政治・経済

 羽田の国際線枠拡大やLCC(格安航空会社)の誕生など、新たな需要が生まれている日本の空で、さらに新たなプロジェクトが動き始めた。国産初のジェット機の誕生が、地域経済の活性を促す可能性がある。次なるイノベーションの未来図とは。

 

国産初のジェット機MRJが可能にする未来

 

 国産初のジェット旅客機であるMRJ(三菱リージョナルジェット)。三菱航空機が開発、製造を進めているこの旅客機は、座席数が70〜90席の小型機だが、日本の長年の夢をかなえる飛行機だ。低騒音、低燃費と性能も良く、あとは予定通りに納入されることを待つだけだ。

「三菱リージョナルジェット(MRJ)」試験飛行用1号機

三菱航空機の「三菱リージョナルジェット(MRJ)」試験飛行用1号機の胴体部分[三菱航空機提供](Photo=時事)

 このMRJを使い、地域経済の活性化につながる航空会社の誕生が検討されている。

 2014年4月、東京大学の鈴木真二教授を代表理事に、三菱商事、JTB総研などが参加する一般社団法人「次世代地域航空ネットワーク検討協議会」が発足し、間もなく日本政策投資銀行も加わる予定だという。

 発足の経緯を協議会専務理事の佐髙圭太氏に尋ねると、「経済産業省の部会において、MRJの活用について話されました。そこで米国のリージョナルエアラインが地域航空ネットワークを支えている仕組みが注目され、このシステムを日本でもうまく活用できないかということから、検討する場として協議会が誕生しました」とのこと。

 この仕組みとは、例えば米国のリージョナルエアライン最大手のスカイウエスト社は、保有機数で約800機(日本の大手エアラインでも200機強)、ネットワークは全米を網羅するが、そのほとんどが大手エアラインからの委託によるもの。

 便名もユナイテッドやデルタ、アメリカンなど大手航空会社の便名が使われており、乗務員の制服や機材の外装、内装も委託元のもので、スカイウエストが運航していることに気付かない人も多い。

 つまり、スカイウエスト社は大手のエアラインに航空機材、運航、乗員、整備等をパッケージでリースするウエットリースを行うだけなのだ。座席の販売は委託元が行い、販売リスクを負うことなく確実な収入を得ている。契約期間も航空機のリースに合わせて約10年と長期にわたることが多く、安定した経営が可能だ。その半面、たとえ需要が拡大してもその恩恵を享受することはない。

 大手のエアラインにとっても、自社で運行する場合の多額の固定費を削減できるなどメリットは大きい。

 今回の協議会では、大手エアラインからの受託だけでなく自治体や地元経済界と連携し、販売やマーケティングを地元で、実際の運航は新たな航空会社で受託する形を模索している。

 しかし、地方路線を飛ばすとしても、収益性の観点から多くの路線が縮小均衡の傾向にある。委託することで効率性は向上するとしても、根本的な解決にはならないのではないだろうか。

 

MRJのターゲットは観光インバウンド

 

 新たな需要をどこで創造するか、その答えがアジアだ。

 日本の数少ない成長産業のひとつである観光産業、特にアジアからの訪日観光客を取り込むことがカギになる。

 昨年、訪日外国人観光客は1千万人を超え、政府としては20年までに2千万人を目標に掲げている。この流れに乗って、観光インバウンドをアジア各地から直接日本の地方空港へと導こうというのだ。

 現在の羽田や成田などからの乗り継ぎよりも速く、気軽に訪れることができる。しかも、小型機ならではのコンパクトさが強みになる。国内幹線で使用されるボーイング787型機の座席数は330席ほど。LCCが主に使用するA320型機でも180席ある。ところが、MRJは70〜90席しかない。バスで考えれば2台分もない上に、低い運航コストを誇る最新鋭機だ。

 地方ごとに販売やマーケティングなどを行う航空輸送事業者が誕生し、運航業務は、スカイウエスト航空のような新たなリージョナルエアラインに委託される時代が来れば、地方独自の戦略で観光インバウンドでの経済効果はもちろん、地方空港の活用も進むはず。

 だが、それにはまだ越えなければならない課題が数多ある。

 ひとつは、まだ現状の航空法の下では機材の運航と販売などの分業が認められていないこと。また、小規模多頻度運航に対応するパイロットや整備士の人員不足という問題もある。加えて、既にJALもANAも子会社ジェイエアやANAウィングスなど、リージョナルエアラインを持っており、既存の会社との調整が必要となってくる。

 その点については、「既に両航空会社とも話し合いを始めており、最適な道を探しています。路線についても、採算が合わずに撤退した路線などを考えており既存の航空会社とバッティングすることはありません」(佐髙氏)とのことだが、調整の行方が成否のカギを握ることになろう。

 協議会は、既に国土交通省に法改正や規制緩和を働き掛けており、課題の解決を図っている。また、この新たなスキームを地方自治体も興味深く見ているようで、地理的にアジアに近い九州の関心が高いという。

 将来を見据えれば、このプロジェクトを形にすることで、爆発するアジアの航空需要に対しても、日本企業、特に協議会の中心である三菱商事の新たなビジネスになりそうだ。

 MRJが提供する小規模多頻度の新たな航空モデルは、地域経済の大きな武器となる可能性も秘めている。

(文=本誌/古賀寛明)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る