文化・ライフ

 京都造形芸術大学の教授として教鞭をとり、また日本テレビの「世界一受けたい授業」に出演するなど、活躍の場を広げられる肖像画家の小野日佐子さんにお話を伺いました。小野さんはこれまで、ゴルバチョフ元ソ連大統領やジョージ・ブッシュ元米大統領など、世界有数の要人、著名人を描いて来られました。輝かしい経歴のお話や、肖像画家としてのお仕事についてお聞きしました。

小野日佐子氏の半生 人と向き合うために肖像画家の道へ

小野日佐子

小野日佐子(おの・ひさこ)
福岡県生まれ。肖像画家として各国の大統領や俳優ら手掛けた作品は、数百点にのぼる。1997年NY国連本部ギャラリーにて25人の環境に貢献した女性達の肖像画展を開催。2003年環境経営学会理事・事務局次長就任、09年世界芸術家連合より世界著名肖像芸術家賞受賞、中国国連文化総署委員・日本国執行委員長就任。11年より京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科長・教授。

佐藤 絵に目覚めたのはいつごろなのですか。

小野 初めて絵を描いたのは2歳の時で、神社の境内にいた鳩を描いていたと父が教えてくれました。まるで象形文字みたいな絵だったそうです(笑)。その後は絵を習い事として続けていましたが、本格的に画家を目指したのは高校生活が後半に差し掛かったころでした。

佐藤 画家の進路を選んだきっかけがあったのでしょうか。

小野 私は思春期の頃、対人関係をうまく築けないことがありました。ただ、絵を媒介にすれば人とかかわるきっかけが作れたのです。だから、画家として絵を描いていく道を選択しました。

佐藤 人とのコミュニケーションが苦手というようには見えませんので意外なお話です。絵をとおせば人と向き合えるということですね。

小野 そのとおりです。直接人と接触できないから絵を描く行為をとおして人と向き合い、その人を感じてきました。

対談の様子佐藤 その後は肖像画家として歩み始める小野さんですが、モデルとなられる方は著名人が多いですね。どのように描いていらっしゃるのですか。

小野 どんな時でも、まずはモデルとなる方を知るところから始めます。私の場合は対面式で描き続けるということはしません。集中力が切れると第一印象で気付いた魅力の記憶が薄れてしまうことがあるからです。とにかく出会った瞬間の5秒が重要で、そのあとはモデルの方と話したり、スケッチをしたりして相手を知っていきます。肖像画の制作は自分のアトリエに戻ってから。会話などを通して発見したモデルの方が輝いた一瞬を理解し、何を描くか明確にしてから筆を取り、制作に没頭します。描く過程を楽しむというより、完成に向けて1つずつ積み上げていくという感じです。

小野日佐子氏が3巨頭と写真を撮った理由

20140923_SansanTalk_04佐藤 小野さんはゴルバチョフ元ソ連大統領やジョージ・ブッシュ元米大統領、サッチャー元英首相と一緒に撮影された写真がありますが、合成写真ではないかと言われることもあるそうですね(笑)。

小野 ええ(笑)。これは1995年に米国で行われた人類の平和と発展を願うフォーラム〝State of the World Forum〟の時の写真です。この3人がそろうことは奇跡だと言われました。

佐藤 この出会いの経緯は。

小野 私のエージェントがゴルバチョフ財団のお手伝いをしていたことがきっかけで3人の肖像画を描くこととなり、フォーラムの際に対面が実現しました。要人を描くのはこの時が初めてでしたから、頭の中が真っ白になりました。

佐藤 これが初めてだったのですね! それは強烈。

小野 ただ、この強烈な経験のお陰で、その後はどなたにお会いしても平静でいられるようになりましたね。

後編に続く)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る