文化・ライフ

 京都造形芸術大学の教授として教鞭をとり、また日本テレビの「世界一受けたい授業」に出演するなど、活躍の場を広げられる肖像画家の小野日佐子さんにお話を伺いました。小野さんはこれまで、ゴルバチョフ元ソ連大統領やジョージ・ブッシュ元米大統領など、世界有数の要人、著名人を描いて来られました。輝かしい経歴のお話や、肖像画家としてのお仕事についてお聞きしました。

小野日佐子氏の半生 人と向き合うために肖像画家の道へ

小野日佐子

小野日佐子(おの・ひさこ)
福岡県生まれ。肖像画家として各国の大統領や俳優ら手掛けた作品は、数百点にのぼる。1997年NY国連本部ギャラリーにて25人の環境に貢献した女性達の肖像画展を開催。2003年環境経営学会理事・事務局次長就任、09年世界芸術家連合より世界著名肖像芸術家賞受賞、中国国連文化総署委員・日本国執行委員長就任。11年より京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科長・教授。

佐藤 絵に目覚めたのはいつごろなのですか。

小野 初めて絵を描いたのは2歳の時で、神社の境内にいた鳩を描いていたと父が教えてくれました。まるで象形文字みたいな絵だったそうです(笑)。その後は絵を習い事として続けていましたが、本格的に画家を目指したのは高校生活が後半に差し掛かったころでした。

佐藤 画家の進路を選んだきっかけがあったのでしょうか。

小野 私は思春期の頃、対人関係をうまく築けないことがありました。ただ、絵を媒介にすれば人とかかわるきっかけが作れたのです。だから、画家として絵を描いていく道を選択しました。

佐藤 人とのコミュニケーションが苦手というようには見えませんので意外なお話です。絵をとおせば人と向き合えるということですね。

小野 そのとおりです。直接人と接触できないから絵を描く行為をとおして人と向き合い、その人を感じてきました。

対談の様子佐藤 その後は肖像画家として歩み始める小野さんですが、モデルとなられる方は著名人が多いですね。どのように描いていらっしゃるのですか。

小野 どんな時でも、まずはモデルとなる方を知るところから始めます。私の場合は対面式で描き続けるということはしません。集中力が切れると第一印象で気付いた魅力の記憶が薄れてしまうことがあるからです。とにかく出会った瞬間の5秒が重要で、そのあとはモデルの方と話したり、スケッチをしたりして相手を知っていきます。肖像画の制作は自分のアトリエに戻ってから。会話などを通して発見したモデルの方が輝いた一瞬を理解し、何を描くか明確にしてから筆を取り、制作に没頭します。描く過程を楽しむというより、完成に向けて1つずつ積み上げていくという感じです。

小野日佐子氏が3巨頭と写真を撮った理由

20140923_SansanTalk_04佐藤 小野さんはゴルバチョフ元ソ連大統領やジョージ・ブッシュ元米大統領、サッチャー元英首相と一緒に撮影された写真がありますが、合成写真ではないかと言われることもあるそうですね(笑)。

小野 ええ(笑)。これは1995年に米国で行われた人類の平和と発展を願うフォーラム〝State of the World Forum〟の時の写真です。この3人がそろうことは奇跡だと言われました。

佐藤 この出会いの経緯は。

小野 私のエージェントがゴルバチョフ財団のお手伝いをしていたことがきっかけで3人の肖像画を描くこととなり、フォーラムの際に対面が実現しました。要人を描くのはこの時が初めてでしたから、頭の中が真っ白になりました。

佐藤 これが初めてだったのですね! それは強烈。

小野 ただ、この強烈な経験のお陰で、その後はどなたにお会いしても平静でいられるようになりましたね。

肖像画家 小野日佐子氏が今までで印象に残ったモデル「鉄の女」

小野さんが描いたマーガレット・サッチャー元英首相

小野さんが描いたマーガレット・サッチャー元英首相(1995年)

佐藤 誰もが知る著名人を描いて来られた小野さんですが、今までで印象に残ったモデルの方はいらっしゃいますか。

小野 それぞれがとても個性的で、思い出深いのですが、お会いする前と後でイメージに差があったのはサッチャーさんでしょうか。サッチャーさんは男勝りで他人に厳しい方と言われていましたから、お会いするまではとても緊張しました。

佐藤 鉄の女と呼ばれていましたからね。

小野 はい。でも、お会いするととても雰囲気が柔らかく、気遣いのある、優しい方でした。

佐藤 サッチャーさんとはどのようなお話をされたのですか。

小野 私が緊張していることに気付いてくださったようで、ファッションが素敵ね、きれいな絵描きさんね、などと言ってくださいました。仕上げた作品は女性らしく表現し、喜んでいただけたようです。

 ゴルバチョフさんは1995年、96年と2年連続でお会いし、優しくしていただきました。ライサ夫人とは「夫の出張に同行する機会が多いのですが、スーツケースに入れると服がすぐにしわになるの」と相談を受けたことがあります。イッセイミヤケの服はしわになりにくく、お風呂で洗っても翌日着られますよとお話ししました(笑)。

肖像画家 小野日佐子氏が気づいた特権とは

小野日佐子

佐藤 とても気さくな方なのですね。世界のリーダーとして活躍した彼らの共通点のようなものはありましたか。

小野 今のエピソードにもありますが、皆さん優しく、何事にも動じない余裕がありました。重要な決断を何度も下してきただけあり、瞬発力を備え、自分の意見をしっかりと持っていらっしゃる方ばかりでした。それに、人の話を聞き逃しません。ささいなことでも後々まで覚えていらっしゃるので、しまったと思うこともあります。

佐藤 貴重な体験でしたね。

小野 はい。私はアーティストですから、どなたでも心のドアを開けてフレンドリーに接してくれていると感じています。

佐藤 警戒されないということは特権です。

小野 それが特権であるということに、肖像画家になってしばらくして気が付きました。だから、生きている間はたくさんの方を描きたいと思っています。

佐藤 同時に、大学の学科長として後進の育成指導にも力を入れていらっしゃいますね。

小野 私は彼らをサポートするような気持ちでいます。多くの学生が、自分に自信を持てず、すぐ自分には向いていないと言ってきます。だから好きなことに突き進み、自信を持てるように背中を押してあげたいと思っています。


対談を終えて対談を終えて

プロの肖像画家の小野さんに、僭越ながら似顔絵を描いてプレゼントしました。穴があったら入りたい気持ちでしたが、小野さんは「特徴をよくとらえていて、大好きな絵です」とありがたいお言葉を頂戴しました。さらに小野さんから私を描いてくださった絵をいただき、恐縮しきりでした。お互いに絵への思いを語り合い、幸せな時間を過ごすことができました。

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る