文化・ライフ

筆者プロフィール

(よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジオ出演、テレビ番組企画・監修も行っている。NPO日本サプリメント評議会代表理事、NPO日本プレインヘルス協会理事。

 

熱帯病への関心を高めたデング熱の国内感染

 私が愛犬といつも散歩している代々木公園。そこに生息する蚊がデング熱のウイルスを媒介していたことで、大きな騒ぎになっている。

 昨今の日本人は、「熱帯の病気(以下、熱帯病)」に無防備で、関心もあまりない。そのため、この種の病気がいくら海外で流行しても、「日本には無関係」と医療関係者ですら考えていたはずだ。

 だが、日本列島の亜熱帯化で熱帯病が日本でも次第に蔓延してくるとの予測は以前からあった。そんな中でのデング熱の国内感染で日本人も熱帯病に無関心ではいられなくなったのではないだろうか。もっとも、今回のデング熱は、日本の亜熱帯化が直接的な原因ではない。海外からの渡航者がデング熱のウイルスを日本に持ち込み、代々木公園の蚊がそれを媒介したようだ。その意味で、亜熱帯化とグローバル化を背景に、「病気のボーダーレス化」が進行した結果と見なすことができる。

マラリアが制圧できない背景

 私は医学部の学生のころ、熱帯医学研究会という学内クラブ的な会に所属していた。当時から熱帯医学は不人気な専門科目で、先進国では消滅していく医学のように思われていた。だが、熱帯医学研究会を主導していた教授は大変熱意にあふれた人で、アマゾン川での医療経験も有していた。その教授が私は好きで、阻害された熱帯医学に逆に関心を持ったのである。

 病気を世界規模でとらえると、日本の医者が診ている病気がいかに限定的かが分かってくる。とりわけ、熱帯病は、世界での数・種類が圧倒的に多い。先進国では、がん・糖尿病・認知症などの病気が主たる治療対象になっているが、地球全体で見た場合、死亡原因の多数を占めるのはマラリアだ。世界保健機構(WHO)の推計によれば、今日でも100カ国余りでマラリアが流行し、年間2億人強の感染者と、200万人の病死者を出しているという。その多くは、サハラ以南のアフリカにいる5歳未満の小児だ。

 これだけ多くの人がマラリアで亡くなっているにもかかわらず、国際社会はこの病気を制圧できていない。もちろん、マラリアの治療薬はある。それでも、病気を制圧できていないのは、薬剤耐性の問題や政治的な問題、さらには経済的な問題が複雑に絡み合っているからだ。

 少し乱暴な言い方をすれば、国や製薬会社が注ぎ込む資本(研究開発費)の過多で、病気の治療が可能になるかどうかが決まる。そして、営利企業である製薬会社や裕福な先進国が多額の資金を投じるのは、市場性の高い病気--つまり、その国で多く見られる病気だ。ゆえに、糖尿病・高血圧などに対しては続々と治療薬が出てくるが、市場性の低い熱帯病は、先進諸国も製薬会社も興味を持たない。医者たちにしても、治療対象が多くいるからこそ、それぞれの専門分野の知識が生かせるわけで、患者数の少ない熱帯病に対する関心はどうしても低くなる。

 実際、若い世代の医者たちも、熱帯病に対する関心は薄く、私の学生時代同様、熱帯病に詳しい日本の医者は本当に少なく、熱帯病の臨床経験のある医者となるとその数はさらに減る。だから、デング熱の感染で、日本全体が「あたふた」としてしまうのである。

デング熱騒動に学ぶべきこと

 「本当に人を助けたいと思うなら、高血圧患者を診るのではなく、視野を広げ、マラリアの治療にいきなさい」--。

これは、熱帯医学を専門とする、ある有名教授の言葉だ。

 確かに、医者を増やすのは、何も国内医療のためだけではないだろう。世界的な視野でとらえれば、海外、特に熱帯地方で医者が活躍する場はいくらでもある。また、日本の国際的な立場を考えれば、より多くの医者を海外で活躍させるべきだ。しかしながら、医者たちが熱帯地方などで活躍できるチャンスはまだまだ少なく、大学にしても、世界に蔓延している熱帯病の研究者を増やそうとする努力に欠けていると言わざるを得ない。

 だが、今回のデング熱騒動で熱帯病がもはや「対岸の火事」ではないこと、そして、気候変動やグローバル化の進展によって、病気のボーダーレス化がわれわれの想像以上のスピードで進んでいることが明らかになった。これは、熱帯病の存在を忘れかけていた日本の医療関係者のみならず、国全体にとっても衝撃的な出来事だろう。日本は今、観光立国を目指しているが、それにも感染症の大きなリスクが伴うのである。

 この問題は、単に検疫をしっかりすれば解決し得るものではなく、日本の医療と国が本気で備えていく必要がある。実際、デング熱がより感染性・致死性の高い病気であったなら日本中がパニックに陥っていたはずだ。今回の教訓を糧に対策を真剣に考えていかねばならない。

 

筆者の記事一覧はこちら

【文化・ライフ】の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る