マネジメント

 ジャパンディスプレイは、日本のディスプレー産業の立て直しのために、産業革新機構(INCJ)の出資を受け、日立製作所、東芝、ソニーの中小型液晶事業部門を統合し、2012年に誕生した。統合の成果を着実に積み重ね、当初の予定を前倒して今年3月に株式上場を果たした。上場時にはこの春の注目銘柄として株式市場の期待は高かったが、今年に入ってからのディスプレー市場の急変もあり上場後の株価は期待ほどには伸びていない。市場の変化が激しくなり、難しい舵取りが続く中、同社の現状と今後について、大塚周一社長に話を聞いた。

 

大塚周一・ジャパンディスプレイ社長プロフィール

大塚周一

大塚周一(おおつか・しゅういち)
1951年生まれ、福岡県出身。佐賀大学理工学部物理学科卒業後、進工業を経て、80年日本テキサス・インスツルメンツに入社。98年ソニー入社、2002年エルピーダメモリ入社、04年同社取締役COO、11年6月退任。12年4月ジャパンディスプレイ代表取締役社長CEOに就任。

 

ジャパンディスプレイの現状と課題

 

市況の変化で厳しい状況に

-- 現在の足元のビジネスの状況は。

大塚 今年の1〜3月から4〜6月にかけて、われわれは非常に厳しい状況にあるというのが、市場の一般的な認識だと思います。一番の問題はマーケットそのものがものすごいスピードで変化していることです。

 この2年間のトレンドとして、中国メーカーの台頭があります。われわれは、グローバルなブランドメーカー向けにある程度のベースラインがあり、その上に中国メーカーの立ち上げを期待していました。ところが中国メーカー向けの売り上げは確かに増えていますが、グローバルメーカー向けの売り上げが大きく落ち込み、トータルで見ると飛躍できていない。それが大きな誤算となっています。

 もう1つの誤算は、タブレットをもう少し期待していました。残念ながらスマートフォンが大型化する中で、この1〜3月あるいは4〜6月はタブレットが軒並み駄目になっています。ここはわれわれの期待をかなり外れたと思っています。

 そういう動きがクイックに来ている中で、残念ながら結果的に季節要因のボラティリティーを吸収できませんでした。この7〜9月も一番大きなリスクは大口顧客向けの立ち上げがどのくらい順調に進むかですが、かなり厳しいというのが実態です。

HD単価の下落は仕掛けられたもの?

-- この3月に上場しましたが、当初の予定をかなり前倒ししたと認識しています。それまでは順調だったのですか。

大塚 順調でした。しかし1〜3月あるいは4〜6月の落ち込みがひどかった。それまでの好調に比べると、1〜3月に相当大きくマーケットが動いたことは事実です。

 1〜3月に720HDという規格の単価が約30%急落しました。これは、ある意味で仕掛けられていた可能性もあります。われわれが業界の中で出ようとしているところに対して、快く思っていない人たちもいますから。

-- 貴社はこの春の上場の期待銘柄の1つでしたが。

大塚 われわれもこんな状況になるとは、夢にも思っていませんでした。われわれが成長していくための資金調達手段として、株式上場は一番良い手段だと思っていますし、株式上場そのものに対しては結果的に正解だったと思っています。正解でしたが残念ながら株価を見た時に、株主の方々に対しては大変申し訳なく思っています。

 市場の変化に対する備えができていなかったという点では、基本的にはわれわれの問題だと認識しています。

 

ジャパンディスプレイの今後

 

株価はもっと上がってしかるべき

大塚周一-- 今後の課題は市場の変化にいかに対応していくかということになりますか。

大塚 市場の変化は現実的に起きてきているわけですから、それに対して、われわれの基本的な戦略は変わっていません。

 高級プレミア価格帯のスマートフォンの成長が鈍化しており、中価格帯、いわゆるボリュームゾーンのスマートフォン向けに参入することが重要だと考えてきました。必ずコモディティ化が起きてくる前提で、昨年の段階で台湾子会社として台湾ディスプレイを作っています。

 コスト競争力という観点では、日本人の今までのやり方だけでは勝てません。そこのところで台湾ディスプレイを使って勝とうと思っています。

 しかし、この世界のマーケットは読めませんよ。フォーキャストを出せるほど、このビジネスは簡単ではないです。

 そんな簡単なビジネスだったら、何も私が飛び込んできて、「日本の産業を何とかしなければいけない」という熱い想いを持ってやることではないです。そこで勝つことがわれわれの夢であり、その想いは変わっていません。

 ですから、株主の人たちには大変迷惑をかけて申し訳ないと思っていますが、われわれが掲げている夢やゴールは変わっていないことをぜひご理解いただき、少し長い目で見ていただければという気持ちを持っています。

-- では、今の株価はもっと上がってしかるべきだと。

大塚 全然納得できないですよ。PBR(株価純資産倍率)が1以下なんてことはとてもじゃないですが、そんな会社を目指してわれわれがやってきたわけではないですよ。でもその先に描かなければいけないのは、きちんと利益を出し続けられる会社です。そのためには、ある程度のマーケットシェアを取らなければいけません。

車載用ディスプレイが将来のビジネスの柱に

-- タブレットが思ったほど伸びなかったとのことですが、今後のタブレットの展望は。

大塚 ボリュームベースは思ったほど伸びていないですが、タブレットにおける高精細化に加え、インセルのタッチパネルの取り組みは継続しています。私たちのインセルタッチパネルは、常に進化しています。特に大きなタブレットでは、高感度のインセルのタッチパネルはなかなか実現しにくい。ここを実現した時に大きなバリューが生まれます。タブレットにおけるイノベーションは引き続きやっていきます。

-- アプリケーションでは、車載ディスプレーに注力している印象を受けます。

大塚 車載は将来に対して非常に大きな展望を持っています。これまで大手米国自動車メーカー向けの車載ビジネスに参入できていませんでしたが、ようやくこの環境が打破できました。

 某大手自動車メーカーから正式に認定を受けて、デザインインをスタートしています。実際的にビジネスとなるのは2016年から17年にかけてですが、米国市場に入れることが車載ビジネスを増やせる1つの要素になっています。

 一方、車載の中におけるディスプレーの搭載率は圧倒的に増えてきています。バックミラーなどの代わりに、後方や側面のカメラで撮った画像をディスプレーに映し出して見ることが一般的になってきています。

 そういう動きの中で車載用ディスプレーが大きく伸びていく。さらに高精細化が間違いなく進んでいきます。

 18年から20年ぐらいのタイミングでLTPS(低温ポリシリコン液晶)を使った高精細化が出てくると思います。車載は将来のビジネスの柱になると期待しています。

 

ジャパンディスプレイは経営統合のシナジーを発揮できるか

 

-- 統合からここまでの歩みで、半導体の統合の失敗例がある一方で、貴社の場合は何がうまくいったとお考えですか。

大塚 エルピーダメモリでDRAMを統合した時に経験した問題は、その統合の形態でした。

 要するに開発コストが高い、設備投資が大きいという、2つのお荷物を軽減することが統合の狙いで、グローバルな競争で勝ち抜くための本質的な狙いを忘れていたのではないかと思います。統合の本質的なシナジーを忘れた統合では勝てません。

 全く同じビジネスモデルの会社が単に統合しただけでは、それが1+1+1が3である限り、シナジーはあり得ません。本社や営業の組織・機能は3分の1にスリムにする必要があるからです。3つの会社が一緒になったら、1+1+1を1にしなければいけません。だからわれわれは統合前に組織を3分の1にスリムにしてきました。

 もう1つの統合のシナジーは、1+1+1を3〜5にしなければいけません。例えばエルピーダの統合の時には、DRAMの技術で、NECの技術のほうがいい、いや日立の技術のほうがいい、というやりとりがありました。こういう不毛な議論をしている間に半年や1年は簡単に乗り遅れてしまいます。

 当社の統合では、例えばLTPSは東芝、システムソリューションはソニーだと決めて、これに対して文句を言わせないようにしました。それをやるために、産業革新機構(INCJ)がやったことは、公平に客観的に判断できる外部のCEOを招聘することでした。これには親会社からの横槍で経営判断に狂いが生じることを防ぐことも狙いでした。そのことは成功しています。

 結果的に3社が一緒になってR&Dのシナジーも上がってきています。われわれは「イノベーションビークル」ということを2年間ずっと打ち出してきています。ベストオブベストの技術を使った商品を出して、世の中の反響を見て、市場のマーケティングをやっていこうということで、これが統合のシナジーの1つです。

 もうひとつは、われわれは設計要員をカットしていません。結果的に3社合わせた人数でデザインインをやれるため、製品開発スピードが圧倒的に上がりました。これも統合のシナジーが1ではなく3以上になったということです。

 統合のシナジーがこれだということを従業員にきちんとメッセージを伝えて、そこのところに対して舵取りをしていくことについては、明確にやってきたと思っています。

(聞き手=本誌・村田晋一郎 写真=佐々木 伸)

 

【ジャパンディスプレイ】関連記事一覧はこちら

【マネジメント】の記事一覧はこちら

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年11月号
[特集] AIが知りたい!
  • ・IT未開の地に挑戦 産業構造をAIが変える!
  • ・AIは物理世界がまだ苦手 汎用ロボットの作り方
  • ・データ分析の起点は「何があれば経営に役立つか」
  • ・AI活用事例
  • ・ワトソン君は業務システムと連携する
  • ・米国で加熱する人工知能ブーム AIは21世紀最大のゲームチェンジャーか
[Special Interview]

 小川啓之(コマツ社長)

 「“経験知”に勝るものはない」コマツ新社長が語る未来

[NEWS REPORT]

◆SBIが島根銀行への出資の先に見据える「第4メガバンク構想」

◆家電同士がデータを共有 クックパッドが描くキッチンの未来

◆新薬の薬価がたった60万円! 日の丸創薬ベンチャーは意気消沈

◆1で久々の優勝を果たすもホンダの4輪部門は五里霧中

[総力特集]

 人材育成企業21

 SBIホールディングス/サイボウズ/メルカリ/ティーケーピー/シニアライフクリエイト/イセ食品/センチュリオン/タカミヤ/中央建設/アドバンテック/合格の天使/明泉学園/オカフーズ

ページ上部へ戻る