文化・ライフ

筆者プロフィール

(よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジオ出演、テレビ番組企画・監修も行っている。NPO日本サプリメント評議会代表理事、NPO日本プレインヘルス協会理事。

 

熱帯病への関心を高めたデング熱の国内感染

 私が愛犬といつも散歩している代々木公園。そこに生息する蚊がデング熱のウイルスを媒介していたことで、大きな騒ぎになっている。

 昨今の日本人は、「熱帯の病気(以下、熱帯病)」に無防備で、関心もあまりない。そのため、この種の病気がいくら海外で流行しても、「日本には無関係」と医療関係者ですら考えていたはずだ。

 だが、日本列島の亜熱帯化で熱帯病が日本でも次第に蔓延してくるとの予測は以前からあった。そんな中でのデング熱の国内感染で日本人も熱帯病に無関心ではいられなくなったのではないだろうか。もっとも、今回のデング熱は、日本の亜熱帯化が直接的な原因ではない。海外からの渡航者がデング熱のウイルスを日本に持ち込み、代々木公園の蚊がそれを媒介したようだ。その意味で、亜熱帯化とグローバル化を背景に、「病気のボーダーレス化」が進行した結果と見なすことができる。

マラリアが制圧できない背景

 私は医学部の学生のころ、熱帯医学研究会という学内クラブ的な会に所属していた。当時から熱帯医学は不人気な専門科目で、先進国では消滅していく医学のように思われていた。だが、熱帯医学研究会を主導していた教授は大変熱意にあふれた人で、アマゾン川での医療経験も有していた。その教授が私は好きで、阻害された熱帯医学に逆に関心を持ったのである。

 病気を世界規模でとらえると、日本の医者が診ている病気がいかに限定的かが分かってくる。とりわけ、熱帯病は、世界での数・種類が圧倒的に多い。先進国では、がん・糖尿病・認知症などの病気が主たる治療対象になっているが、地球全体で見た場合、死亡原因の多数を占めるのはマラリアだ。世界保健機構(WHO)の推計によれば、今日でも100カ国余りでマラリアが流行し、年間2億人強の感染者と、200万人の病死者を出しているという。その多くは、サハラ以南のアフリカにいる5歳未満の小児だ。

 これだけ多くの人がマラリアで亡くなっているにもかかわらず、国際社会はこの病気を制圧できていない。もちろん、マラリアの治療薬はある。それでも、病気を制圧できていないのは、薬剤耐性の問題や政治的な問題、さらには経済的な問題が複雑に絡み合っているからだ。

 少し乱暴な言い方をすれば、国や製薬会社が注ぎ込む資本(研究開発費)の過多で、病気の治療が可能になるかどうかが決まる。そして、営利企業である製薬会社や裕福な先進国が多額の資金を投じるのは、市場性の高い病気--つまり、その国で多く見られる病気だ。ゆえに、糖尿病・高血圧などに対しては続々と治療薬が出てくるが、市場性の低い熱帯病は、先進諸国も製薬会社も興味を持たない。医者たちにしても、治療対象が多くいるからこそ、それぞれの専門分野の知識が生かせるわけで、患者数の少ない熱帯病に対する関心はどうしても低くなる。

 実際、若い世代の医者たちも、熱帯病に対する関心は薄く、私の学生時代同様、熱帯病に詳しい日本の医者は本当に少なく、熱帯病の臨床経験のある医者となるとその数はさらに減る。だから、デング熱の感染で、日本全体が「あたふた」としてしまうのである。

デング熱騒動に学ぶべきこと

 「本当に人を助けたいと思うなら、高血圧患者を診るのではなく、視野を広げ、マラリアの治療にいきなさい」--。

これは、熱帯医学を専門とする、ある有名教授の言葉だ。

 確かに、医者を増やすのは、何も国内医療のためだけではないだろう。世界的な視野でとらえれば、海外、特に熱帯地方で医者が活躍する場はいくらでもある。また、日本の国際的な立場を考えれば、より多くの医者を海外で活躍させるべきだ。しかしながら、医者たちが熱帯地方などで活躍できるチャンスはまだまだ少なく、大学にしても、世界に蔓延している熱帯病の研究者を増やそうとする努力に欠けていると言わざるを得ない。

 だが、今回のデング熱騒動で熱帯病がもはや「対岸の火事」ではないこと、そして、気候変動やグローバル化の進展によって、病気のボーダーレス化がわれわれの想像以上のスピードで進んでいることが明らかになった。これは、熱帯病の存在を忘れかけていた日本の医療関係者のみならず、国全体にとっても衝撃的な出来事だろう。日本は今、観光立国を目指しているが、それにも感染症の大きなリスクが伴うのである。

 この問題は、単に検疫をしっかりすれば解決し得るものではなく、日本の医療と国が本気で備えていく必要がある。実際、デング熱がより感染性・致死性の高い病気であったなら日本中がパニックに陥っていたはずだ。今回の教訓を糧に対策を真剣に考えていかねばならない。

 

筆者の記事一覧はこちら

【文化・ライフ】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る