国際

マクロ要因だけでは説明できない米国株上昇とは

 米国株の上昇が続いている。世界の主要先進国の中でも、米国株の上昇率は圧倒的に高い。そこで、米国株上昇の構造要因を探り、今後を展望する。

 世界を戦後最大の不況に引きずり込んだのは、リーマンショックの発信源である米国だ。ところが、リーマンショックの半年後に世界の株式相場は底を打った後、米国株の上昇率は他の市場よりも圧倒的に高い。2009年3月安値から今年8月末までの米国株の上昇率は233%(MSCI株価指数)と、欧州の140%、新興国の136%、日本の102%を大きくしのぐ。それも、米国の年間の株価上昇率は、10年15%、11年2%、12年16%、13年33%、14年8月末10%(年初来)と安定している。

 日本のそれは、10年1%、11年19%下落、12年22%、13年55%、14年8月末2%下落(同)と乱高下している。日本株は、アベノミクスの出発点である12年11月15日から14年1月8日の高値まで、わずか1年2カ月で86%も上昇したが、それ以外の時期は低迷している。

 米国株は、なぜこれほどまでに持続的に上昇しているのか。 第1に、米国の経済成長率が高いことが挙げられる。10〜14年の年平均経済成長率(14年はシティグループ証券予想)は、ギリシャ危機など大きな経済混乱があったユーロ圏が0・7%、東日本大震災と史上最高の円高があった日本が1・6%にとどまった。しかし、米国は2・1%とこれらよりも高い。つれて、企業業績も急速に回復した。

 第2に、シェール革命による原油生産の急増の恩恵が大きい。今年4月の米国のオイル生産量(日産)は1327万バレルと、サウジアラビアの1168万バレルを大きく上回り、世界最大だ(出所:EIA)。06年が831万バレルだったので、生産量は1・6倍に増加した。米国がオイルの純輸出国になるのも時間の問題だ。米国の経常赤字対GDP比は06年5・8%から18年には1・4%へと大幅に減少し、この分、経済成長率を押し上げる見込みだ。

 景気が回復して、かつFRBがマネーをふんだんに供給すれば、株価が上がるのは当然だ。ただし、こうしたマクロ要因だけでは、これほどまでの上昇を説明することはできない。例えば、経済成長率は新興国のほうが米国よりもはるかに高い。しかし、株価上昇率は、米国が新興国をはるかにしのぐ。金融緩和は、米国だけでなく、日本や欧州も積極的に実施している。

米国株上昇のミクロ要因とは

 マクロ要因だけで説明できなければ、ミクロ要因で説明するのが、株式市場のオーソドックスな分析手法だ。ミクロ要因は数多いが、最も重要なのは、企業業績と長期的な成長力だ。

 過去1年間(8月末)で、世界の株式時価総額増加額が最も大きいのが、グーグル(情報通信)の13兆円(時価総額は41兆円)、2位がフェイスブック(情報通信)の10兆円(同20兆円)、3位がジョンソン・エンド・ジョンソン(ヘルスケア)の7兆円(同30兆円)だ。ITや薬品などハイテク分野が米国の株価上昇をリードしている。

 米国の特徴は、新陳代謝が激しいことだ。米国のITと言えば、かつてはIBM、モトローラ、ゼロックスなどが代表的な企業であった。ところが、現在では、これらに代わって、アップル、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどが主力企業だ。フェイスブックは上場してわずか2年しかたっていないのに、時価総額は20兆円にも達している。アップルの時価総額は64兆円と、世界最大だ(トヨタ自動車の3倍以上)。

 ギリアド・サイエンセズと言っても、日本ではほとんどなじみはない。米国のヘルスケアと言えば、かつてはメルク、ファイザーなどが代表的な企業であった。感染症薬開発で急成長するギリアド・サイエンセズの時価総額は17兆円であり、過去1年間で8兆円増えた。

 情報通信では、米国外で最大の企業はサムスン電子(時価総額18兆円)であり、その後、中国の通信サービス会社のテンセントHD(同16兆円)、台湾の半導体メーカーTSMC(同11兆円)、インドのITソフトウエア会社タタコンサルタンシー(同8兆円)とアジア企業が続く。一方で、これらと比較して、欧州や日本の企業は小さい。

 日本の情報通信で最も時価総額が大きいのがキヤノンの4・5兆円。ヘルスケアで最も時価総額が大きいのが武田薬品の3・8兆円だ。これらは、米国のハイテク企業と比較すると著しく小さい。

 このように、バイオベンチャーやITベンチャーが続々と登場するのが、米国の特徴だ。米国の強みは、世界最高水準のハイテク企業やユニークなグローバル企業を生み続ける土壌を持つことだ。世界最多のノーベル賞受賞者を生む科学技術力、世界から流入する優秀な頭脳、スタンフォード大学を核とするシリコンバレー、それを支えるベンチャーキャピタルなどの豊富な投資資金など、米国は多くの強みを持つ。これらが変化しない限り、続々と登場するベンチャー企業が米国株をリードする構図に変化はあるまい。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る