マネジメント

 独立系PR会社のベクトルは創業から19年で上場した。現在ではソーシャルメディアマーケティングなどの手法も駆使しながら、高い宣伝効果でクライアントからの評価も上がっている。海外進出も積極的で、常に新たな領域に挑戦し続けている。

 

広告が効かない時代にPR会社を立ち上げた西江肇司氏

 

「アジアナンバーワンのPRカンパニーを目指します」

「アジアナンバーワンのPRカンパニーを目指します」

 クライアントが広告宣伝に対して、費用対効果を強く意識するのは当然のこと。結果、効果が出ないと分かれば、その費用は即座に削減される。

 情報が氾濫する時代となって、現代はかつてのように広告が効かなくなったといわれるが、その一方でにわかに注目が集まっているのがPRだ。

 広告は、広告代理店などがクリエーターを使いながら多額の費用を掛けて作り上げるとともに広告枠を押さえるもの。それに対してPRとは、企業が拡散させたい情報を新聞、雑誌、テレビなどの媒体でニュースとして採り上げてもらうことを指す。

 そのパブリシティ業務のサポートやコンサルティングをするのがPR会社である。

 事業の性格上、PR会社の多くは企業の広報部からの下請け的要素が強かった。その業界の慣習に風穴を開けたのがベクトルを創業した西江肇司氏だ。

 関西学院大学に在学中からビジネスをはじめ、プロモーション会社を設立したのち、2000年にPR事業を主軸とする会社に作り替えた。

 それから12年で業界トップに躍り出て、12年3月に東証マザーズに上場した。

 

ベクトルを急成長させた「戦略PR」とは

 

 西江氏は言う。「企業がモノを売るために情報を広めようとするときに、かつてはCM、広告が中心でした。

 しかし現在のように、インターネットが普及し、メディアの情報量が増えてくると、広告も昔のようには効かなくなってきます。そうなると、広告ではない形でテレビや雑誌で採り上げてほしい、ネットニュースの記事にしてほしい、ソーシャルメディアで話題になってほしい、口コミで広がってほしいというニーズが強くなってくる。

 消費者のほうも、広告だと分かると白けてしまいますからね。われわれPR会社はいかに効率良く、莫大な広告費を使わずにモノを広めていくかという仕事をしているわけです」

 もともとPR会社は、老舗系も多いが、広告代理店と比較すると、規模も小さい。そのような状況下で、ベクトルが急成長したのは広報部のサポートだけではなく、広告宣伝部に営業し、広告予算を取りにいったからだ。つまり広告宣伝に代わる、戦略PRに特化したことが奏功した。

 現在のベクトルは持ち株会社に移行しており、その傘下には主力の戦略PR事業のほか、ソーシャルメディアマーケティング事業、映像事業、IT–PR事業などを行う10の事業会社(海外は別途7つ)で構成されている。PR関連では、クライアントから寄せられるさまざまなニーズにワンストップで応えられる稀有な存在である。

 現在、進行しているプロジェクトも年間約900件に上り、向こう3年以内には1500件まで伸ばす計画を立てている。

 「PR事業を始めてから、毎年20〜30%の成長を続けています。最近では、広告のプレゼンがあったら、そこでどういうPRをしていくかという提案がクライアントさんから重要視されるようになっています。昔は人気のあるタレントを起用したCMの企画で良かったのですが、今は違います。ですから広告代理店と、最初から一緒にプレゼンに参加することもあります。大事なのは時代の流れをつかむことと、クライアントが世の中に伝えたいことを正確に把握して、〝これなら広まる〟という情報を開発することなのです」

 

「戦略PR」から「PR商社」へのステージへ

 

 ベクトルの社員数は約350人。彼らが2〜3人のチームを組んで、プロジェクトを動かしているという。

 「アメーバ経営のようなものです。不思議とグループ間の競争意識はなく、縄張り意識もない。むしろお互いに協力しています。内向きの競争よりも、いかにクライアントに本気で向き合うかに力を注いでいます」

 中国をはじめとする海外戦略も積極的だ。「海外ではPRを重視するので、むしろ仕事はやりやすいですね。6月には経済産業省の補助事業者に決定し、政府のクールジャパン戦略のPRなども行います。当面の目標は、アジアナンバーワンのPRカンパニーになることです」

 経産省が後援して9月に開催される「第2回TOKYOイノベーションリーダーズサミット」のオフィシャルPRパートナーにも指定された。

 西江氏は、学生時代からさまざまな事業を手掛けてきた。中には失敗に終わったものもある。だからこそ今、「失敗しない方法が分かってきた」とも言う。

 「基本的に新しいことをやりたい性分なんです。PRはマンパワーが重要なのですが、将来的には汎用的に使えるPRインフラと呼べるようなモデルを作って、低予算でも、そのPRインフラを使えば立派なサービスが提供できるようにしたいですね。従来のマンパワーでやって来たノウハウの蓄積を、そこに投入していきたいと思います」

 ベクトルが次の一手として掲げているテーマは、「戦略PR×アドテクノロジー」だ。これは従来の戦略PRに加え、アドテクノロジー(インターネット広告に関連するシステム)を駆使してより大きな果実を刈取るというもの。この分野のトップ企業であるマイクロアドと近く合併し、新会社を設立する。次々と新機軸を打ち出しながら同社はさらなる進化を目指している。

(文=本誌編集委員/清水克久 写真=佐藤元樹)

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る