文化・ライフ

筆者プロフィール

(よねやま・きみひろ)作家、医師(医学博士)、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業。1998年2月に同大学第2内科助教授を退職し、著作活動を開始。東京都あきる野市にある米山医院で診察を続ける一方、これまでに260冊以上を上梓。講演会、テレビ・ラジオ出演、テレビ番組企画・監修も行っている。NPO日本サプリメント評議会代表理事、NPO日本プレインヘルス協会理事。

 

日本の医者とジェネリック

 私の診療所に営業に来た大手製薬会社のMR(営業マン)がこう嘆いた。「今やわれわれより、ジェネリックメーカーの社員のほうが景気が良く、風を切って歩いていますよ。こんなことになるなんて想像もしていませんでした」

 ご存じのとおり、ジェネリック薬品の使用は医療費削減の有効な手だてとされ、日本を含む、さまざまな国がその普及を後押ししている。日本の場合、新薬のうちジェネリック製品に切り替えられるものをすべて変更すれば、1兆5300億円規模の削減効果が生まれるという。

 ただし、日本の医療現場でジェネリックがそれほど広く使われているわけではない。昨年9月時点においても、ジェネリックへの切り替え率は47・2%でしかない。海外では、ジェネリック製品が出た段階で自動でそれに切り替える制度を施行している国もある。それを考えれば、日本での普及はまだまだのレベルだ。

 日本でのジェネリックの使用が進まない理由の1つとして、医者たちの不信感がある。ひと昔前、ジェネリック製品は、薬の特許切れと同時に「ゾロゾロ」と出てくるため、「ゾロ品」と呼ばれ、医者たちから見下されていた。また実際にも、当時のジェネリックは、効果が不安定だったり、製品管理が十分でなかったりと、全幅の信頼の置ける医薬品ではなかった。

 近年では、ジェネリック製品の管理もしっかりとしてきたが、日本の医者たち--特に年齢の高い医者たちの中には、ジェネリックに対して悪しきイメージを持ち続けている向きが少なくない。また、薬の安定供給を不安視する医者もあり、そうした疑念を払拭するには、ジェネリックメーカーのさらなる努力と営業が必要だろう。

ジェネリックの効果は元製品と同じなのか?

 もう1つ、医者たちがジェネリックの使用を避ける大きな理由として、長年にわたって築かれてきた製薬会社との太いつながりがある。とりわけ、大学病院などでは、臨床研究費が製薬会社から出されていたりする。そのため、大手製薬会社に気を使い、すべてをジェネリックに切り替えようとはしないのである。

 一方、降圧薬をジェネリックに切り替えると、血圧が上がってしまう患者がいる。この場合、ジェネリック薬品自体に問題があるかもしれないし、ジェネリックへの切り替えによる患者の不安感が作用した結果かもしれない。薬に対する患者の感覚は非常に繊細で、全く同じ成分の薬であるのに、色が変わっただけで「効かなくなった」と訴える人が出るほどだ。

 その意味で、ジェネリック薬品が、元製品である大手製薬会社の薬とすべてが同じなら、医者も安心して使えるし、患者の不安もなくなるだろう。

 ところが、現在のジェネリック製品は、大抵の場合、大手製薬会社の薬と主成分は同じでも、製造方法や剤形・味・添加物・基材といった副成分が異なる。なぜならば、元製品の副成分に関する情報は未公開であることが多く、ジェネリックメーカーが全く同じ薬を作ることができないからだ。

 その裏を見通すと、国側が大手製薬会社に気を配り、ジェネリックメーカーに全く同じものを作らせないようにしているとしか思えない。つまり、日本の行政は、表向きはジェネリックの使用を奨励しつつも、裏では大手製薬会社を擁護するという、中途半端なスタンスを取っているののである。

医療費削減を真に望むなら

 ジェネリックの使用をめぐり、もう1つ慎重に判断すべきが、本当に医療費削減につながるかどうかだ。実のところ、ジェネリックへの切り替えで、あらゆる薬の薬価が劇的に下がるわけではない。長く販売されてきた薬は、大手製薬会社の製品であっても薬価がかなり下がっており、ジェネリックに切り替える意味がない場合もある。アスピリンなどはその典型だ。

 だが、本当に医療費を下げたければ、ジェネリックへの切り替え以前に、患者に投与する薬の数を減らすべきだろう。例えば、90歳の高齢者に対し、1回10錠以上もの薬を飲むよう処方する医者が多くいる。高齢者だから薬が不要というわけではないが、多くの薬が75歳くらいまでしか疫学調査がなく、超高齢者の薬治療に意味があるかどうかは分かっていない。

 また、80歳を超えれば、血糖・血圧の管理を徹底したところで、生命予後には無関係というのが一般的な考え方だ。それでも、多くの医者が患者の年齢を考慮せず、大量の薬を処方し続けている。大原則を言えば、薬を飲まずに済むなら、そのほうがいい。したがって、医者側も薬を処方する根拠を明確に示す必要があるだろう。

 今後、一層の高齢化が進む。だからこそ、高齢者の疫学調査をさらに進め、無駄な薬を減らす努力とルール作りを急ぐ必要があるのだ。

 

筆者の記事一覧はこちら

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る