広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

祖国を護る 祖国を愛する

荒木貞夫氏(左)と倉田主税氏(右)

 「集団的自衛権」の解釈をめぐり、国内はもとより海外でも論争が続く。国を守る上で同盟国がいる場合、自分だけが安全な場所にいるわけにはいかない。しかし、日本には究極の理想である「平和憲法」もある。われわれが、まずやるべきことは議論を尽くすことではないだろうか。

祖国を愛する心--倉田主税

倉田主税

倉田主税(くらた・ちから)
(1886〜1969)。福岡県生まれ。学校を卒業後、久原鉱業所日立製作所に入社。戦後、公職追放により社長に就任。科学技術の振興に尽くした。(写真提供:共同通信社)

 自分が生まれ、育まれた家庭を愛する心は全く自然の感情であり、麗しい心である。また自分が生を享け、生活している郷土を愛し、国を愛するのは、これまた自然の心であり、理屈ではない。祖国を愛する心を持つ国民に満ちた国ほど将来の繁栄が約束されるものである。

 第2次大戦がわが国にもたらした弊害の中で私が最も残念に思うのは、国民一般に祖国愛をうとんずる風潮が出てきたことである。戦後の変革があまりにも大きかったためか、戦前にあったものがすべて悪いものだとする考え方が一部にあるようだが、これはあまりにも偏狭な見方だと言わなければならない。先人が遺した正しい道徳や人間の道を深く身に付け、さらに進んで新しい伝統を産み出していくことは、われわれに課せられた義務であろう。

 もとより、政治的な意図より出た、誤った愛国心の昂揚などは、避くべきものであることは、歴史の教えるところであるが、人間の本性に訴えた純粋な愛国心の昂揚は、忘れられるべきではない。人たる限り、自らを育んでくれた山河に接すれば、理屈を抜きにした限りない懐かしさと愛着の情を抱くであろう。この素朴な感情はまた祖国を愛する心にも通じるものである。

 戦後の教育においても、確かに教育技術は発達したが、半面祖国を愛するという基本的な考え方は若干欠如しているように感じられる。これでは全く「仏つくって魂入れず」という結果に終わるのではないかといささか心配である。

 私が企業の経営という仕事を通じて感ずることは、戦後の日本人が祖国愛という精神的バックボーンを喪失した結果、仕事の面においても自主性が欠如し、また一面、無意味な競争意識過剰に悩んでいることである。

 自主性の欠如は、生産技術、研究開発技術の面にもあらわれており、自分自身の力に自信を失い、安易な技術の導入ということに目がくらんで、一向に自分で開発しようという意欲がない。せっかく、わが国で開発した技術が、むしろ外国で発展するといった例さえ少なくない。これは自分の技術に真の自信を持たず、どこか劣っているのではないかという劣等感にとらわれているからではないかと思うのである。

 輸出市場においても、無謀な過当競争を行い、自分勝手な行動に出る者が多いこともよく体験するところである。このようなことは目先の利益、自己の立場のみにとらわれた結果で、日本人の心の中で祖国を愛するという気持ちが希薄になっている現れではないかと思うのである。

 私は、この麗しい日本が、今よりさらに豊かに、今よりさらに美しく、輝かしい繁栄を保っていくために、社会生活のあらゆる行動において、祖国を愛する心を忘れてはならないと、私自身、自覚を新たにしているのである。(1967年・2月号)

戦争の本質--荒木貞夫

荒木貞夫

荒木貞夫(あらき・さだお)
(1877〜1966)陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。皇道派の中心であり、戦後A級戦犯として逮捕され、55年に仮出所した。その後は講演などを精力的にこなした。(写真提供:共同通信社)

 孫子に「兵は国の大事にして死生の地、存亡の道なり。察せざるべからざるなり」とある。

 確かに、根本において戦争はかりそめにすべきものではない。しかし、あらゆる生物が生きていくためには、そこに闘いがつきまとうのは世の常だ。平和は誰もが願うが、生物を生存させるためには争わねばならぬように造物主によって造られているので、戦いはどこにも存在している。ただ、人間には知恵というものが与えられてある。野獣のような爪や牙や毒は持たぬ故に、人間は野獣のようになってはならない。二度の大戦は、文明国の闘いと言いながら毒ガス、原子核兵器を用い人間の闘いから野獣の闘争に堕落したと言い得る。大いに反省すべきことである。

 孫子は「百戦百勝、善の善なるものに非ず、戦わずして相手を屈せさせる。これ善の善なるもの」と喝破し、多くの血を流した戦は下の下の戦争と決めつけている。遺憾なことであるが。敵を圧倒殲滅するという言葉が使われる現在、核兵器をもって互いに脅かし合っているさまは正に人間の戦争を野獣の闘争に堕落させしむるもので私は断じて与することができない。

 中国の兵書三略には「専ら柔専ら弱 其の国必ず削らる 専ら剛 専ら強 其の国必ず亡ぶ」とある。然らばどうしたらよいかといえば、「能く柔 能く剛其の国いよいよ光あり 柔は徳なり」と教えている。

 物量や原子核で脅かしているものや、無防備に平和念仏のみ唱えているものは大いに熟慮反省せねばなるまい。あくまで人間の戦争であって、野獣の闘争に堕落しないように心掛けることが肝要で、国を盛んに、国民の志気を健全にし、そして精神的に敵を圧倒し置くことである。この文明世界において、わが国は、惑わず、日本の本質に磨きをかけることである。(1966年・7月号)

(構成/本誌・古賀寛明)

 

【温故知新】の記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る