マネジメント

 日本有数のタオルの産地として知られる愛媛県今治市。しかし、高品質のブランドとして認知されだしたのは、つい最近の話だ。地場の産業が、いかに危機と向き合い、変革をおこしたのか。四国タオル工業組合の近藤聖司理事長に話を聞いた。

生産量も企業数5分の1になったと語る近藤聖司氏

 今治タオルの歴史を辿ると明治時代までさかのぼります。大阪で生まれた日本のタオル産業は、比較的早く今治に入ってきました。この地は、キリスト教会が四国で初めて建てられるなど進取の土地柄ですし、何より豊富な水と雨が少なく温暖な気候が繊維産業に向いていたんですね。加えて、瀬戸内海の真ん中という立地の良さもあって順調に発展していきました。

近藤聖司

近藤聖司(こんどう・せいじ)
1957年生まれ。89年に家業の近藤繊維工業(現・コンテックス)に入社。2012年に代表取締役社長に。13年より四国タオル工業組合理事長に就任。

 戦後も、国内需要の順調な伸びもありまして、バブル期の1991年に生産のピークを迎えました。国内で14万㌧の消費があり、国内生産はそのうち86%を占めていました。当時は多くの会社が羽振り良く、今治の街も潤っていましたね。

 ところが、海外産、当時は中国でつくられた安価な製品が輸出を伸ばしてきたことで、販売単価も下がり、今治の企業でも生産工場を中国に移していくケースが見られ始めました。ピーク時には今治だけでも生産量が5万㌧ありましたが、落ち込み方は激しく、最も減少した2009年には、1万㌧を切るまでになっていました。企業数も500社近くあったものが117社にまで減少したのです。

 安い人件費の上に設備投資を積極的に行う中国は、最新の機械で織っており、まさに脅威となっていました。そこで、2001年に政府にセーフガードの要請をお願いしました。それは、同時に海外へ進出した今治の企業製品の輸入も止めてしまうことですから、業界内でもギクシャクした雰囲気がありましたね。

 その後、セーフガードの要請が却下され、06年にこれではいかんと当時の理事長であった藤高豊文さんが立ち上がり、経済産業省の主導する「ジャパンブランド育成支援事業」の指定を受け、新たな道を模索することになったのです。

近藤聖司氏の思い 「知ってもらう」から始まる

 06年に四国タオル工業組合と今治商工会議所、今治市が連携し「今治タオルプロジェクト」を立ち上げました。その流れで総合プロデューサーに就任していただいたのが佐藤可士和さんです。実際に、工場やまわりの自然などバックグラウンドまで見てもらって生まれたのが、ブランドマークです。佐藤さんから言われたのは、どんなに良くても「知ってもらわなければ意味がない」ということ。メディアへのプロモーションも積極的に行いましたし、07年度からは、タオルソムリエ資格試験を行い、現在までに1千人以上のタオルソムリエが誕生しています。

 もちろん、タオルの品質を測るマニュアルも策定し、厳格な基準を設けました。

 今治タオルの最大の特徴である吸水性は、沈降法という実験で、今まで60秒以内で許可していたものを5秒以内とする厳しい基準に引き上げました。同様に安全性も、ギフトへの用途が多くありますから、ホルムアルデヒド含有量の基準を従来の乳幼児用の基準よりも厳しい数値に設定しています。ほかにも、色落ちを測る堅ろう度など多くの細かい基準があり、定期的に抜き打ち検査を行って、基準に満たないと警告を発し、改善できない場合は、ブランドタグを外さなければならないのです。

 また、各企業も新たな需要を創出しようと新製品づくりに励みました。その中からタオルハンカチやタオルマフラーなどのヒット商品も出てきました。コストの面では海外製品に太刀打ちできませんから、独自の方向性を探したわけです。製品のストーリー性や安全性など、今治らしさを品質や材料に込めてブランドを育てていきましたね。

 ブランド価値が生まれたことで、単価も上がりましたし、販売先に対しての交渉力も上がりました。商売面では10年前とは隔世の感がありますね。

 ただ、これからが勝負だとも思っています。今、力を入れているのが人材育成です。採用もままならない時期が続きましたから人材が育っていないんですね。機械は進歩しましたが、タオルは複雑な織物です。基本を理解していなければいいものは織れません。そのため検定試験も復活させています。

 ブランド化によって、産地の生産量は20%伸びましたが、日本全体で考えればわずか2%の伸びでしかありません。それでも、今治の人たちが「おらが町のタオル」を応援してくれるようになったのです。それが、大きいのだと思います。

 こういったケースが増えることで、日本はもっと元気になるのではないでしょうか。(談)

(文=本誌・古賀寛明 写真=佐藤元樹)

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る