で分かった観光立国ニッポンの課題

◆M&Aでさらなる成長を期すルネサスの勢いは本物か

◆トヨタは2割増、スズキは撤退 中国自動車市場の明暗

◆このままでは2月に資金ショート 崖っぷち大塚家具「再生のシナリオ」

[特集2]

 利益を伸ばす健康経営

ページ上部へ戻る