テクノロジー

40年廃炉で原発は大幅縮小へ

 九州電力川内原発の安全審査にめどが立ち、この秋以降、原発再稼働が始まりそうだ。

 しかし、原子力規制委員会は、活断層や基準地震動などの問題のみならず、40年原則廃炉を掲げており、震災前より大幅に原発は縮小すると見られている。電力システム改革が進展する中、供給力不足を見越した都市ガス・石油・鉄鋼などの新電力や、他地域進出を図る電力会社は、大規模火力の建設を検討している。

 前回、1990年代の欧州電力システム改革を契機に市場を席巻したドイツの電力メジャーが、ここ数年の再エネの拡大で苦境に陥り、事業モデルの転換を迫られている状況を紹介したが、今回は、日本における再エネ拡大と電力システム改革が大規模発電所投資に与える影響や新たな競争の機軸を論じる。

電力需給は2020年ごろには供給過剰に

全国メリットオーダー推計・時間別年平均市場価格 まず、どれだけの原発が再稼働するか検討する。高経年化炉は、より厳しい基準が課されるとともに、もともと難燃性ケーブルの使用など通常の基準でも不適合とされるため、ほとんどが廃炉となるだろう。また、再稼働には県知事の了承が必要となるが、少なくとも福島県での再稼働も難しいだろう。

 無論、重要施設直下の活断層や基準地震動など災害対策の問題もある。見通しは不透明だが、ここでは、規制委員会がクロ判定を出した原電敦賀2号機だけが再稼働しないものとする。

 以上の前提に、現在建設中の2基を加えると、再稼働する原発は36基3700万キロワットとなり、震災前54基4900万キロワットに比べ大きく減少する。そうした中、石炭火力やLNG火力などの新増設が、公表されている計画に老朽火力の廃棄も加味すると900万キロワットと想定される。

 他方、高い固定価格買取制度で太陽光発電は6600万キロワットが設備認定を受け、物議を醸している。

 これらすべてが建設されるとは考えにくいが、本年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画では、21%以上の再エネ導入が謳われており、20年ごろまでには、5千万キロワットぐらいが加わると考えられる。多くの電力会社等の業界関係者は容量(キロワット)と実際にどれだけの時間発電するか(キロワット時)の違いが身に染みており、稼働率が7〜9割となる原発や火力に対し1割少々しかない太陽光発電を軽視してきた。

 しかし、これは夜も含む平均の話であって、電力需要がピークとなる昼間帯の稼働率は4割以上である。ピーク時間だけを取れば、原発縮小分をはるかに上回る供給力が加わる。

原発廃炉、太陽光発電推進などで電力卸売市場の価格はどうなる?

 現在、さまざまな取り組みの1つとして電力卸売市場の活性化が進められている。電力は、卸売市場ではコモディティとして取り扱われ、取引量が増せば、ミクロ経済学における完全市場と同様の動きを見せる。メリットオーダーと呼ばれる各種発電所の変動費燃料費を安い順番に並べたものが供給カーブとなり、時間帯ごとのエネルギー需要がほぼ垂直の需要カーブとなり、その交点が卸売価格を決定する。

 A・T・カーニーでは、現状の原発全停止状態での卸売市場価格の理論値とともに、前述の20年の発電ミックスを前提とした理論値を試算した(図参照)。

 原発の一部再稼働と火力の新増設に加え、特に昼間帯においては太陽光が供給力を大きく拡大させる。太陽光発電は、全体のコストは高いが燃料費はゼロのため、供給カーブ上は左端に入り、全体の供給カーブを大きく右にシフトさせる。結果、昼間帯で逆に市場価格はへこむと試算された。

 また、供給カーブが右にシフトした結果、需要カーブとの交点はほとんどの時間帯でLNG火力となり、その燃料費が卸売価格を決定するようになる。18年以降、シェールガスなど非原油リンク化された安価なLNGが卸売価格の低下に拍車を掛ける。

 日本の卸売市場の活性化がどこまで進むかは分からないが、ドイツでは市場外での相対取引のほうが市場取引より大きかったが、相対取引でも市場価格が参照されるようになっていたため、太陽光の拡大で卸売価格と燃料費のスプレッドが取れなくなった電力会社は苦境に陥った。卸売価格の低下で新増設された石炭火力は減価償却期間では利益が得られず、LNG火力は固定費回収すら難しくなる可能性がある。

 他方、固定価格買取制度の元で積み上がるサーチャージは電力小売価格を上昇させる可能性がある。それらを踏まえた新たな競争の機軸については、次の機会に議論したい。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る