政治・経済

 ガスの全面自由化をめぐるガス業界と経済産業省の対立が深まっている。東京ガス、大阪ガス、東邦ガスの大手3社からガス導管部門を切り離そうとする経産省に対し、3社側が猛反発。場外論戦もヒートアップしている。

大義なきガス自由化論議

 事の発端は電力システム改革だった。電力は2016年の完全自由化に続き、18年から20年の間に発送電分離を行う。電力会社から送配電部門を法的分離し、送配電網を中立化することで、新規参入者と既存の電力会社の競争条件を公平にするのが狙いだ。この後を追って始まったのがガスシステム改革である。

 同じエネルギー業界で規制業種同士。地域独占が認められ、今や諸悪の根源とされる総括原価方式を採用しているのも同じだ。電力で地域独占も総括原価も廃止するなら、ガスも同様にすべしとの理論で、昨年秋にガス改革の議論が始まった。

 今も学識者からは「何のためにガスを自由化するのか。電気もやるからガスもやるでは大義がない」という声が漏れる。

 それでもガス業界は「もう世の中の流れだから仕方がない」と諦めムード。そもそも自由化される家庭用の需要は頭打ち。既に自由化されている工場や業務施設など大口の需要を獲得しない限り、成長は難しい。

 地方は空洞化などで、その大口需要ですら縮小傾向。「地方の都市ガスの多くは『完全自由化されても、どうせ新規参入者なんていない』と思っている」(ある経営コンサルティング会社)と打ち明けるように危機感に乏しい。

 さらに、既に自由化されている石油業界がガス自由化を声高に主張。工場を中心にガス業界にどんどん顧客を奪われており、その恨みを晴らそうというわけだ。

 電力業界も「電力自由化でガス会社が参入してくるのに、われわれがガス市場に入れないのは不公平だ」と、ガス改革を後押ししている。

 こうしたこともあり、今年春頃には「ガスの完全自由化も電力と同時スタートになるのではないか」と囁かれていた。

 ところが、季節が夏へ移り行くと同時に雲行きが怪しくなる。まず、LNG(液化天然ガス)受入基地の開放問題で業界と経産省のさや当てが始まる。経産省は主にガス・電力業界が持つLNGタンクなどの設備を新規参入者など第三者がもっと自由に利用できるよう、開放を義務付けようとした。

 ガス業界は「基地は今でも十分開放されている。相対交渉によっていつでも応じるが、これまで(第三者から)使いたいという要請は一度もない」と強く反発している。

 また、保安のあり方をめぐっても一悶着あった。ガス業界は、危険物であるガスの保安責任を、自由化後は新規事業者を含む小売り事業者が担うべきだと主張。

 「もし新規事業者がわれわれに保安を頼みにきたら、それは請け負ってあげてもよい」という立場を取った。これに対し、「ガス業界は保安を盾に新規事業者の参入を阻害している」との批判を恐れる経産省は、引き続きガス会社に担わせようとした。

 この対決はガス改革の議論とは別に、保安を専門に取り扱う審議会にも飛び火。保安をガス業界に担わせることありきで議論を前に進めようとする経産省に対し、ガス業界が「事実誤認に基づく取りまとめ案を出している」と反発。議論の中で、思わず「自由化で保安意識の低い事業者が入ってしまう可能性がある」と口を滑らせた役人に、消費者団体などから「自由化が本当に必要なのか」といった、ちゃぶ台返しの発言まで飛び出すドタバタぶりだった。

ガス自由化の法的分離の問題はどうなるか?

 そして、両者の対立を決定的にしたのが導管部門の中立化の問題だ。

 7月下旬、一部報道で「大手3社の導管部門の法的分離を検討」とニュースが流れ、ガス3社が猛反発。改革議論の場外で反対の大合唱となった。

 日本ガス協会会長でもある大阪ガスの尾崎裕社長は、記者会見で「分社化すると会社運営が非効率になり、余計な仕事も増える。企業体力も小さくなり、資金調達コストも増える」と真っ向から反論。東京ガスの広瀬道明社長も「今後、その議論はもう二度と行われないはずだ」と議論すら拒否する態度を示した。東邦ガスの安井香一社長も同様に反発した。

尾崎裕

導管部分の法的分離に反発する尾崎裕・日本ガス協会会長(Photo=時事)

 これにより議論は暗礁に乗り上げ、ガス自由化のスケジュールも電力から1年遅れが確実になった。

 それでも経産省は諦めない。9月に自由化が進んでいる欧州の事情を視察。導管部門が法的分離されても何ら問題ないことを報告し、議論を主導しようとしている。これにも尾崎社長は「導管網が全国規模で整えられている欧州と、各地域に限定される日本とでは事情が異なる」と切って捨てた。

 経産省としては年末までに議論を収束したい意向で、落としどころを探っているようだ。

 一方で、ある業界関係者によると、本来なら議題に上がる予定ではなかった法的分離が、茂木敏充前経産相の鶴の一声で覆り、前に進めざるを得なくなったという裏事情もあるという。経産相が交代したため、これをこっそりフェードアウトさせる可能性もゼロではなくなった。

 実は電力改革の発送電分離も、まだひっくり返る可能性を残している。電力業界ではいまだ発送電分離に根強い反対論が渦巻いており、それを沈静化させるためにあえて曖昧にしているのだ。

 ガス改革でも、それと同じ道を探るのが当面の逃げ道と言えようか。

(文=ジャーナリスト/大木健二)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る