マネジメント

 いつも絶やさぬ穏やかな表情からは、窺いしれぬ体験をしていた近藤道生氏。近藤氏の経営者として大事な「肚(はら)」はいかにつくられたのか。(2000年4月11日号)

近藤道生が25歳で一瞬観念したこととは

近藤道生

近藤道生(こんどう・みちたか)
(1920〜2010)神奈川県出身。東京帝国大学卒業後、大蔵省に入省後すぐに海軍に。戦後、大蔵省に復帰し銀行局長、国税庁長官を歴任。1975年に博報堂に社長として招かれ発展に寄与した。また、茶人としても有名であった。

 昭和20年9月2日、東京湾に浮かぶミズーリ号の上で、わが国の降伏調印式が行われた同じ日、インド洋上でも英艦隊旗艦ネルソン艦上で調印式が行われたことを知る人はあまり多くないでしょう。

 インド洋特有の真っ赤な夕焼けを背にして、衰えたりとはいえ大英帝国の誇る戦艦、巡洋艦、航空母艦、駆逐艦など数十隻の大艦隊が、静まりかえって浮かんでいました。海軍生活ほぼ3年になりますが、敵味方を通じてこんな大艦隊には初めてお目に掛かりました。まるで水平線全部を占めているようでした。わが方にはせいぜい掃海艇しか残っていません。

 司令官、幕僚ほか数名が乗って、横付けした旗艦ネルソンの3連装14インチ砲が馬鹿に威圧的に見えました。

 もし司令官が侮辱を受けたらと軍刀の柄を握り締めましたが、本当に抜くつもりだったことは確かです。「君辱めらるれば臣死す」という気概は、私のような気の弱いものでも当時としては、かなり当たり前の心情でした。

 甲板上で30数人の連合軍報道班員が群がり集まった時にも、今から考えるとドンキホーテ的ですが、大手を広げて阻止し、敗戦の将士をかばって記者らを追い払ってくれた英軍大佐の後ろ姿を、両手を合わせて拝みました。その後文官として長く務めましたが、ああいう純真な忠誠心で上司に接した場面は2度とありません。

 さて、いよいよペナン退去の日が来ました。対岸のバタワースに船で渡るのですが、乗船直前に旧敵兵の掠奪が始まりました。英陸軍はビルマで日本軍と激しい戦闘をしてきた直後なので、英海軍とは違って敵意剥き出しです。しばしばお互いの間で殺傷事件が起こりました。

 兵隊の私物ならともかく、医療品ほかみんなの生存のための必需品まで奪われかねない場面もありました。深夜その赤十字マークを付けた必需品の掠奪が始まった時のことです。英兵は若い中尉の指揮官ほか20人くらい。こちらは丸腰50人。

 咄嗟に私は箱を担いでいる日本兵のほうだけを向いて、大声で号令をかけ、その場を走り去らせました。2箱か3箱までは必死の気迫でうまく通過させましたが、次の箱はどうしても開けろといって止められました。私は担ぎ手の日本兵に近寄るなり、平手打ちのビンタを喰らわせ、早く行けと勧進帳を演じました。途端に激昂した英指揮官が自動小銃の銃口を私の腰にめり込ませて「ユー・ファッキング・バスタード!」と喚き始めました。一瞬観念しましたが、一切彼のほうを見ず、かなり長い時間、彼を無視し、日本兵だけを相手にした勧進帳をやっとの思いで演じ切ることができました。時に私は25歳でした。

 先祖や両親の加護を戦時中何度か痛感しましたが、この時もまさにそうでした。父から教わった宋の僧、祖元の「珍重す 大元三尺の剣 電光影裏 春風を斬る」の禅語を心の中で何度も唱えていました。元の兵に取り囲まれた祖元禅師と違って、大英帝国の自動小銃を腰にめり込まされた私は、顔面蒼白、脂汗を流していたことと思いますが。

近藤道生の精神の拠りどころとは

 やっとの思いで日本に帰還しましたが、街にあふれる娼婦の姿と歌謡曲「こんな女に誰がした」を聴いた時は、さすがに涙が止まりませんでした。その話をすると、今でも胸が熱くなります。その時は日本再興を誓ったもので、「こんな国に誰がした……」と泣けました。若い時は生意気なもので、自分ひとりで日本をしょっているような感じがあるんです。

 その歌が流れてくると、「僕が負けたから、こんなことに……」とまさに誇大妄想。歌手は菊池章子さんだったでしょうか。上手過ぎるんです。実感がこもり過ぎるんです。その度に泣けて仕方がありませんでした。

 経営者やリーダーが〝心を失った〟と言われますが、バブル経済の後始末もどうやらカタがついてきました。これからが経営者の真価を問われる時です。

 私の場合は「茶道」が精神的な拠り所であったと言えるかもしれません。

 茶禅一味という言葉があります。茶と禅は一体です。全否定からの出発です。

 ひとたび殺した五感がよみがえる時の清新溌剌の境地を尊びます。物欲の末路に来るバブルとは無縁です。

 常に否定を繰り返す心、形なき波動の飛び交うインターネット時代にもっともアジャスタブルではないでしょうか。禅や茶が無意識にかなり日常生活に溶け込んでいる日本人は、きっかけさえ与えられれば、これからの世界でぐんと存在感を増してくるはずです。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

バーチャル空間で開催される会議や音楽ライブなどに、3Dアバターで参加できる画期的サービス「cluster」を生み出したのは、元引きこもりのオタク青年だった。エンタメの世界を大きく変える可能性を秘めたビジネスで注目を浴びる経営者、加藤直人氏の人物像と「cluster」の展望を探る。(取材・文=吉田浩)加藤直人・…

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年1月号
[特集]
平成の事件簿

  • ・[イトマン事件]闇勢力に銀行が食い荒らされた戦後最大の経済事件
  • ・[ダイエー、産業再生機構入り]一代で栄枯盛衰を体現した日本の流通王・中内 功の信念
  • ・[ライブドアショック]一大社会現象を起こしたホリエモンの功罪
  • ・[日本航空経営破綻]親方日の丸航空会社の破綻と再生の物語

[Special Interview]

 高橋和夫(東京急行電鉄社長)

 「100周年に向けて、オンリーワン企業の強みを磨き続ける」

[NEWS REPORT]

◆かつてのライバル対決 明暗分けたパナとソニー

◆経営陣に強い危機感 富士通が異例の構造改革断行

◆売上高1兆円が見えた ミネベアミツミがユーシンを統合

◆前門の貿易戦争、後門の技術革新 好決算でも喜べない自動車各社

[特集2]経営に生かすAI

 「人工知能は『お弟子さん』
日常生活が作品になるということ」
落合陽一(筑波大学准教授)

ページ上部へ戻る