政治・経済

江崎利一氏の半生と松下幸之助との出会い

 昭和10年(1935年)のデビュー以来、大阪・道頓堀のシンボル的な存在であり続けたグリコの電光ネオン塔。両手を広げてゴールインするグリコランナーの姿はあまりにも有名だ。このネオン塔は、今年盆明けにいったん姿を消したが、10月には発光ダイオード照明に切り替わり復活を遂げるという。

 「一粒300メートル」という健康志向を唱え、キャラメルならぬグリコを開発。「江崎グリコ」を一流企業に育て上げた江崎利一は、明治15年12月に佐賀県神崎郡蓮池村で生まれた。干支は午。後年出会う松下幸之助の一回り上の苦労人で、意気投合した2人は〝文なし会〟を作り、仲間を集めて、しばしば知恵と交友の輪を広げていたらしい。

 佐賀県と言えば〝葉隠れ〟の地。鍋島藩は勉学を奨励したが、土地柄はさほど豊かではなかった。江崎は薬種業の家の長男として生まれるが、兄弟は姉2人・弟1人・妹2人と多く、「暮らしは貧しかった」という。 

 ゆえに、少年期の江崎は働き詰め。早朝からの塩売りに始まり、日中は薬の販売、そして登記の代書——。やがて、徴兵検査に合格し、日露戦争勃発により看護卒として小倉師団に召集される。ところが現地野戦病院での看護中に被弾して手を負傷。内地送還・除隊になり、150円もの慰労金をもらったとか。

 その後、家業に専念するが、明治40年の春、念願だった商売の都・大阪見物に出掛け、道修町で大量仕入れの利幅の大きさに魅入られた。以来、旧正月の2月になると必ず大阪に出向き、格安品の仕入れに精を出した。

 また、当時流行していた葡萄酒にも着目。長崎の外国人から樽で葡萄酒を仕入れ、空瓶に詰め替えて販売する一方、量り売りでも大いに稼いだ。この成功を機に、弟を責任者にして大阪に店舗を構えた江崎。進路の一大転機は、大正9年3月に起きた世界大恐慌とともに訪れる。当時を江崎はこう語っている。

 「恐慌の予感から縮小均衡を図っていた僕らはほとんど無傷。恐慌勃発の前年に、有明海近くの筑後川堤防沿いで、輸出用牡蠣の干し身作りの現場と出会い、煮汁を貰い受けてグリコーゲンの栄養価を調べていたんです」

 江崎グリコは、このときを起源とする。

 

江崎グリコ誕生の経緯と松下との縁

 

 産学共同--。現代では常識だが、大正時代にそれがどの程度まで実践されていたかは不明だ。

 ただし、江崎グリコの創始者・江崎利一は、雑誌の論文を通じて産学共同の知識を有していた。だから自前で作り上げた牡蠣の煮汁エキスを九州大学医学部に持ち込み、分析を依頼する。

 結果は、グリコーゲン含有量が36〜43%にも及び、ヘモグロビンの媒介になる銅分まで含まれているというもの。九大教授からは、「国民保健に必要な栄養剤普及に役立つ」との回答を得た。

 以降、江崎は、家業を続けながらグリコーゲンの事業化に没頭。試作・改良・思索のすえに、「飴らしきもの」を作り上げ、新会社の立ち上げを決意する。

 江崎の年齢は41歳。ときは大正10年4月。場所は大阪西区の堀江で、弟に任せた葡萄酒販売店のある千代崎橋とは目と鼻の距離だった。

 千代崎橋付近は、昔から庶民の集まる土地柄で、松下幸之助が妻「むめの」と見合いをした場所でもある。松下創業の地・大開町にもほど近く、その点でも江崎と松下には縁がある。

 

グリコの名称と商品形状はどう決まったのか?

 

 ところで、グリコーゲンの商品化に目鼻を付けた江崎は、商品の名称・形状にもかなりのこだわりを示した。

 友人・知人・専門家の多くが推す「グリコ・キャラメル」の名称を退け、「グリコ」というシンプルなネーミングで商品の独創性をより強く打ち出す道を選んだ。また、グリコの語呂が広告の原則にもかなうとの判断もあったようだ。

 形状もインパクトの強い「ハート型」に決定。この形状・名称ともに、当時の菓子製造の権威から否定されたが、それでも江崎は自らの主張を貫いた。

 次に江崎が決めたのは、グリコのパッケージ・デザインだ。その調査で菓子店を巡る中、江崎は、当時既にキャラメル大手に成長していた森永の黄色い箱がやたらと目立つことに気付く。

 そこで、視覚効果の実験を行い、結果、グリコの入れ物を赤箱に決定。資本金6万円の江崎グリコを創設し、同時に「一粒三百メートル」のランナーをメイン・キャラクターに採用した。

 こうして商品作りを終えた江崎は、販売戦略の策定に乗り出した。決めた戦略は、一流商店へのアタック。無謀にも、いきなり「三越」に照準を合わせたのである。

 

意気投合した江崎利一と松下幸之助

 

 牡蠣の煮汁のグリコーゲンを原料に「グリコ」を開発し、江崎グリコを一流企業に育て上げた江崎利一。筆者が氏と出会ったのは、証券担当の記者時代。ほぼ半世紀前のことだ。

 江崎グリコの社外重役の中に松下幸之助の名を発見して以来、しばしば大阪西淀川区の会社を訪れ、江崎の生きざまを取材した。

 最大の興味は、グリコが大阪・三越に販路を求め、断られ続けても日参し、ついに老舗を根負けさせた粘り腰。三越での販売開始を機に、江崎は朝日新聞・毎日新聞に、「栄養菓子グリコ、三越さんでも売っています」との突き出し広告を展開。これは、当時の松下が2股ソケットや電熱器などの新聞広告を繰り広げていたのと同じパターンだ。

 新聞社らが熱海のホテルに広告スポンサーを招待した際、江崎と松下は偶然にも同室になった。以来、境遇の似た2人は意気投合し、〝文なし会〟を結成。会は、壽屋(サントリー)の鳥井信次郎や中山製鋼所の中山重隆などの参画で有名になった。

 

菓子業界に旋風を起こした江崎利一

 

 昭和8年、江崎は新製品「ビスコ」を開発。「第2の創業」を謳い文句に菓子業界に旋風を巻き起こす。

 「頭の中は常に新機軸。意見を聞きつつ、自ら決断する。僕は創業者だから知恵を絞り、情報集めに百貨店や船場の菓子問屋などを歩き回った」と江崎。同様に松下も知恵を絞った。社内報向けに相撲番付に似た表を作り、アイデアを活字化する。番付の横綱は常に松下自身。その事業化で業容を拡大していった。

 だが、日本は軍国化。第2次世界大戦中、グリコも松下も軍需工場に指定され、米軍の爆撃対象になった。その上、敗戦で日本軍が消滅し、被害補償はゼロ。「戦後復興を叫べど、会社は借金まみれ。まさに前途多難だった」という。

 だが、朝鮮動乱を経た昭和30年代、日本経済は成長期に突入。グリコに追い風が吹き、松下は電化時代の到来で飛躍的な事業拡大の機をつかむ。その波に乗り、江崎・松下は人材育成を加速させ、同時に孫の成長にも期待をかけた。

 ある日、松下は江崎から「孫の勝久をよろしく。神戸大卒後、松下で2年修業して入社しました」と紹介されたが、彼は現江崎グリコ社長。一方、松下が期待をかけた孫の正幸も現パナソニック副会長で関経連副会長。衣鉢を継いでいる。

 

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る