文化・ライフ

筆者プロフィール

(よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジオ出演、テレビ番組企画・監修も行っている。NPO日本サプリメント評議会代表理事、NPO日本プレインヘルス協会理事。

 

医者によって言うことが違う絶対的な治療法の不在

 医者によって言うことが違う--。そう感じている方は少なくないのではなかろうか。ある医者は手術を勧め、ある医者は薬を飲んで治療したほうがいいと言う。患者にすれば、どちらを信用するかで大いに迷うところだ。

 そんな中で、最近では、医者側がさまざまな選択肢を提示し、どれを選ぶかの最終判断は患者側に任せる傾向も強まっている。

 確かに、患者の年齢や社会的な背景事情を考えると、1つの治療法を提示しにくいのは事実だ。外科的な手術は年齢が高いとリスクを伴い、薬での治療にしても副作用の問題をはらむ。とりわけ、がん治療では、薬の副作用は大きなリスクだ。そのため、一概に「この治療法が良い」とは断言できず、勢い、患者に治療法を選ばせるという風潮が生まれてしまう。

 このような状況の裏を返すと、絶対的な治療法が依然として確立されていない医学の現実も浮かび上がってくる。

 言うまでもなく、特定の病気に対する唯一絶対の治療法があれば、医者も患者も楽になる。また、医療がそこまで進歩すれば、医学も「科学」により近づいたと言える。

 だが、今日の医療はそのレベルにまだまだ達していない。雑誌やテレビなどのメディアはよく「日本の名医」なる企画を展開しているが、そもそも医療の質が属人的な技量によって変化すること自体、医学が科学からはほど遠い学問であることの裏付けと言える。

「必ず治る」と医者が言い切る勇気

 医者が「絶対に治ります」、「必ずよくなります」という言葉を使うことはあまりない。

 だが、整形外科の開業医の中には、「うちに半年通えば、必ずよくなる」といった言葉で通院を勧める向きがいる。

 私も腰痛患者を診たことがあるが、その経験から言って、例えば、高齢者の腰痛がよくなるケースは例外的だ。また、脊柱管狭窄症が原因の腰痛が内科的な治療でよくなることもまれにしかない。とはいえ、患者にすれば、「絶対に治る」と医者から言われれば、治療への期待感が増し、希望も持てるだろう。つまり、「絶対に治る」、「必ずよくなる」といった医者の言葉は、単なる営業トークにすぎないかもしれないが、一方で、患者を勇気づける力も持っているのだ。

 ベル麻痺と呼ばれる顔面神経麻痺は、ほとんどの場合、後遺症なく自然に治癒するが、まれに後遺症が残り、完全に治らないことがある。そのリスクを承知で、医者が患者に「絶対によくなる」と言ったとすれば、それは、病気に対する患者の不安を消し去る上で、この言葉が最も効果的との考えがあるからだろう。逆に、「まれに後遺症が残る場合があります」と言う向きは、患者の不安を消し去ることよりも、自己保身を優先させる医者と見なすこともできる。そのため、私は最近、「絶対に治る」と言い切れる医者は、勇気のある良医だと考えるようになった。そして、「私を信じなさい、必ずよくなるから」といったフレーズを患者に対して使い始めてもいる。

 現状では、多くの医者が自分の立場を守るために、「絶対に治る」「絶対によくなる」といった言葉を使おうとしていない。だからこそ、「絶対に治る」と言い切れる医者は貴重な存在とも言えるのだ。

名医が名医たる真の条件とは

 一方、患者を突き放すような医者の言葉を一度聞いたことがある。それは、都内某有名医大の整形外科に父を連れていった時のことだ。

 「これは治りませんね」--。

父を診察した医者は、あっさりとこう言い放ったのだ。

 確かに、私が専門とする神経内科でも、治らない難病は少なくない。だが、「治らない」と医者に言われた場合、それを患者や家族が受け入れるには時間がかかる。そんな患者や家族に対して医者ができることは限られている。だからこそ、患者や家族の想いに共感し、ともに悩み、悩みを解消する何かを一緒に考えていく姿勢が重要だ。また、それにこそ、医者としての存在意義があると言えるだろう。

 にもかかわらず、患者に対する思いやりや誠意に欠ける医者は依然として少なくない。「有名な教授に診てもらったが、『治らないね』のひとことだった」と嘆く患者の声も耳にする。名医と称えられ、手先が器用で、技術知識があっても、患者の心のケアまでできる医者は本当に少ない。

 病気は、完全に治るか、進行していくか、あるいは、症状に変化がないかの3つの道筋をたどる。その結末を経験・知識で知る医者が、たとえ「治らない」と分かっていても、「必ず治ります」と患者に言ってあげられる勇気は大切だと思う。また、仮に「治らない」と言い切った場合でも、患者に共感し、ともに苦難を乗り越える誠意を示せるかどうかが、名医が名医たる真の条件ではないだろうか。

 

筆者の記事一覧はこちら

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る