文化・ライフ

試合時間の長さがプロ野球人気低迷の原因に

 野球は時間制限のないスポーツである。それが他のスポーツにはない大きな魅力であることは間違いないのだが、度を過ぎると逆に不人気の理由になってくる。

 ニフティが2012年に行った「プロ野球の人気が低迷しているといわれていますが、低迷の理由は何だと感じますか?」というアンケートによると、「他のスポーツの浸透」に次いで多かったのが「試合時間の長さ」で全体の3割を占めた。

 そこで調べてみると、今季(9月7日現在)の両リーグの平均試合時間は、1試合当たり(9回まで)3時間17分。過去20年でワースト2位だ。

 NPBが「9イニング平均3時間以内」を目標に定めたのは09年のレギュラーシーズンが始まる前のことだ。その前年には〈野球の力で温暖化ストップ!〉と随分、野心的なキャッチフレーズを掲げていた。

 NPBの意気込みは、次の文面からも、はっきりと読み取ることができた。

 〈(1)試合時間短縮を実現するために、各球団に試合時間短縮担当責任者を置く。(2)審判員は、監督・選手および球団関係者で試合進行に非協力的な者をリーグにレポートする。リーグは球団(担当責任者)に連絡して、改善を求める〉(グリーン・ベースボール・プロジェクトより)。これは要望というより通達だ。

 これにより、07年に3時間14分だった試合時間は東日本大震災で電力不足が懸念された11年、3時間6分にまで短縮された。徐々にではあるが改善の方向に向かっていた。

薄れゆくプロ野球関係者の試合時間に対する危機意識

 ところが、である。「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とばかりに、震災翌年の12年から、再び試合時間は延伸の方向にある。

 監督・コーチ、選手、さらには審判から危機意識が薄れつつあるのではないか。

 いったい、どこに試合時間延伸の理由はあるのか。

 それについて歯に衣着せぬ評論が人気の野球評論家・権藤博が日本経済新聞(9月4日付)で、次のようなコラムを書いていた。

 〈高校時代にはテンポよく投げていた投手が、プロに入るとぐずぐずして、なかなか投げなくなる。これは首脳陣が悪い。間合いをとれとか、追い込んだら丁寧にいけとか、カウント0-2から1球外せとか、時間のかかることばかり教える。

 私に言わせれば、打たれた時に備えて、コーチが「私はちゃんと教えているのですが」という言い訳を用意しているだけのことだ。

 打者にとって0-2から勝負されたらどれだけ怖いか。考える間もなく投げ込まれたらどれだけ嫌か。無心だった高校時代にできていたことが、悪いことを教わって汚れていくとできなくなっていくのだ〉

 審判にも責任の一端はあるようだ。あるキャッチャーが、こんなことを言っていた。

 「日本の審判は2ナッシングからなかなかストライクをとってくれない。ピッチャーは1球、遊び球を投げるという先入観があるからでしょうか。一度、真ん中付近のボールに対し〝これでもボールですか?〟と聞いたことがあるんです。後でバッターに聞こえないように、こう答えました。〝2ナッシングだったからな〟と……。あと新人投手に対しても最初のうちはストライクゾーンがやや辛いような気がします。ナメられたくない、という意識が強いのかもしれませんね」

プロ野球では短時間でも充実した試合は可能

 プロ野球の試合時間は、昔から長かったわけではない。例えば長嶋茂雄が村山実からサヨナラホームランを放った1959年6月25日、東京・後楽園球場での天覧試合、巨人-阪神戦の試合時間は2時間10分である。

天覧試合

試合時間が短くても内容が豊富だった天覧試合(Photo:朝日新聞社/時事通信フォト)

 このゲームは長嶋のサヨナラホームランの他にもONのアベックホームランあり、阪神・藤本勝巳の勝ち越し2ランあり、牛若丸の異名をとった吉田義男のファインプレーあり、ピンチの芽を摘んだ藤田元司と広岡達朗のアイコンタクトによる牽制刺殺あり、と内容は盛りだくさんだった。

 スコアもシーソーゲームの末の5対4だから野球を堪能するには申し分ない。主審を務めた島秀之助は「まるで作られたドラマのような試合であった」と述べている。

 繰り返すが、これで2時間10分。今より1時間以上も短いのだ。

 「お客さまは神様です」と言ったのは国民的歌手の三波春夫だが、プロ野球も興行である以上、観客のニーズを無視することはできない。

 先に紹介したアンケートは、いわば「顧客満足度調査」であり、3割の人々が試合時間の長さに不満を持っていることが明らかになった以上、改善に向かって努力するのは当然のことだろう。

 野球は〝間〟のゲームである。それを〝間延び〟と混同してはならない。

 

(にのみや・せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙、流通紙記者を経て、スポーツジャーナリストとして独立。『勝者の思考法』『スポーツ名勝負物語』『天才たちのプロ野球』『プロ野球の職人たち』『プロ野球「衝撃の昭和史」』など著書多数。HP「スポーツコミュニケーションズ」が連日更新中。最新刊は『広島カープ最強のベストナイン』。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る