広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

メード・イン・ジャパンを守り続ける“靴下の神様”--越智直正(タビオ会長)

越智直正氏(タビオ会長)

 越智直正・タビオ会長プロフィール

越智直正(タビオ会長)

越智直正(おち・なおまさ)1939年、愛媛県周桑郡周布村(現西条市)生まれ。55年、修誠中学卒業。大阪の靴下問屋「キング靴下鈴鹿商店」に丁稚として入社。68年、同社を退社し、総合靴下卸売業「ダンソックス」を創業。84年、「靴下屋」1号店開店。2006年、商号をタビオ株式会社に変更。08年、代表取締役会長に就任。

 

メード・イン・ジャパン〟の靴下にこだわる越智直正会長

 

「靴下の神様」の異名をとるポテンシャル

 景気低迷を背景に価格競争に翻弄され厳しい状況を余儀なくされてきたアパレル業界。この潮流は、国産にこだわりを見せてきた良心的なメーカーにも多大な影響を与え、生産拠点を東南アジアへシフトする傾向はいまだに強い。

 そんな状況の中にあって〝メード・イン・ジャパン〟をかたくなに守り続けているのが理想の靴下を追い続けるタビオである。

 同社の目指す靴下は「熟練の技と繊細な感性を併せ持った熟練工のみ可能である」という信念から、多くが生産拠点を海外にシフトするという状況を尻目に、ひたすら国内産にこだわってきた。

 その真摯な姿勢は、廉価品が氾濫する靴下というカテゴリーの中で、割高感はありながらも多くの顧客から支持されることとなり、今や同社の展開する「靴下屋」は集客力のある商業施設から出店要請が絶えない状況を作り出している。

 「踵には体重の1・8倍もの圧力がかかるのです。そういう意味で、靴下は健康という側面からも重要性が高いのです。弊社の製品を高いと考える人もいるでしょうが、われわれは、高品質の商品を適正な価格で販売しているという自負があります。一度、履いてみればその差は分かっていただけると確信しています」

 と〝靴下の神様〟の異名を持つ同社の越智直正会長は自社製品のポテンシャルに胸を張る。

良い靴下は「噛んで見分ける」

 靴下の品質にこだわる同氏が靴下に携わることとなったのは、何と今から約60年前の15歳の頃。当時は丁稚奉公で、休みは1カ月にわずか半日という過酷な労働環境に置かれていたという。

 「当時の上司は軍隊出身ばかりで、鉄拳制裁は当たり前、少しでも商品に齟齬をきたせば大変な目に合うのです(笑)。そういう状況の中では必然的に商品に対する厳しい目が養えたと思いますね」(越智氏)

 今では越智氏の〝名物〟となった靴下を噛んで品質の良し悪しを確認するという作業もそんな状況から生まれたものだ。

 「良い靴下は軽く噛んだ限界点から歯を押し上げてくれるのです」と越智氏は嬉しそうに述べるが、常人が決して及ぶことができない品質の見分け方でもある。

 しかし、そんな越智氏も価格競争という厳しい市況の中で中国に合弁工場を設け、その活用を試みた過去がある。3足1千円という価格設定ではあったが、そこは越智氏の信念、競合の廉価品には劣らない製品を販売した。しかし、出来上がりに越智氏は決して納得することができなかったという。

 「中国だけに限りませんが、海外には〝微妙〟という言葉がありません。熟練した職人は靴下を製造する過程で、その都度、微調整を繰り返しているのです。高品質の糸と職人の技が一体にならなければ、お客さまを本当に納得させる商品は決してできません」(同)

 

タビオの「品質最優先」をどう実現し、受け継いでいくか

 

中国生産を早々に切り上げた理由

靴下屋外観 中国では、工場の都合で勝手に品質を落とそうとするなど、タビオの品質最優先という考えが受け入れられることはなかった。

 我慢に我慢を重ねてきた越智氏もさすがに匙を投げ、数年前には合弁工場も閉じられた。現在取り扱っている中国製品は、3足1千円の一部にすぎない。

 現在の同社製品は、高品質を担保するものとして認識されている。苦い経験とはいえ、早い段階で身を持って中国生産の限界を実感したことで、品質の重要性を再認識したのが勝因だ。

 越智氏は中国での見聞も踏まえた上で、次のように述べる。

 「製品を買っていただけるのは大事なお客さまあってのこと。今は金儲けのために、品質を落として廉価で大量販売すればいいという考えを持った人々が多過ぎる。日本の商売の根底でもある高品質商品を適正価格で販売するという〝大和魂〟を忘れてしまっている気がする」

 越智氏の製品に対する強い信念は、関連会社の「タビオ奈良」に、靴下業界でも最高水準の品質検査設備を擁していることからもうかがい知ることができる。品質テストはもちろん商品研究やカスタマーサービスによるオーダー商品の生産など、最高の靴下を顧客に提供する意気込みにあふれている。

信念を受け継ぐ人材育成に意欲

靴下屋店内 この同社の確固たる信念を受け継ぐのに必須なのは言うまでもなく次代を担う人材だ。

 「最近の若い人は確かに頭の良い人が多い。しかし、昔の人が当たり前に持っている常識が通用しないことも多い。職人の技術は教えられても、それ以前に常識がなければ技の伝承はできません。学業の成績は不良でも常識を持ち頭脳明晰、志を持った人を受け入れていきたい」と述べる越智氏は、自らの信念を踏襲する後継者の育成に並々ならぬ意欲を持つ。

 同社は国内のみならず、今やロンドン、パリといった名だたるブランドが群雄割拠する市場に参入している。

 「〝メード・イン・ジャパン〟靴下の品質の高さを世界で認識してもらいたい」と越智氏の挑戦は続く。

(文=本誌・大和賢治)

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る