広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

大阪再開発のゆくえ――北ヤード、アベノ再開発でミナミの地盤沈下が鮮明に

ニュースレポート

大阪都心で大きな再開発地が相次ぎ誕生した。JR大阪駅前の「グランフロント大阪」と、高さ日本一を誇る阿倍野の「あべのハルカス近鉄本店」の2カ所。地域間競争は最終局面にあるが、ミナミの存在感が薄まっている。  (ジャーナリスト/宮城健一)

 

大阪駅前北ヤードを知的機能を持つ町に

 

 4月26日に開業したJR大阪駅前「北ヤード」に誕生した「グランフロント大阪」。約27㌶の広大な土地の東側ほぼ半分を利用し、1期地区として開発。正面には1㌶の憩いの空間「うめきた広場」があり、3棟の超高層の商業施設とオフィス棟、マンション1棟がそびえる。

 「関西経済を活性化させる特区として、新関西空港など関西にある9つの国際戦略総合特区の1つとして商業集積ばかりでなく将来の関西、大阪を活性化させる頭脳拠点として育てたい」(関西経済連合会)との願いがある。開発は三菱地所とオリックスが手掛けた。

 このため北側2つのタワーにまたがり〝知をテーマ〟に産官学の連携で完成したのが「ナレッジキャピタル」。北館1階から6階には遊んで学ぶ体験型のコミュニケーション空間が広がっている。

 飲食や買い物をするだけでなく知的欲求も満たす博物館や資料館の役割も加えた「ラボ(Lab)」というのがそれだ。

 お洒落な商業施設に加え、ロボットやIT研究室、シアターなど知的集積型の未来都市で、アジアに近い関西の地域性を生かす「国際シンクタンク機能」も併せ持つ〝頭脳空間〟というのがセールスポイント。大阪大学や大阪市立大学、大阪工業大学、関西大学、慶応義塾大学などの研究機関をはじめアジア太平洋研究所などが入っている。

 2棟からなる北館をつなぐナレッジキャピタルには、舞台公演からビジネスまで対応できる多目的な劇場や、地下1階には展覧会などが開催されるイベント会場。地下2階には学会、カルチャー、ビジネス用の3千人が収容できるコンベンションホール施設もある。

 また、日本初・関西初の世界有数の商業施設などがずらりと並ぶ。マグロの養殖で有名な近畿大学のマグロ店、インテリアショップ「ZARA HOME」、250種類のビールが楽しめる「世界のビール博物館」などがある。6月には外資系の高級ホテル「インターコンチネンタルホテル大阪」が北館に開業した。

 オープン後はGWも重なって京都、神戸からも観客を呼び寄せて1カ月で約800万人が訪れ、東京スカイツリーの来客を上回るほどだった。

 しかし、「関西を生産拠点として活性化させるには、都市機能に新たな価値を生み出す仕組みや装置が欠かせない。それには新たな技術や技術の改良、販路のマッチング、企業誘致、海外市場の開拓などの面から企業や人の情報を集めどう処理するのか。じっくり取り組んでいかねばならない」と指摘する経済人もいる。

 

アベノの台頭で大阪再開発競争は最終局面に

 

 キタに対峙してJR環状線の天王寺駅に隣接するのが、グループが総力を上げ取り組んでいる近鉄百貨店本店のある阿倍野地区。「高さ300㍍日本一」「売り場面積日本一」を売り物に、本店の増改築を進めていた近畿日本鉄道は、「あべのハルカス近鉄本店」を6月13日に一部開業。地下2階地上60階のタワー館とウイング館があり、今回オープンしたのは百貨店部分のタワー館14階までとウイング館の一部だ。全館開業後の売り場面積は10万平方㍍。国内最大となる。

 さらに来春にはタワー館最上階の60階には展望台、36~57階には大阪マリオット都ホテルが開業。15~36階にはオフィスが入り阿倍野の町の機能はさらにアップする。開店時には数十万の人が殺到し「アベノが一新した。イメージづくりは成功した」との自信を持ったという。

 大阪の百貨店戦争は、地域の巨艦である百貨店をシンボルにキタを中心に激烈な競争が展開されてきた。

 直接のきっかけは2011年JR大阪駅の三越伊勢丹の出店だ。目と鼻の先にある阪急百貨店、大丸、阪神百貨店などはわれ先にと増改築競争に参戦。それは直ちにキタ、ミナミ、アベノという地域間競争へ広がり、髙島屋、大丸、近鉄百貨店へと飛び火した。それはまた、専門店街や地下街などに連鎖反応を起こした。特にキタ地区は日本最大の激戦地といわれてきた。

 こうした中、阿倍野地域はJR、近鉄、地下鉄、阪堺電気鉄道の7路線5つの駅があり1日の乗降客は約80万人で、梅田、難波地域に次ぎ3番目に集積度の高いエリアだ。拠点とする近鉄グループは、百貨店をはじめ都ホテルや各種専門店などの経営資源を集中させた。

 11年4月には東急ハンズやイトーヨーカ堂を核とする大型集客施設「あべのキューズタウン」が近鉄百貨店前に開設されるなど「一挙に商業集積度が高まり、キタやミナミに対抗する町にチャンスが広がった」(大阪市の経済局職員)という。

 近鉄百貨店の営業担当者は「これを機に若者を中心にしたより充実した商業ゾーンを目指したい」と語る。市民からも「阿倍野にも難波や梅田に負けない楽しい百貨店ができてうれしい」との声が聞かれる。

 その効果が顕著に表れたのが7月1日に国税庁が発表した13年分の路線価だった。

 全国36万地点の中で上昇率トップだったのが、「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)で、6月の部分開業などの影響を受けて35・1%の上昇を記録。2位はグランフロン大阪のJR大阪駅周辺(北区芝田)で上昇率は17・4%、3位はJR天王寺駅周辺(天王寺区悲田院町)が10・4%増。今回は2桁の上昇率は全国で3カ所だけ、まさに開発による土地効果だ。

 これに対して、警戒心を示すのは難波、心斎橋を中心とするミナミだ。路線価でも難波駅前の路線価は梅田に次いで近畿では2番目だが、上昇率は1・3%と梅田や阿倍野に比べると勢いがない。

 しかし、対抗するためのミナミ活性化の〝カンフル剤〟はない。道頓堀川にテントを張りプールを作り水泳大会を行う計画が上がっているが、諸問題から中国、韓国の観光客も低迷しこれといって明るい話題はあまりない。

 最終局面を迎えた大阪の地域間競争は、かつての盛り場・ミナミに返り咲きのチャンスを与えるか。それには地元の相当な決意が必要だろう。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る