政治・経済

 ガスの全面自由化をめぐるガス業界と経済産業省の対立が深まっている。東京ガス、大阪ガス、東邦ガスの大手3社からガス導管部門を切り離そうとする経産省に対し、3社側が猛反発。場外論戦もヒートアップしている。

大義なきガス自由化論議

 事の発端は電力システム改革だった。電力は2016年の完全自由化に続き、18年から20年の間に発送電分離を行う。電力会社から送配電部門を法的分離し、送配電網を中立化することで、新規参入者と既存の電力会社の競争条件を公平にするのが狙いだ。この後を追って始まったのがガスシステム改革である。

 同じエネルギー業界で規制業種同士。地域独占が認められ、今や諸悪の根源とされる総括原価方式を採用しているのも同じだ。電力で地域独占も総括原価も廃止するなら、ガスも同様にすべしとの理論で、昨年秋にガス改革の議論が始まった。

 今も学識者からは「何のためにガスを自由化するのか。電気もやるからガスもやるでは大義がない」という声が漏れる。

 それでもガス業界は「もう世の中の流れだから仕方がない」と諦めムード。そもそも自由化される家庭用の需要は頭打ち。既に自由化されている工場や業務施設など大口の需要を獲得しない限り、成長は難しい。

 地方は空洞化などで、その大口需要ですら縮小傾向。「地方の都市ガスの多くは『完全自由化されても、どうせ新規参入者なんていない』と思っている」(ある経営コンサルティング会社)と打ち明けるように危機感に乏しい。

 さらに、既に自由化されている石油業界がガス自由化を声高に主張。工場を中心にガス業界にどんどん顧客を奪われており、その恨みを晴らそうというわけだ。

 電力業界も「電力自由化でガス会社が参入してくるのに、われわれがガス市場に入れないのは不公平だ」と、ガス改革を後押ししている。

 こうしたこともあり、今年春頃には「ガスの完全自由化も電力と同時スタートになるのではないか」と囁かれていた。

 ところが、季節が夏へ移り行くと同時に雲行きが怪しくなる。まず、LNG(液化天然ガス)受入基地の開放問題で業界と経産省のさや当てが始まる。経産省は主にガス・電力業界が持つLNGタンクなどの設備を新規参入者など第三者がもっと自由に利用できるよう、開放を義務付けようとした。

 ガス業界は「基地は今でも十分開放されている。相対交渉によっていつでも応じるが、これまで(第三者から)使いたいという要請は一度もない」と強く反発している。

 また、保安のあり方をめぐっても一悶着あった。ガス業界は、危険物であるガスの保安責任を、自由化後は新規事業者を含む小売り事業者が担うべきだと主張。

 「もし新規事業者がわれわれに保安を頼みにきたら、それは請け負ってあげてもよい」という立場を取った。これに対し、「ガス業界は保安を盾に新規事業者の参入を阻害している」との批判を恐れる経産省は、引き続きガス会社に担わせようとした。

 この対決はガス改革の議論とは別に、保安を専門に取り扱う審議会にも飛び火。保安をガス業界に担わせることありきで議論を前に進めようとする経産省に対し、ガス業界が「事実誤認に基づく取りまとめ案を出している」と反発。議論の中で、思わず「自由化で保安意識の低い事業者が入ってしまう可能性がある」と口を滑らせた役人に、消費者団体などから「自由化が本当に必要なのか」といった、ちゃぶ台返しの発言まで飛び出すドタバタぶりだった。

ガス自由化の法的分離の問題はどうなるか?

 そして、両者の対立を決定的にしたのが導管部門の中立化の問題だ。

 7月下旬、一部報道で「大手3社の導管部門の法的分離を検討」とニュースが流れ、ガス3社が猛反発。改革議論の場外で反対の大合唱となった。

 日本ガス協会会長でもある大阪ガスの尾崎裕社長は、記者会見で「分社化すると会社運営が非効率になり、余計な仕事も増える。企業体力も小さくなり、資金調達コストも増える」と真っ向から反論。東京ガスの広瀬道明社長も「今後、その議論はもう二度と行われないはずだ」と議論すら拒否する態度を示した。東邦ガスの安井香一社長も同様に反発した。

尾崎裕

導管部分の法的分離に反発する尾崎裕・日本ガス協会会長(Photo=時事)

 これにより議論は暗礁に乗り上げ、ガス自由化のスケジュールも電力から1年遅れが確実になった。

 それでも経産省は諦めない。9月に自由化が進んでいる欧州の事情を視察。導管部門が法的分離されても何ら問題ないことを報告し、議論を主導しようとしている。これにも尾崎社長は「導管網が全国規模で整えられている欧州と、各地域に限定される日本とでは事情が異なる」と切って捨てた。

 経産省としては年末までに議論を収束したい意向で、落としどころを探っているようだ。

 一方で、ある業界関係者によると、本来なら議題に上がる予定ではなかった法的分離が、茂木敏充前経産相の鶴の一声で覆り、前に進めざるを得なくなったという裏事情もあるという。経産相が交代したため、これをこっそりフェードアウトさせる可能性もゼロではなくなった。

 実は電力改革の発送電分離も、まだひっくり返る可能性を残している。電力業界ではいまだ発送電分離に根強い反対論が渦巻いており、それを沈静化させるためにあえて曖昧にしているのだ。

 ガス改革でも、それと同じ道を探るのが当面の逃げ道と言えようか。

(文=ジャーナリスト/大木健二)

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る