文化・ライフ

北村龍平

北村龍平(きたむら・りゅうへい)
1969年生まれ。大阪府出身。17歳で渡豪。2001年製作の「VERSUS」で映画監督として注目を浴び、以後、「あずみ」「ゴジラFINAL WARS」「アライヴ」など話題作を手掛ける。2000年代半ばからハリウッドに進出。エンターテインメント性の高い作品づくりで高評価を得る。

 8月30日に全国東宝系で公開された話題の映画「ルパン三世」。国民的アニメの実写版ということで、公開前は不安視する声もあったが、原作者のモンキー・パンチ氏が絶賛するほど質の高い娯楽作品に仕上がっている。

 監督としてメガホンをとった北村龍平氏は、かなり異色なキャリアの持ち主だ。高校2年生の時、映画監督になることを決心し、授業中に退学届けを書いて提出。オーストラリアの映画学校に通った後、自主制作で映画を撮り始める。2001年公開の「VERSUS」で注目を浴び、さらに「あずみ」(03年)「ゴジラ FINAL WARS」(04年)などのメジャー作品も手掛けるようになった。

 日本で実績を積み、知名度も高まったが、それらをかなぐり捨てて、かねてから進出を目指していたハリウッドに移住。日本とは全く違う映画ビジネスの世界で揉まれながら実力でのし上がり、進出第1作目の「ミッドナイト・ミート・トレイン」が高い評価を受けた。以降も、〝エッジの効いた〟作品を次々と世に送り出している。

 徒手空拳で道を切り拓いてきた北村氏が、日本、そして本場ハリウッドで見てきたものは何なのか。映画製作や映画産業の在り方について、本音をぶつけてもらった。

北村龍平氏の半生 映画監督に必要な「人間力」を磨く

-- 北村監督の経歴は波乱万丈ですが、映画監督を志したのはいつ頃ですか。

北村 いまだにそうですが、僕は世の中で当たり前だとされていることに、どうしても違和感があります。高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。

北村龍平-- オーストラリアでは映画学校に通っていたんですよね。

北村 出来のいい生徒ではなかったので、学校にもほとんど行ってなかったんですが、卒業制作をしないと卒業できないので、追い込まれて1週間不眠不休で「EXIT」という8分くらいの短編を作りました。それで最優秀監督賞を頂いて、僕の作品がデカいスクリーンに映し出されて、会場にいた外国人たちから喝采を受けました。焦って作った作品でしたが、こんなに人を楽しませて喜ばせることができるなら、多分僕は監督にはなれるんだろうと思いました。ただ、映画を作るにはセンスや才能だけではだめで、政治力も必要だし、強引な手腕も繊細な気配りも必要だし、そのためには人間力みたいなものを高めないとダメだろうなと思って、一度日本に帰って3〜4年間いろんなアルバイトをしながら、旅行に行ったり、バンドをやったりしていました。

-- 当時から撮りたいテーマは決めていたのですか。

北村 ハッキリしたものはなかったですが、やはり観客を非日常的なところへ連れて行きたいという思いが根本にはあります。僕の映画はアクションが強調されますが、基本はエンターテインメント性の高いものを作りたい。映画監督は医者や警察官や学校の先生のように、絶対に必要な存在ではないですが、それでもいいものを作って、お金をもらって、褒めてもらおうなんて虫のいいことをするには、自分のすべてを賭けないと失礼だという気持ちがある。僕にとってのエンターテインメントとは、そういうものです。

北村龍平氏は語る 想像以上だったハリウッドの世界

北村龍平-- 娯楽性を重視するという部分で、ハリウッドは特別な存在だったわけですよね。

北村 映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。

-- 日本での成功を捨ててハリウッドに行ったわけですが、驚きはありましたか。

北村 想像はしていましたが、やっぱりタフでしたね。

-- どんな部分が。

北村 日本の映画界とは比較にならないほど悪い奴らがいっぱいいます。例えば、「ダイ・ハード」のジョン・マクティアナン監督が、プロデューサーの自宅に盗聴器を仕掛けてFBIに捕まったりしていました。プロデューサーという人種がどれだけ嘘をつくのかはよく知っていますが、日本でそこまでのケースはまずありません。作品を作るにあたって、役者はこの監督でないとやらないとか、スポンサーはこの監督でなければお金を出さないみたいな話がいくつも出てきて、そんな状況の中で確信犯的に嘘を付きながら、話を進めていかなくてはならないことも理解しています。ただ、度を超えて嘘をつく奴もいるから、盗聴器ぐらい仕掛けてやろうと思う人間がいても不思議ではない世界です。ほかにも、タイで影響力を持つハリウッドのプロデューサーが、金銭面でトラブルのあった別のプロデューサーを、タイ政府に働き掛けて現地の刑務所に収監させたりだとか、話のスケールが半端じゃない。こんな連中とやりあわなければいけないのがハリウッドなんです。

北村龍平-- 北村監督自身にトラブルはなかったのですか。

北村 たくさんありますね。例えば、「ミッドナイト・ミート・トレイン」を撮った時は、プロデューサーを納得させるのに苦労しました。

 ハリウッドの良い面は、役者もスタッフも基本はオーディションで決めるところで、日本のように監督が馴染みのスタッフを集めてくるようなことはしない。ハリウッドでは、時にはプロデューサーが監督を選ぶのに直接脚本を何十人にも送り、エントリーしてきた人間でレースが始まります。監督もプロデューサーの前で、キャスティングや画の撮り方や音楽はどうするかといったことに関してプレゼンを行い、いかに良い作品が撮れるかをアピールするんです。

 それで「ミッドナイト〜」の監督に僕が決まったのですが、撮影が始まってもプロデューサーがどんどん口出ししてくる。プロデューサーの大ボスは、オスカーを獲った「ミリオンダラー・ベイビー」などを手掛けたトム・ローゼンバーグという超大物だったのですが、最初は彼に気に入られて、しょっちゅう撮影現場に来るようになりました。ただ、ある時彼がトイレで小用を足していたら、たまたま居合わせた役者の特殊メークが相当気に入らなかったらしく、血相変えて「あの50年代のホラーみたいな安っぽいクリーチャー(怪物)は何だ!」と僕に怒鳴り込んできた。その映画はラストシーンにクリーチャーが出てこないと成立しないのに、クリーチャーが出ないバージョンも撮れと。事前に納得していたにもかかわらず、そんなムチャクチャなことを言ってくるのです。でも、僕にとってクリーチャーが出ないバージョンなどあり得なかったので、何とか自分自身も納得がいき、プロデューサーの要求にも応えるための案を考え、彼の目の前でそれを全部自分で演じて見せたらOKが出ました。

 彼がそれでも気に入らなければ、僕をクビにして別の監督で撮り直すにすぎません。そういうことがハリウッドではいつも起きているんです。映画という商品を作って世に出すためなら、何でもやるところはある意味すごいと思います。

切磋琢磨してこそ良い映画が作れると語る北村龍平氏

-- 日本の映画作りとはかなり違うようですね。

北村 ハリウッドでは、金を出す人間が絶対的な権力を持っています。金を出さず、脚本を見つけて監督をマッチングさせるだけのプロデューサーの場合はいくらでも替えがききます。作品の完成間近で、ほぼ首になったプロデューサーもいますしね。

-- 日本で主流の製作委員会方式のように、絶対的な存在がいないほうが監督としてはやりやすいのではないですか。

北村 いい面と悪い面がありますね。「ルパン三世」は極めて稀なケースで、プロデューサーの山本又一朗さんは、日本では稀なハリウッド的なプロデューサーです。そのぶん、ハリウッド並みに現場に口出しもしてくるから、そこでの戦いはあります。でも、クリエイティブな面で喧嘩はしても嫌な喧嘩にはならない。資金面もひっくるめて、最後は自分が責任を取るという覚悟を持っている人なので、そこは尊重しています。

 これが一般的な製作委員会方式になると、誰に責任があるのか分からないのでキツイ。映画はプロデューサーと共に作っていくものなので、時に喧嘩することがあっても良いと思っていますが、その相手がいない状況になってしまうんです。自分の好きにやれる良さもありますが、僕は自分の能力をそこまで過信していない。自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。議論を通じて見えてくることもあるし、監督というのは制約があって初めてクリエイティビティーが発揮される仕事でもあります。僕だけの言うことをみんなが聞いて、誰も一切逆らわないとなると、多分つまらない映画になると思います。僕が日本でやったメジャーな作品で一番成功したのは「あずみ」だと思いますが、やはり戦友、恩師のような存在のプロデューサーがいたからこそ、自分のフィールドが広がった気がします。

(聞き手=本誌編集長・吉田 浩 写真=葛西 龍 )

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る