政治・経済

 「警戒区域の指定推進「法改正を検討」…防災相」

 古屋防災相は24日のNHK番組で、広島市で起きた土砂災害に関連し、都道府県による「土砂災害警戒区域」指定が進むよう、土砂災害防止法を改正する方針を明らかにした。

 古屋氏は「都道府県知事の背中を押してあげられるような改正を国土交通省や与党に要請している。検討に入っていると思う」と述べた。(後略)

(読売新聞2014年8月24日)

広島土砂災害で判明した災害対応の人員不足

 8月19日から翌日にかけ、広島市の北部を襲った集中豪雨により、各地に土砂災害が発生。50人を超す方が亡くなった。行方不明者も、本稿執筆時点で38人に上っている。

 特に被害が大きかった広島市安佐南と安佐北の両区に流れ込んだ土砂は、広島市の推定で50万立方メートルに達し、昨年10月の伊豆大島の土砂災害の土砂量の3倍に達したことになる。

 広島市では、1999年6月にも崖崩れや土砂災害により20人が亡くなり、結果的に2001年に土砂災害防止法が施行された。土砂災害防止法は、国民の生命を守るため、土砂災害の可能性がある区域について、都道府県に危険個所を事前に調査し、警戒区域や特別警戒区域に指定した上で、市区町村がハザードマップを作成し、配布することを義務付けている。

 今回、被害にあった地域の多くは、警戒区域に指定されていなかった。報道によると、市役所の人員不足により、警戒区域、特別警戒区域の指定作業が遅れていたという。

 わが国は世界屈指の自然災害大国だ。戦争はともかく、「大規模自然災害」という非常事態は、常に起こり得る。無論、事前に入念な対策をしたとしても、非常事態は起きないかもしれない。とはいえ、起きるかもしれない。

 起きるのか、起きないのか分からない非常事態に備えるためには、「政府」が動かなければならない。非常事態への備えとは、それ自体では事業として利益を上げることができず、さらに非常事態が発生しない場合は「無駄だった」という話になる。無駄かもしれないが、非常事態に備える必要があるからこそ、人類は「政府」という仕組みを進化、発展させてきたのである。

 90年代中盤以降にわが国を席巻し、今も魔物として取りついている「財政均衡主義」により、非常事態に備える予算までもが「無駄」ということで、切り捨てられてきた。公共投資は96年のピークの半分にまで減らされ、公務員も削減。酷いときには、国民の安全を守る職種についてまで、非正規雇用に切り替えられているありさまだ。

自らの首を絞める「公共事業叩き」

 広島市が行政人員の不足により、被害地域について土砂災害防止法による警戒区域、特別警戒区域の指定ができなかったとしたら、これは悲劇というよりは「人災」と呼ぶべきである。とはいえ、筆者は別に広島市を責めたいわけではない。

 何しろ、日本国内で公共投資の削減、公務員の削減を「熱狂的」に支持してきたのは、日本国民自身なのだ。デフレ下で妙なルサンチマンにとらわれ、「土建屋はっ!」「税金泥棒の公務員がっ!」などと「同じ国民」を引きずり下ろすために叫び、次第に自分たちの身を危険に晒す羽目になっているにもかかわらず、その事実に気が付いていない。

 東日本大震災を経てすら、「非常時に、誰が自分たちを助けてくれるのか」「非常事態を起こさないためには、事前にある程度の準備をしなければならず、そしてその準備は無駄に終わるかもしれない」といったことを一切考えず、土建叩き、公共事業叩き、公務員叩きの「空気」から逃れることができない。大衆は、自らを殺す。

広島土砂災害の教訓―安全保障を効率やコストで考える危険性

 今回の土砂災害において、広島市の避難勧告が遅れたのではないかとの指摘が出ている。実際、避難勧告が出たのは、土砂崩れが相次いだ「後」のことだった。筆者は現時点で広島市の避難勧告の件を批判したいわけではない。現地で懸命に救援活動が続いている中、第三者が遠くから「ああだ、こうだ」と論評するのは、傲慢極まりない話であろう。

 ここで問題提起したいのは、例えば、「被害想定範囲を極めて広くとっていたため、必要のない住民までもが避難させられた」「避難勧告が早過ぎ、結局、土砂災害は発生しなかった」といったケースを、住民(国民)側が「無駄なことをするな!」と非難するようになってしまい、自治体側が、「避難想定範囲の設定や、避難勧告は、できるだけ、効率よく、できるだけ、住民から苦情が来ないように」という空気になってはいないか、ということである。

 安全保障を強化すればするほど、システムは次第に効率的ではなくなり、余計なコストが掛かる。理由は、安全保障は、繰り返しになるが、「いつ、起きるか分からない、あるいは、起きるか分からない非常事態」に備えるという性質を持つためだ。この安全保障の基本を国民が頭に叩き込まない限り、同じような悲劇は繰り返し発生することになるだろう。

 

※土砂災害防止法:土砂災害の可能性がある区域について「危険の周知」「警戒避難体制の整備」「住宅等の新規立地の抑制」「既存住宅の移転促進」などの対策を都道府県にもとめる法律。

筆者の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る