国際

マクロ要因だけでは説明できない米国株上昇とは

 米国株の上昇が続いている。世界の主要先進国の中でも、米国株の上昇率は圧倒的に高い。そこで、米国株上昇の構造要因を探り、今後を展望する。

 世界を戦後最大の不況に引きずり込んだのは、リーマンショックの発信源である米国だ。ところが、リーマンショックの半年後に世界の株式相場は底を打った後、米国株の上昇率は他の市場よりも圧倒的に高い。2009年3月安値から今年8月末までの米国株の上昇率は233%(MSCI株価指数)と、欧州の140%、新興国の136%、日本の102%を大きくしのぐ。それも、米国の年間の株価上昇率は、10年15%、11年2%、12年16%、13年33%、14年8月末10%(年初来)と安定している。

 日本のそれは、10年1%、11年19%下落、12年22%、13年55%、14年8月末2%下落(同)と乱高下している。日本株は、アベノミクスの出発点である12年11月15日から14年1月8日の高値まで、わずか1年2カ月で86%も上昇したが、それ以外の時期は低迷している。

 米国株は、なぜこれほどまでに持続的に上昇しているのか。 第1に、米国の経済成長率が高いことが挙げられる。10〜14年の年平均経済成長率(14年はシティグループ証券予想)は、ギリシャ危機など大きな経済混乱があったユーロ圏が0・7%、東日本大震災と史上最高の円高があった日本が1・6%にとどまった。しかし、米国は2・1%とこれらよりも高い。つれて、企業業績も急速に回復した。

 第2に、シェール革命による原油生産の急増の恩恵が大きい。今年4月の米国のオイル生産量(日産)は1327万バレルと、サウジアラビアの1168万バレルを大きく上回り、世界最大だ(出所:EIA)。06年が831万バレルだったので、生産量は1・6倍に増加した。米国がオイルの純輸出国になるのも時間の問題だ。米国の経常赤字対GDP比は06年5・8%から18年には1・4%へと大幅に減少し、この分、経済成長率を押し上げる見込みだ。

 景気が回復して、かつFRBがマネーをふんだんに供給すれば、株価が上がるのは当然だ。ただし、こうしたマクロ要因だけでは、これほどまでの上昇を説明することはできない。例えば、経済成長率は新興国のほうが米国よりもはるかに高い。しかし、株価上昇率は、米国が新興国をはるかにしのぐ。金融緩和は、米国だけでなく、日本や欧州も積極的に実施している。

米国株上昇のミクロ要因とは

 マクロ要因だけで説明できなければ、ミクロ要因で説明するのが、株式市場のオーソドックスな分析手法だ。ミクロ要因は数多いが、最も重要なのは、企業業績と長期的な成長力だ。

 過去1年間(8月末)で、世界の株式時価総額増加額が最も大きいのが、グーグル(情報通信)の13兆円(時価総額は41兆円)、2位がフェイスブック(情報通信)の10兆円(同20兆円)、3位がジョンソン・エンド・ジョンソン(ヘルスケア)の7兆円(同30兆円)だ。ITや薬品などハイテク分野が米国の株価上昇をリードしている。

 米国の特徴は、新陳代謝が激しいことだ。米国のITと言えば、かつてはIBM、モトローラ、ゼロックスなどが代表的な企業であった。ところが、現在では、これらに代わって、アップル、グーグル、フェイスブック、アマゾンなどが主力企業だ。フェイスブックは上場してわずか2年しかたっていないのに、時価総額は20兆円にも達している。アップルの時価総額は64兆円と、世界最大だ(トヨタ自動車の3倍以上)。

 ギリアド・サイエンセズと言っても、日本ではほとんどなじみはない。米国のヘルスケアと言えば、かつてはメルク、ファイザーなどが代表的な企業であった。感染症薬開発で急成長するギリアド・サイエンセズの時価総額は17兆円であり、過去1年間で8兆円増えた。

 情報通信では、米国外で最大の企業はサムスン電子(時価総額18兆円)であり、その後、中国の通信サービス会社のテンセントHD(同16兆円)、台湾の半導体メーカーTSMC(同11兆円)、インドのITソフトウエア会社タタコンサルタンシー(同8兆円)とアジア企業が続く。一方で、これらと比較して、欧州や日本の企業は小さい。

 日本の情報通信で最も時価総額が大きいのがキヤノンの4・5兆円。ヘルスケアで最も時価総額が大きいのが武田薬品の3・8兆円だ。これらは、米国のハイテク企業と比較すると著しく小さい。

 このように、バイオベンチャーやITベンチャーが続々と登場するのが、米国の特徴だ。米国の強みは、世界最高水準のハイテク企業やユニークなグローバル企業を生み続ける土壌を持つことだ。世界最多のノーベル賞受賞者を生む科学技術力、世界から流入する優秀な頭脳、スタンフォード大学を核とするシリコンバレー、それを支えるベンチャーキャピタルなどの豊富な投資資金など、米国は多くの強みを持つ。これらが変化しない限り、続々と登場するベンチャー企業が米国株をリードする構図に変化はあるまい。

 

【WORLD INSIGHT】記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

入学試験や資格取得のための勉強法については、さまざまなハウツーコンテンツが世にあふれている。そんな中、独自の学習理論で注目されているのが、サイトビジット社長の鬼頭政人氏。勉強法という個人的な問題を解決するためのサービスを、「働き方改革」を推進する法人向けにも展開している。(取材・文=吉田浩) …

鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年2月号
[第45回経済界大賞]
  • ・[大賞]新浪剛史(サントリーホールディングス社長)
  • ・[特別賞]小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)
  • ・[優秀経営者賞]水田正道(パーソルホールディングス社長CEO)
  • ・[優秀経営者賞]青野慶久(サイボウズ社長)
  • ・[ベンチャー経営者賞]及川智正(農業総合研究所会長CEO)
  • ・[ベンチャー経営者賞]山本正喜(ChatworkCEO兼CTO)
  • ・[グローバル賞]ハロルド・ジョージ・メイ(新日本プロレスリング社長兼CEO)
  • ・[100年企業賞]高松建設(高松孝年社長)
[Special Interview]

 新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

 創業精神の共有から始めた米ビーム社との統合作業

[NEWS REPORT]

◆海外メーカーを次々と買収 キリンがクラフトにこだわる理由

◆売上高は前期比3割増 止まらぬワークマンの快進撃

◆第3の都市はどこに? 「スタートアップ拠点」争奪戦

◆寿司屋の大将は3Dプリンター? 電通が画策する未来の飲食

[特集]

 もっと眠りたい

 明日のパフォーマンスを劇的に高める

 一流の睡眠術

ページ上部へ戻る